ほぼ全記事ネタバレを含みます

ブラックリスト 6 第20話「ギイェルモ・イゼール」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Blacklist

 

 

スポンサーリンク

Episode20 Guillermo Rizal (No. 128)

【ざっくりあらすじ】
レッドがマクマーンにつけた監視チームが先週撮影した男と、ミネアポリスの施設で起きた少女失踪事件現場で目撃された男が一致した。裏切者のリズを排除できない葛藤を抱えながらも、レッドはマクマーンに繋がる事件解決を優先した。

 

 

 

失踪した子供たち

行方不明児童データベースによると、ミネアポリスで失踪したコリーンそっくりのノーラが37時間前にシアトルで消えていた。チームは少女たちの捜索を始め、レッドはマクマーンに繋がる男を追った。

 

 

DNA検査でコリーンとノーラは一卵性の双子で、ふたりの親であるウォーカー夫妻もミッチェル夫妻も生物学的な親ではないと判明した。2組ともにミネアポリスの『ニュードーン』という病院で体外受精を受けており、すり替えが可能だったのは胚培養士のゴードンだとわかる。訴訟を起こされ困窮していたゴードンは、顔も知らない人物に雇われ、3組の胚をすり替えたと自供した。コリーンとノーラは三つ子だったのだ。リズとレスラーは3人目のグレースの保護に向かうが、グレースは児童保護センターを名乗った男に連れ去られた後だった。

 

 

調べると、1年半の間に別々の親から生まれた双子や三つ子たちが各地で失踪していた。コリーンたち三つ子を調べたアラムは人体実験の可能性に気が付いた。三つ子は1つの受精卵を3分割したのち、対照実験ができるよう遺伝子特性に手が加えられていたのだ。

 

 

 

人体実験

マクマーンと接触した男を捜していたレッドから『誘拐の首謀者はギイェルモ・イーゼル』と、知らせが入る。男がクリステンセン議員の仕事をしていると突き止めたレッドは、レストランで打合せ中のクリステンセンを脅し、男は『ミスター・コットン』と呼ばれるフランシス・コットンで、連絡方法はポスト紙の求人欄のみだと聞き出した。クリステンセンのように2か月も待てないレッドはクリステンセンが妻のためにコットンに捜させている美術品を利用し、コットンを捕らえることに成功した。

 

 

コットンに子供たちを誘拐させていたイーゼルは、遺伝子マッピングを発明したDNAの権威だった。令状持参で現れたFBIのリズとレスラーを追い返せない警備はふたりを通すが、すぐに警報を発した。監禁された子供たちの救出をリズに任せたレスラーは、イーゼルを追った。銃撃になり、イーゼルが連れて逃げようとしたコリーンが撃たれた。

 

 

逮捕されたイーゼルは、今後予想される地球温暖化に順応する人類を作ろうとしていたと明かした。人体実験をしていたイーゼルに罪の意識はなく、ただ実験の成功例としてのコリーンの無事を確認した。

 

 

その後、手術を終えたコリーンも他の子も、親のもとへ戻された。DNAなど関係なく、子供たちを心配する親たちの愛情に変わりはなかった。

 

 

 

マクマーン

レッドに脅されたクリステンセンから抗議されたマクマーンは、コットンが“文書”の在りかをレディントンに話したと確信した。マクマーンは仲間であるシークレットサービスのサンドキストに「レッドより先に文書を見つけて」と命じた。“文書”を持っているのは、殺される直前モローとすれ違った子供だった。

 

 

 

リズの決心

レッドの正体はカタリーナとともに結社に入った幼馴染のイリヤ・コズロフだと、リズから教えられたレスラーは「本当にそれが真実なのか?」と疑問を抱く。2週間ほど前、レスラーがロシアの男たちにカタリーナの件で接触されたと知ったリズは「私たちも彼の秘密を守らないと」と念押しした。真実を知る権利があるのは自分だけだと考えるリズは、偽物だとバレれば再び免責が無効になるレッドを守るため、クーパーたちにも真実を隠すつもりだ。

 

 

リズの呼び出しに応じたレッドは「マクマーンがコットンを雇った理由は“文書”を捜すためだ」と、そっけなく教えた。会話を避けるレッドに、リズは血のつながりがなくても親子だと話しかけた。何者かわからなかったレッドへの恐怖心が消えたリズは、スコティに預けたアグネスを連れ帰ると決めていた。自分と同じように困難な人生が待っている娘のために、リズはレッドがしてくれたように娘にも備えさせようと決意した。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4

どうしてるんだかと、気になってたアグネス登場。よかった~。しかし、アグネスを預かってたスコティは複雑でしょうね~。息子のトムを育てることができなかったスコティなので、トムの忘れ形見であるアグネスをどんな思いで育てていたのかと思うと・・・。

 

ところで、リズはその後のカタリーナについて触れてませんよね~。私は気になってるんだけど、レスラーはどうだろう?「本当に真実か?」と疑問を持ったレスラーは調査を続けるでしょうか。長年レディントンを追っていたレスラーには納得できない部分があるような気がします。

 

そういえば、リズはジェニファーにもレッドの正体を知らせないんですよね?ジェニファーにも事実を知る権利はあると思うケド、レッドを守るためには秘密にしないと・・・なんですよね~。

 

今回のツボは、ブリムリーの仕事が家業だったという事実。家族で動物たちを愛情深く世話する姿を想像しております。ベッツィとか・・・。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました