『モダン・ラブ』あらすじ感想はこちら

グッド・ドクター~名医の条件~2 第12話「命の洗濯」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Good Doctor

 

スポンサーリンク

Episode12 QAftermath

【ざっくりあらすじ】
隔離騒ぎの翌日、ショーンたち研修医はそれぞれの休日を過ごした。一方、片づけに追われる病院には市民の信頼を早く取り戻したい知事の指示で公衆衛生局の調査が入った。

 

 

 

ショーンの休日

ショーンは手術を受けたグラスマンを見舞った。主治医のブレイズが決めた退院予定を無視したグラスマンは勝手に退院してしまう。化学療法を受けるよう説得しているショーンにリアから電話が入る。社員食堂でのランチにショーンを誘ったリアはグラスマンも一緒にと言うが、グラスマンは断った。困った様子のショーンを見たグラスマンは、リアとのランチに付き合うことにした。

 

 

ショーンにグラスマンを説得してと頼まれたリアは息抜きを提案した。リアの勤務先にあるレース用電気自動車の試運転コースへ案内されたショーンは「これはまずい考えだ」と止めるが、グラスマンはリアとのカーレースを楽しんだ。リアのおかげで楽しむことを思い出したグラスマンは、積極的な治療を決断した。「君も、もっと楽しめ」と背中を押されたショーンは、リアに合わせてみることにした。しかし、普段は飲まないビールを飲んでみると言うショーンを残し、リアは“ジェイク”と出かけてしまった。

 

 

 

クレアとモーガン

強引にモーガンからブランチに誘われたクレアは昨日タイラーの死に立ち会ったモーガンを気遣うが、モーガンは反発した。モーガンに“聖女”と揶揄され、怒ったクレアに母ブリーズから「部屋を追い出される」と電話が入る。母の部屋へ行くと席を立ったクレアに、「一緒に行く」と声をかけたモーガンはタイラーの死に動揺してると本音を漏らした。

 

 

家賃を支払ってるクレアに追及されたブリーズは、部屋を出る理由は家賃の滞納ではなく恋人のDVだと打ち明けた。以前ストーカー被害に遭ったことのあるモーガンはDVを見過ごせない。ストーカーの恐怖から銃を携帯しているモーガンは「暴力を続ければ痛い目に遭うと伝えるの」と訴え、クレアを動かした。しかし、DV男と非難されたブリーズの恋人カーネルは驚いた様子で「ブリーズにプロポーズした」と説明した。結婚を恐れるブリーズは逃げ出そうとしていたのだ。

 

 

「ゆっくり進めたいって言えばいい」とクレアに諭されたブリーズは、カーネルと向き合った。モーガンのおかげで母の本音を知れたクレアは、もし誰かに話を聞いて欲しくなったら言ってとモーガンを気遣った。「ありがとう」と素直に返事したモーガンは、今度ママに会わせると約束した。

 

 

 

パクの家族

パクは、隔離騒ぎで駆けつけた元妻ミアを引き留め、ケランと家族3人で過ごさないかと誘った。夜の飛行機に変えたミアはパクがケランのために考えた休日を過ごし、ふたりは互いに真剣につきあう相手はいないと報告しあった。

 

 

パクに復縁を提案されたミアは愛してると言いながらも、それぞれの道を行くのが最善だと思うと返事した。警察を辞め医者になると知らされたのがメディカルスクール入学後だったミアは、自分は夫の人生の部外者だと感じていた。しかし、名残惜しそうなパクに見送られたミアは思い直した。空港へ向かった車を引き返したミアは焦らず慎重に試してみようと提案し、パクも賛成した。ハグではなくキスで別れた両親を、ケランが嬉しそうに見守っている。

 

 

 

リムとメレンデス

入院中のリムを気遣ったメレンデスは、リムに“競争心の塊”のように言われてしまう。不用意な言葉でメレンデスを傷つけたリムは、離婚してから臆病になってたと打ち明けた。リムは「あなたに特別な感情を持ってた」と本音を明かし、それはメレンデスも同じだった。互いの気持ちを確認したふたりは、秘密裏に付き合うことにした。

 

 

 

公衆衛生局の調査

公衆衛生局のカーメンに院長と外科部長を兼任している点を疑問視されたアンドリュースは、理事のアオキに兼任の利点を強調するが、アオキは最初からアンドリュースの兼任に反対だった。

 

 

自身の兼任問題に気を取られていたアンドリュースに、カーメンは3人の医師の免許停止を医事委員会に勧告すると報告した。調査の結果、カーメンは、隔離区域から出ようとしたボブの同意なしに鎮静剤を注射したリム、蘇生拒否のクリスを蘇生したメレンデス、動けなくなったショーンの行動を問題だと判断したのだ。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.0

ショーン以外の研修医たちのプライベートな部分を知ることができた、スペシャルと言ってもいいようなエピソードでした。クリスマスシーズンのはずなんだけど、それっぽくなかったです。

 

クレアを頼ったモーガンはかなり重症なのだと思います。クレアのママのドタバタはモーガンにとって立ち直るきっかけになったのかも。今後クレアとモーガンの間に友情が芽生えるかどうか、興味深いです。

 

結果的に最も良い休暇になったのは、パクですよね。心を開こうとする気持ちがミアに届いてよかったです。パクはトレーニング風景の見せ場もありました。パクを演じてるウィル・ユン・リー(Will Yun Lee)さんは『Hawaii Five-0』のサン・ミン役の印象が強かったんですが、ロン毛のサン・ミンのイメージは消え去りました。

 

さて、次回は病院長兼外科部長としてのアンドリュースに期待したいです。アンドリュースは部下を守れるでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました