『Major Crimes~重大犯罪課』あらすじ感想はこちら

グッド・ドクター~名医の条件~1 第6話「決断と結果」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

 

スポンサーリンク

Episode6 Not Fake

【ざっくりあらすじ】
結婚式場へ向かっていたバスが事故を起こし、20名以上のけが人が深夜のERへ搬送された。夜勤中のショーンたち研修医も、担当のリム医師の指示でそれぞれ重傷患者の治療を任された。

 

 

 

 

ショーン

ショーンは大腿動脈を切断した花婿のマルコを担当した。早く出血を止めなければ失血死する状況でもショーンは自分のペースを崩さず、別の患者を治療しているメレンデスは遠くからショーンを見守るしかできない。じっくり考えたショーンは説明なしに必要な器具を揃えさせ、自家製の「大動脈遮断バルーン」で出血を止めた。

 

 

マルコは大腿骨を紛糾骨折しており、CTとMRIを確認したメレンデスは切断するしかないと診断した。同じく切断しかないとショーンも考えたが、クレアが思いついた3Dプリンタで作ったチタン製の大腿骨を使う方法をメレンデスに提案した。これまで大腿骨のような体重を支える大きな骨を人工骨に置き換えた例はなかったが、リスクを含めメレンデスはマルコの家族に選択肢を示した。

 

 

リスクを避ける両親は切断を希望し、花嫁のソニアは「マルコは手術を望むはず」と手術を希望した。マルコとソニアが式を挙げる前だと確認したメレンデスは両親の意見を尊重したが、ジェシカの判断で決断は法に委ねられた。

 

 

マルコの病室で判事の聞き取りが始まり、“マルコの望みがわかる”と主張する両親とソニアは互いにマルコの秘密を暴露してしまう。その結果、両親はマルコの依存症を知り、ソニアはマルコが浮気をしたことを知った。チタンの骨の発案者として判事に呼ばれたショーンは、マルコの足の血流が途絶えたことに気付いた。決断を迫られた判事は「大人としての彼を知るのはソニア」と判断し、骨の交換を命じた。

 

 

骨の置き換え手術は成功し、意識の戻ったマルコは命と脚を救ってくれたことに感謝した。

 

 

 

クレア

“チタンの骨”はショーンの案だと疑わないメレンデスに、クレアは「私の案です」と主張するが信じてもらえない。首にオブジェが刺さった女性患者にひるんだ際も、「ショーンを見習え」と注意されてしまった。

 

 

意識が戻った女性患者に妻の無事を尋ねられたクレアは、女性の妻ジェナを捜した。「ジェナは事故現場にいる」と判断したクレアは救急隊員と現場へ向かい、道から離れた場所に投げ出されたジェナを発見した。

 

 

その場でジェナに挿管したクレアは、ドリルを使い脳圧を下げる処置を行った。病院へ搬送したジェナの手術は問題なく終わったが、ジェナは脳死の状態だった。

 

 

難しい判断と処置で患者を救ったつもりだったクレアは、基本的な挿管後のチェックを怠っていた。病院到着時から低酸素状態だったと教えられたクレアはショックを受けた。グラスマンは今でも悔やんでいる苦い経験をクレアに教え、「次はうまくやれると信じるしかない」と励ました。

 

 

 

ジャレッド

ジャレッドは重度の熱傷患者のセレズを担当した。熱傷治療用の無菌室で激痛に苦しむセレズを直視できないジャレッドは、励ますことも慰めることもできなかった。

 

 

セレズに絶望されたジャレッドは治療法を探し、ティラピアという魚の皮を利用した実験的な熱傷治療を行っているサンディエゴの病院を見つけた。データを渡す代わりに治験用のティラピアの皮を手配したジャレッドは、実現までに何か月もかかる治験をアンドリュースに認めさせた。

 

 

独創的な発想でセレズに希望を与えたジャレッドは、治験に参加するため自腹でサンディエゴの病院へ寄付をしていた。そのことを知ったアンドリュースは、実家が裕福だとしても「患者のために毎回財布を開くなよ」と諭した。

 

スポンサーリンク

 

“愛”について

婚約中のメレンデスとジェシカを囲み、病院のスタッフたちは“愛”について楽しそうに話している。唐突に『ジェシカと結婚する理由』をショーンに質問されたメレンデスは、「愛してるからだ」とシンプルに答えた。

 

 

“愛”は必要ないと断言するショーンに、グラスマンは「本当に必要ないのか?」と尋ねた。愛していたスティーヴとウサギを亡くしたショーンは、ふたりへの“愛”も失ったと感じているのだ。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

大勢の患者が搬送される深夜のERで、ショーン、クレア、ジャレッドがそれぞれ重症の患者を担当するエピソードでした。

 

クレアはミスを犯し、ジャレッドは自分にできる方法で患者を助け、ショーンはいつも通りマイペース。三者三様の夜でした。メレンデスにショーンと比べられたうえ、ミスをしたクレアは踏ん張らなきゃ!ですね。

 

メレンデスは、最初のころのようにショーンを否定するのではなく、ショーンへの指導法を模索し始めてるような気がします。回を追うごとにショーンとメレンデスがかみ合ってきてるのも、楽しみな部分です。

 

今回はショーンが“愛”について考えてました。
「愛は必要ない」と言うショーンの言葉には、もう愛する人を失いたくないという思いや、スティーヴやウサギの代わりは必要ないという思いを感じます。ショーンなので淡々としているけど、それはとても悲しいことです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました