『ニュー・アムステルダム』あらすじ感想始めました

グッド・ドクター~名医の条件~1 第10話「勇気と犠牲」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

 

スポンサーリンク

Episode10 Sacrifice

【ざっくりあらすじ】
eスポーツのトップ選手ボビー・アトウのじん帯再建手術にショーンたち研修医も参加できることになった。くじ引きの結果、権利を得たのはショーンとジャレッドで、外れたクレアはコイル医師の下で両脚の筋膜切開が必要な患者を診ることになった。

 

 

 

 

VIPの患者

ボビーの手術はアンドリュースとメレンデスのふたりが執刀した。手術中、アンドリュースにゴマをすったジャレッドは再建手術の一部を任された。一方、手術前「必要なのは戦略だ」とボビーにアドバイスされていたショーンはメレンデスの髪を褒めてみるが、担当したのは移植する腱を綺麗にすることだけだった。

 

 

手術は成功したが、ボビーにはっぱをかけられたショーンは「MRIをすべき」と提案した。必要ないと却下したメレンデスにMRIを認めさせたのは、プロのスポーツ選手には慎重を期すべきだというジャレッドの意見だった。

 

 

MRIの結果、上腕に悪性の神経鞘腫が見つかり、ボビーは3年前にガンを患っていたことがわかった。ショーンはボビーの全身スキャンを提案し、今度はメレンデスも許可した。結果、脳幹にも鞘腫が見つかった。画像を見たグラスマンは“犠牲”を払うなら手術は可能だとボビーに説明した。“犠牲”とは左半身不随になることだ。飲食だけでなく会話も大変になると説明されたボビーは、迷うことなく手術を決めた。

 

 

途中危険な状態に陥ったが手術は成功し、目覚めたボビーは予想より良い状態だった。「辛抱しないと」と声をかけたショーンに、ボビーは「自分に何ができるかを他人に決めさせちゃダメだ」と話した。

 

 

 

セクハラの現場

クレアが担当する患者は、エクササイズのやりすぎでコンパートメント症候群になった34歳の女性ヘイゼルだ。指導医のコイルは、クレアを「優秀」と褒め、治療方針もクレアに決めさせ、メレンデスとは違うタイプの医師だった。

 

 

コイルに背中を触られたクレアは不快感を覚えた。クレアはジャレッドに担当を代わってほしいと頼んでみるが、ジャレッドは「ただ仲良くしたいだけだろう」と受け流した。ボビーが気に入っているショーンも担当を代わるとは言ってくれず、クレアはコイルに不信感を抱きながらヘイゼルの担当を続けた。

 

 

ふたりになるとコイルは当然のようにクレアを誘い、クレアは毅然とした態度でコイルを拒絶した。態度を一変させたコイルは「次は誘われたぐらいで大げさに騒ぐな」と脅し、ヘイゼルの病室を出ていった。

 

 

コイルのセクハラを聞いたジャレッドは「闘うべきだ」と勧めるが、クレアは自分が弱い立場であると理解していた。なかったことにしようと決めたクレアを動かしたのは、その場に居た患者のヘイゼルだった。挿管されていたヘイゼルは喋ることはできなかったが意識はあり、コイルとクレアのやりとりを聞いていたのだ。

 

 

コイルのセクハラを報告するためアンドリュースのオフィスを訪ねたクレアは、ジャレッドがコイルに抗議したと知らされた。コイルを許せないジャレッドは「今度クレアを脅したら、これだけじゃ済まない」と警告し、コイルはそれを暴力行為として報告したのだ。クレアは軽はずみなジャレッドに怒るが、そのことでジャレッドはクビにされていた。

 

スポンサーリンク

 

ショーンとグラスマンの葛藤

グラスマンは、認知心理学の専門家メリッサ・ボーン博士をショーンに紹介した。グラスマンは、メリッサがショーンの生活を助けてくれると信じている。

 

 

メリッサが待つ自宅へ帰りたくないショーンは、病院の掃除用具室で寝泊まりを始めた。メリッサが力になることをショーンに教えたいグラスマンは「メリッサと3回会えば、欲しがっていたテレビのサラウンドシステムを買ってやる」と持ち掛けた。いったんは「今夜メリッサと会う」と話したショーンだが、やはりその日も自宅に戻らなかった。

 

 

業を煮やしたグラスマンは強引にショーンを自宅まで送ろうとする。激しく抵抗したショーンは病院内で大声を出し、グラスマンを殴ってしまった。

 

 

グラスマンはメリッサとショーンの部屋へ向かうが、ショーンはスティーヴの写真とともに消えていた。

 

 

 

メレンデスとジェシカ

苦手なジェシカの父とディナーの席。メレンデスは、うっかりジェシカの父を批判してしまった。親の遺産で生きることを当然だと考えるジェシカの父は、娘の仕事を時間の無駄だと否定した。メレンデスは「社会貢献するより、財産に寄生して生きろと?」と思わず本音をもらし、ジェシカの父は席を立ってしまった。

 

 

「飲みすぎたかもしれない」と謝ったメレンデスに、ジェシカは子供は欲しくないと打ち明けた。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

え~!
ショーンが消え、ジャレッドはクビ、クレアにはセクハラ問題。
なんだか慌ただし~。

上司のメレンデスやアンドリュースは、どう対処するのでしょうか。

 

かなり強引な様子のグラスマンに、ショーンには話せないグラスマンの事情があるのかなと深読みし、心配な気持ちになっております。グラスマン先生、病気とかじゃないですよね~。

 

ジェシカはすんごいお嬢様だったんですね~。どことなく悩みを抱えているようなジェシカの問題は家族にあるんでしょうか。ジェシカにとってもグラスマンは親代わりのような存在なのかな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました