『ニュー・アムステルダム』あらすじ感想始めました

グッド・ドクター~名医の条件~1 第11話「思い出の作り方」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

 

スポンサーリンク

Episode11 Islands: Part One

【ざっくりあらすじ】
姿を消したショーンが向かった先は、お隣のリアの部屋だった。リアの部屋を訪ねたグラスマンは不作法に部屋の中を探し回ったが、簡易ベッドの奥に隠れていたショーンを見つけることはできなかった。

 

 

 

 

人生の楽しみ方

どうしてもセラピストに会いたくないショーンは「僕はキャスパーに帰るべきだ」と言い出した。リアは「いまは大事な決断をすべきじゃない」と諭し、ショーンをドライブ旅行に連れ出した。グラスマンに「外科医を目指すショーンに2度目のチャンスはない」と聞かされているリアは、病欠しろとショーンに電話を手渡した。「わかった」と返事をしたショーンだが、嘘の電話はできなかった。

 

 

リアはいつも乗っている車ではなく、去年亡くなった祖父から受け継いだ宝物の車をショーンとの旅行の相棒に選んだ。リアは、まず“音楽”の楽しさをショーンに教えた。人生で起きた重要なことはその時に聞いていた音楽で覚えていると話すリアに、同じように思い出とにおいが繋がるショーンは「僕はにおいで覚えている」と話した。リアとのドライブは「松の木のにおい」だ。ショーンの思い出を聞いたリアは、ショーンの悲しい生い立ちを知り、グラスマンはショーンにとって大切な存在だと知った。

 

 

リアはショーンに運転を教え、テキーラを教え、カラオケを教えた。すっかり楽しんだ一日の終わりに、リアはデートの正しい終わらせ方を教えた。キスをしてと目を閉じたリアに、ショーンはそっと初めてのキスをした。「もう1回したい?」と微笑むリアをその場に残し、テキーラを飲みすぎたショーンはトイレへ直行してしまった。

 

 

翌日。「グラスマン先生と話す気になった」と報告したショーンに、リアは会社を辞める決心がついたと話した。この旅行は、ショーンだけでなくリアにとっても必要な時間だったのだ。ずっとやりたかった古い車の再生の仕事を始めるというリアは、兄が祖父から受け継いだ作業場のあるペンシルベニアへ引っ越すとショーンに教えた。ショックを受けたショーンは何も言えず、その場から逃げ出してしまった。

 

 

ひとりモーテルを出発したショーンは、リアがショーンとの旅行に選んだ『14 Faces』の曲を聞いていた。

 

 

 

ジェニーとケイティ

アンドリュースとコー医師が6か月後に分離手術を予定している結合双生児のジェニーとケイティの腎移植手術をメレンデスが行った。手術は成功したが、突然ジェニーが心不全を起こした。ジェニーを助けるためには心臓移植か分離手術を行うしかない。リスクを承知でジェニーは分離手術を希望し、ケイティも賛成した。

 

 

ジェニーが寝ていることを確認したケイティは「分離手術はしたくない」とクレアに打ち明けた。ケイティが分離手術をためらう理由は、リスクのせいではなく変わることへの不安からだった。クレアは、どんな場合でも新しいことへ踏み出すときは不安を感じると自分の経験を例に話した。「手術で自由を手に入れて、自分らしくそれぞれの道を生きて」というクレアの説得に応じ、ケイティは手術を決意した。

 

 

アンドリュースやメレンデス、ふたりの分離手術を可能にしたコー医師、そしてクレアも加わり、ジェニーとケイティは手術を受けた。手術後、初めて別々のベッドに寝ているふたりを心配そうに母親が見守っている。

 

スポンサーリンク

 

無断欠勤の波紋

ショーンが無断欠勤にならないように、グラスマンは「家族の事情で数日休む」とメレンデスに知らせた。本来なら指導医のメレンデスの許可が必要だが、グラスマンは「私に言えばいいと思ったらしい」とごまかした。

 

 

しかし、アンドリュースにごまかしは通じない。「彼が期待に応えなかったときは即刻解雇し、自分も院長の座を退く」というショーン採用時のグラスマンの言葉を持ち出したアンドリュースは、ショーンは自力でやるしかないと厳しい現実をグラスマンに突きつけた。

 

 

 

セクハラのその後

ジャレッドを復職させるため、クレアはセクハラをしたコイルを動かす方法を考えた。ジャレッドのクビを撤回するようアンドリュースに話さなければ、ほかのセクハラ被害者を捜し全員で訴えるというクレアの条件を聞いたコイルは「脅すのか」と身構えたが、クレアは冷静に「提案」だと訂正した。

 

 

コイルはクレアの“提案”に従い、アンドリュースにジャレッドの復職を望むと話した。しかし、暴力行為は認めないというアンドリュースの考えを変えることはできなかった。アンドリュースは「ほかの病院に行くのなら推薦状を書く」とジャレッドに知らせた。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

いろんな“初めて”を体験したショーンは、本当に楽しそうでした。人生が回り始めた・・・そんな瞬間を体験してるみたいでした。

しかし、最後にリアが引っ越すことを聞かされるとは・・・。ほろ苦い旅になってしまいました。

リアも悩んでいたんでしょうね~。で、この旅行で決断できたからこそショーンに知らせたんでしょうね~。ショーンはどう受け止め、どう乗り越えるのかな。辛いな~。

 

ジャレッドの復職は難しそうですね。
アンドリュースはコイルがセクハラしていることは知らないのかな~?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました