ほぼ全記事ネタバレを含みます

パーソン・オブ・インタレスト 5 第12話「実行」| あらすじ感想

この記事は約6分で読めます。

 

 

スポンサーリンク

Episode12 .exe

【ざっくりあらすじ】
フィンチを捜すリースとショウにマシンは次の対象者を知らせた。

 

 

 

グリアの偽名

マシンが知らせた番号は、グリアの偽名フィリップ・ヘイズだった。リースはフィンチがグリアを狙っていると予想し、ヘイズの肩書『政府間行政局』があるDCへ向かった。しかし、政府間行政局はあるはずの場所に存在せず、そこにあった形跡もなかった。

 

 

手がかりのないリースとショウにマシンが緯度と経度を知らせ、ふたりをフォート・ミードへ向かわせた。

 

 

 

フィンチのためらい

サマリタンを倒す唯一の方法『アイス・ナインのウイルス』は、同時にマシンも殺す武器だ。マシンは、躊躇しているフィンチに自分が存在しなかった世界を見せることにした。

 

 

フィンチはグレースと知り合うこともなく、イングラムとの仕事だけの孤独な人生を送っている。リースは恋人だったジェシカを夫のDVから救うことはできたが、リースの闇に気づいたジェシカに拒絶され、その数か月後身元不明の遺体で見つかった。ショウは感情を持たず、サマリタンのもとで暗殺者となっている。ファスコは汚職警官のままカーターに逮捕され、警察をクビになっていた。救いは、イングラムとカーターが生きていることだけだった。

 

 

 

敵の陣営

フィンチはNATOのベルトラン氏の身分を借りて、NSA(アメリカ国家安全保障局)に潜入した。

 

 

マシンの協力でセキュリティを通過したが、通信不可の建物内でマシンが協力できるのはそこまでだ。ひとりになったフィンチは、自力で網膜スキャンを突破し目的の部屋へ侵入した。サーバーに“アイス・ナイン”をアップロードし、あとは実行に必要な音声パスワードを声にするだけだ。しかし、マシンへの謝罪の気持ちを噛みしめていたフィンチは、ウイルスを実行する前にサマリタンの手下に捕らえられてしまった。

 

 

フィンチを捕らえたグリアは最後の協力を求めるが、フィンチは応じない。フィンチがマシンにウイルス実行のパスワードを教えてないと確信したサマリタンは、グリアとともにフィンチを消す決断をした。

 

 

一方、リースとショウはマシンの知らせた座標のNSAのリサイクル施設から建物へ侵入していた。マシンの誘導でたどり着いた部屋にはNSAを告発した“エドワード・スノーデン”のモデムがあった。リースはそのモデムを使いマシンを建物内に導いた。

 

 

サマリタンはグリアとフィンチを窒息死させるため、消火システムを作動した。グリアが倒れ、フィンチの命も危なくなった時、マシンがフィンチに部屋の扉を開ける暗証番号を知らせた。リースが繋いだモデムでマシンはフィンチ救出に間に合ったのだ。リースとショウと合流したフィンチはふたりに逃げるよう指示し、自分はサーバールームへ急いだ。

 

 

 

決断

ウイルスの起動にためらいを残すフィンチに、マシンは最後の“マシンの存在しなかった世界”を見せた。そこにはグリアとともにサマリタンを崇拝するルートがいた。結局マシンが存在しない世界は、サマリタンが支配した世界になるのだ。

 

 

やっと決意したフィンチは、二度と傷つけないと約束したマシンに謝った。マシンは全てを受け入れ、フィンチを励ました。

 

 

サマリタンと対峙したフィンチは「君の支配下では人間の存続が危うい」と言い、サマリタンの説得に耳をかさなかった。マシンの目的はただひとつ「人間を守り救うこと」と告げ、ウイルスを起動させるパスワード“Dashwood(追記参照)”を声にした。

 

スポンサーリンク

 

狙われたファスコ

前にファスコが見つけ、そのままになっていたトンネル内の死体の山が発見された。ファスコは以前も聴取されたFBIのルルーに、今回の死体の件で事情を聴かれることになった。

 

 

ルルーは以前からファスコがこの事件を知っていたのではないかと疑うが、ファスコは知らないととぼけ、ルルーの質問をかわした。

 

 

ファスコがリースたちに連絡していると、ルルーがファスコを襲い連れ去った。ルルーはサマリタンの手下だったのだ。ルルーはファスコを他の失踪者と同じように殺すつもりだった。失踪者を殺した銃でファスコを撃ったルルーは、ファスコが防弾ベストを着ていることを見逃していた。油断したルルーをファスコが倒し、銃を奪った。ルルーに銃口を向けるファスコは、引き金を引くべきか自問した。

 

 

 

おちゃのま感想

命をかけてまでサマリタンの世界を重要視するグリアが退場です。

グリアが死ぬメリットはあるのかな~と感じたのですが、フィンチ対グリアの決着としてはベストな方法だったんだろうと思います。
いくら銃を向けられても、フィンチ自身がグリアを殺すとは思えないので。

でも、グリアという人物を考えると、やはり意味もなく死を選ぶとは思えないです。おそらく第2、第3のグリアがすでに活動しているのかも知れません。あと1話でグリア亡き後のサマリタン側のゴタゴタを描くとは思えないので、想像するだけで終りそうなんだけど。 (これ↑あらすじ部分も訂正したけど、グリアはサマリタンに殺されたんですよね。抵抗なく死を受け入れた・・・ってことですね)

マシンがルートの声を得たことで、フィンチひとりのシーンなのにルートが存在しているようでした。マシンに声を持たせたのは、ちょっと取って付けたような印象だったけど、やはりルートの声を使うのは効果バツグンですね~。フィンチのマシンへの思いも伝わりやすいし、マシンに対してもルート同様の愛着を感じてしまいます。

さて、次回はついに最終話です!
サマリタン、マシンともに全く使い物にならなくなるんでしょうか。
“死ぬ”という表現だったので、存在すらしなくなると想像しているのですが・・・そこまで消せるものなのかな?

サマリタン側はかなり大きな組織になっていると思うのだけど、支配下にある工作員たちはどうなるんでしょう。闇の実態を知る上層部だけでなく、一般市民の協力者とか・・・もろもろ。

そして今回は別行動だったファスコは・・・?
わたしは、ただ全員が生き残る事を祈るのみです。
心穏やかな結末でありますように・・・(祈)

※吹替版で見直して、少し手直ししました。

※追記:『Dashwood』は、フィンチがグレースに結婚指輪を中に仕込んでプロポーズに使った本、ジェーン・オースティン(Jane Austen)著『分別と多感』のダッシュウッド家からとったものと想像します。シーズン2第21話「カウンター・ゼロ」参照。

2+

コメント

テキストのコピーはできません。