『レジデントエイリアン』あらすじ感想はじめました

12月のつれづれ 2020

こんにちは、おちゃのまのねこ管理人のaboです

 

このページは、ドラマに限らず、趣味であるテニス観戦や日々のことなどわたしのひとりごとを綴っています。気を付けておりますが、ネタバレを含むこともありますのでご了承の上お読みください(*- -)

 

 

 

Week5

 

30 Wed

こんまり熱いずこ

ネトフリで配信中の『こんまり』を見た時に、“できるかも”と思ったのは錯覚だったみたい。どうやらわたしは片づけと掃除を同時にはできないらしい。こんまりメソッドのように“モノ別”に片づけたいと思っても、部屋が狭くてムリ~なので、スペースを確保しつつの場所ごとになったのがまずかったのだろうか。人生がときめく境地には至れなかったけど、来年こそは! ( ̄ε ̄〃)

 

29 Tue

ATPツアー2021

3月下旬のマイアミまでのツアースケジュールが発表された。2月の全豪の後は、一部キャンセル&未定の大会があるだけで、ほぼ通常の日程になるみたい。選手のみなさんはモチベーションにもなると思うし、ファンも一安心。今年は大会の運営方法も手探り状態だったと思うけど、バブルを作るなどの感染対策が浸透したのかな?すでにワクワク状態で開幕を待ってるのだけど、デルレイにエントリーしてた錦織選手は早くもWD。年齢的にも動向が気になるマウさんは初戦はエントリーなし。1月下旬のメルボルンあたりから参戦してくれるといいなぁ…。

 

28 Mon

クィーンズ・ギャンビット

少し前に見終わったネトフリのリミテッドシリーズ『クィーンズ・ギャンビット』。話題というだけであって、各エピソード見ごたえある作品だった。主人公ベスを演じたアニャ・テイラー=ジョイの目力に惹きつけられ、無表情の裏にある素顔に魅せられた。きっとベス周辺の登場人物たちも、同じ気持ちでベスを支えたくなるんだなと納得。全7話。まるで小説を読んでいるような、想像の翼を広げ、楽しめた。ただ、チェスを全く知らないというのが残念。

 

Week4

 

27 Sun

感動の週末

全日本フィギュア終了。こんな状況なので、練習不足は当たり前と思ってたら、とんでもない。すごかったわ~。進化を感じさせる選手が多く、驚きと感動で興奮の週末だった。世界選手権代表も発表されたのだけど、開催されるかな?オリンピックの出場枠がかかる重要な大会だし、2年連続中止は避けたいだろうし、時期をずらしてでも開催してくれるといいな。選手のためにも、ファンのためにも!

 

25 Fri

全日本フィギュア

今夜は全日本フィギュアを見て、幸せな時間を過ごす。男子ショート、女子ショートと続き長丁場。この舞台へ戻ってきた復帰組や、ここをラストに決めている引退組もいれば、優勝や世界選手権出場を狙うトップ選手たちもいて、それぞれの思いが伝わる演技ばかりで、いちいち感動してしまった。難しい状況での大会になったけど、良い面を見れば、滑れる喜びがのびやかな演技につながってる気がする。明日もガッツリ見る予定なので、ブログの記事が書けませんな…(; ̄ー ̄A

 

21 Mon

プロム

先週末はNetflixのミュージカル映画『プロム』を楽しんだ。ライアン・マーフィー監督(制作も)でメリル・ストリープやニコール・キッドマンなど豪華俳優陣を揃え、ミュージカルらしさを前面に出した作品。ブロードウェイのベテラン女優を演じる大御所メリル・ストリープが年齢を感じさせない身のこなしを披露する一方で、カミングアウトしたことで理不尽な目に遭う主人公エマがとにかくかわいくて素敵だった。エマ役のジョー・エレン・ペルマンはこの役が初の大役のようだけど、大女優と並んでいてもキラキラする存在感があり、素朴な歌声そのままの純粋なエマの人柄が伝わってきた。まったくの余談だけど、校長先生を演じてるキーガン=マイケル・キーが渡辺謙に見えて仕方なかった…(-_-;)

 

Week3

 

18 Fri

二人三脚

錦織選手の結婚が発表されました。新たな気持ちになると同時に、落ち着いた環境になると思うので、テニスに集中して納得の結果を出してほしいな~と、よけいなお世話なことを願ってます。そして、文字通り奥様との“二人三脚”といったチームでこのところツアーをまわってる杉田選手は、先日、セルビアへ拠点を移しました。テニスへの情熱が伝わる決断で、ホント、頑張ってほしい!場所は昨年引退したティプサレビッチのところ。ちなみにティプの引退試合の相手はおすぎだった。良い刺激をもらって、活躍してほしい。

 

17 Thu

ATPツアー

来年1~2月までのツアースケジュールが(やっと!)発表された。調整がかなり難しかったんだと想像できる内容で、250のデルレイとアンタルヤから始まり、全豪は噂されてたように2月に移動して、8日から。デルレイは多くの選手がエントリーしそうな予感。一方、アンタルヤは寒くないのか心配。アウトドアだよ~。そして最大の驚きが全豪予選のドーハ開催。苦肉の策なんだろうけど、予選からの選手は大変だ~。キャンセルされると思ってたATPカップは全豪前に開催決定。通常2月初旬はデビスカップがあるので、そちらは3月以降にずれ込むってことだよね~。あれこれツッコミどころ満載なスケジュールのような気もするけど、安全に、無事に、開催できますように(祈)

 

15 Tue

レコニング

WOWOWで放送された『レコニング~深淵をのぞく者~』。嫌な予感がしつつ最後まで見て、やはり、、、な気持ち。これは好みではなかった~。ミニシリーズとして作られたらしいので、クリフハンガーで終わったわけじゃないんだよね~。もやっとするラストだったけど。疑問だらけの内容もだけど、登場人物の考えや行動がまったく理解できず、いったい何を描きたかったのか・・・と、悶々とさせられてるわ~。ある意味、衝撃の作品です。

 

14 Mon

トワイライト・ゾーン

スパドラで放送中の『トワイライト・ゾーン』。今夜はTWDでグレンを演じたスティーヴン・ユアンが出演のエピソード。すっかり大人な雰囲気になって、ミステリアスな視線で惑わせながら、物語をぐいぐいと牽引してた。そういえば、TWDでグレンが退場して以来、見てなかったな~と思って調べたら、現在は声優さんのお仕事メインにされてるみたい。TWDのキャラの中でも人気の高いグレンの壮絶なラストはインパクトが強すぎだったので、俳優さんとしても冷却期間が必要なのかも。

 

Week2

 

13 Sun

ARROW

HDDに保存したお宝ドラマと共に消えた『ARROW』シーズン7。そのうちいっき見しようと思ってAXNの放送を録画してたやつ。消えてしまったものは仕方ないと諦めていたのだけど、ネトフリで配信されてた!もう見なくてもいいやくらいな冷めた気持ちだったのに、やはり続きが気になるわ~。で、見始めたところ。詳細忘れてるうえに時系列がごちゃごちゃで、見た目が変わってしまったキャラなど(成長して)もいて、頭の中がこんがらがってるけど、ぼちぼち消化してゆきます。

 

12 Sat

HBO作品

スタチャンEXで配信中のHBO作品が今月末で終了するってことで、もしかしたら来年にはHBOMaxが日本で始まるの?と、ちょっと心がざわついております。そうだとしたら嬉しいけど、HBO頼みのようなスタチャンEXはどうなるの?『HBO最新作がいちはやく楽しめる!』がウリだよね~。サイトには、“一旦休止”って書いてるけど、配信される可能性はあるのかな?HBOなしで月額900円は辛いよ…( ノД`)

 

11 Fri

ハンドメイズテイル

シーズン4開始前に、シーズン5への更新が発表された。主演のエリザベス・モスさんも忙しそうだし、そろそろファイナルかな?なんて想像してたので、これは嬉しいサプライズ。まだまだジューンの物語は続くと思ってよさそうです。まさか、別の“侍女の物語”になったりしないよね?十数年後を描いたという小説の続編はまだ読んでないのだけど、続編のストーリーをからめるのなら、個人的にはスピンオフにしてほしい。やはりエリザベス・モスが圧倒的な存在感で牽引するドラマなので、そこはジューンの物語として完結を希望しております。あれこれ想像しちゃうけど、とにかく早くシーズン4が見たいわ。

 

9 Wed

アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー

重くって、息苦しくって、とても辛い気持ちになりながら視聴中。全6話と短いので、おそらく今週末までには見終わりそうなんだけど、1話ごと悲しい気持ちになってしまって…。物語のメインテーマは主人公ドミニクと妄想型統合失調症の双子の兄トーマスの関係で、過去シーンを織り交ぜながら進んでいくというもの。一人二役のマーク・ラファロの演技はもちろんのこと、過去シーンで若き日のふたりを演じてる俳優さんたちが素晴らしい!ひとりの人間の人生がリアルに伝わってくる。ドミニクとトーマスの関係もだけど、わたしはドミニクと元妻デッサの心情を想像し、悲しい気持ちになっております。この物語に救いはあるのかな?どうかありますように(祈)

 

7 Mon

スタチャンEX

99円キャンペーンで入ったまま契約してるスターチャンネルEX。先日『ペリー・メイスン』を見終わったので、次は何を見ようかな?とチェックしてたら、今月末で配信終了の作品がいっぱい。妙に焦った気持ちになってしまった。そんなわけで、心穏やかな時に見ようと思ってた『アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー』を見始めたのだけど、冒頭からショッキングなのね。わたし動揺しております。

 

Week1

 

6 Sun

マンク

今夜はNetflix新作映画『Mank/マンク』を堪能。2時間越えの長編なのに、次々と展開する演出に引き込まれ、あっというまに見終わった感覚。全編モノクロという点だけでなく、デヴィッド・フィンチャーのこだわりが随所に感じられ、現在のアメリカ政治への皮肉も見逃せない面白さになってた。『市民ケーン』の脚本を執筆するマンクことマンキウィッツの回想を織り交ぜながら描かれる内容なのだけど、マンクを演じるゲイリー・オールドマンの過去と現在の演じ分けが、絶妙!舞台を見ているかのようなシーンのマンクの長台詞も素晴らしくって、場の緊迫感がひしひしと伝わる。『市民ケーン』を知らずとも、楽しめる内容になってるところが、またすごいと思う映画です。

 

5 Sat

WOWOWテニス

今日はWOWOWさんのテニスフェスティバルを楽しく見た。錦織選手を中心に盛り上げ、なんとフェデラーがサプライズでリモート出演。すごいわ!WOWOWさん!(というかユニクロ?)テニスのイベントということだけでも感動ものなのに、日本のトップ選手が出演し、国枝錦織というダブルスや、ミックスも見れて大満足。そのうえ、ロジャー登場よ~。さらにロジャーの背後にはドラちゃんがおる。にんまり笑顔になれて、今夜は良い夢みれそう。WOWOWさん、素敵な企画をありがとう(^◇^)

 

4 Fri

ブラインドスポット

まだかな?そろそろ?と、首を長くして待ってたファイナルシーズンが来月から始まる。キリのいい100話目が最終話で、全11話という短いシーズン。シーズン4のラストから想像すると、11話でいろいろまとめて終われるのかちょっと心配だけど、打ち切りではなくラストを決めてのエンディングなので期待しよっと。わたしのお気に入りキャラ、パターソンとリッチの活躍が楽しみだ~( *´艸`)

 

3 Thu

ハウス・オブ・カード

いまさらケヴィン・スペイシーを見ても・・・という気持ちから手が出なかった『ハウス・オブ・カード』。大統領選で盛り上がったいま見ないと!な気持ちで見始める。想像以上にケヴィン・スペイシーのあくの強い役柄に、なにやらホッとするものを感じてる。これが善良な紳士役だったら、シラケてしまったかもしれないもの。しかし、この強烈なアンダーウッド夫妻を見続けられるかな。先は長い。テニス好きでもあるケヴィン・スペイシーは、選手の陣営席にちゃっかり座ってたりしてたけど、いまとなっては・・・だよね~。一度マウさんの陣営にもいた気がする・・・(-_-)

 

2 Wed

そわそわ

12月になりました。ちょっと気持ちがそわそわしてるのは、来月の全豪オープンの日程がまだ発表されてないから。2月へ延期という報道もあるけど、まだ正式じゃない。来シーズン序盤のスケジュールは全豪が決まってから調整されると思うので、まずはそこが決まらねば。現状、安全な場所は世界中にどこにもないと思うので、統一された厳格なルールが必要だよね~。違反した際のペナルティなどもしっかり決めておく必要がありそう。陽性になってプライベートジェットで逃げた某選手のその後が知りたいよ。ファンとしてはテニスを見たいけど、やはり安全第一でないと楽しめないと思うのよ。

 

 

テキストのコピーはできません。