『レジデントエイリアン』あらすじ感想はじめました

3月のつれづれ 2021

こんにちは、おちゃのまのねこ管理人のaboです

 

このページは、ドラマに限らず、趣味であるテニス観戦や日々のことなどわたしのひとりごとを綴っています。気を付けておりますが、ネタバレを含むこともありますのでご了承の上お読みください(*- -)

 

 

 

Week5

 

31 Wed

プロディガルサン

昨夜放送されたシーズン1の最終話を見終わったところ。予想はできたけど、もどかしいクリフハンガーで続くのね。1話完結の事件捜査も面白く、シーズン通して描かれた“箱の中の女”の件も期待以上のもので、大満足のシーズン1だった。何といっても、主人公マルコムを演じたトム・ペインがよかった。マルコムが抱える苦しみと、善良な人間性を嫌味なく表現してたと思う。ドラマのストーリーは捜査を含め、マルコム中心で進む内容だったので、シーズン2ではダニやJTの見せ場をもっと増やしてほしいな~。それではあらすじ&感想を書き始めます(^^)/

 

29 Mon

追加エピソード

現在、シーズン10の追加エピソードが放送されてる『ウォーキング・デッド』。今夜放送された21話も、前回のプリンセスのエピソードに続き、ホント追加エピソードだった。ある意味、製作費を投じてこのエピソードを作ったことがすごいわ。深遠な何かを描いたのかもしれないけど、キャロルのネズミ退治とダリルのバイク修理がメインだったような・・・。これ、あらすじどうしよう。次週のニーガン編に期待しても大丈夫かなぁ。ファイナルシーズンまでの繋ぎとしての追加エピソードだと思うのだけど、なにやら不安な流れになってない?

 

Week4

 

28 Sun

世界選手権

今週はフィギュアスケートの世界選手権を堪能。開催されてホントよかった。今シーズンはフィギュアの試合自体あまり見れなかったし、オリンピックの枠がかかる大事な大会ということもあり、しっかり見ようと思ってFODに入ったのだけど、寝不足でもう大変。しかも、テニスのマイアミの大会も始まってるし。オリンピック枠に関して言えば、日本チームは大健闘。男女3枠に、ペアとアイスダンスもここで決まったのはすごいことなのです。わたしのMVPは鍵山選手のショート。あの不思議プロを完璧な内容と勢いで滑ったのはすごい。今夜はエキシビションを楽しめた。けど、氷上カメラマンの映像には目が回ったわ。グランドフィナーレでは各国のマスク事情がうかがえたりして、パンデミックならではの大会だった。

 

22 Mon

リンカーン

WOWOWで放送された『リンカーン~殺人鬼ボーン・コレクターを追え!~』を見た。2週にわたり、5話ずつの放送で全10話。主人公リンカーンを『グリム』のハンク役ラッセル・ホーンズビーが演じるということで興味を持ったのだけど、嬉しいことにアダリンド役のクレア・コフィーも出演してた。これは『グリム』ファンにはたまらないサプライズ。主人公のリンカーンはシリアルキラーのボーン・コレクターの罠にはまり四肢がまひした元刑事なので、ラッセル・ホーンズビーはほぼ体を動かさず、表情とセリフでリンカーンのカリスマ性と複雑な内面を表現してた。内容は、1話完結の事件と殺人鬼ボーンコレクターの物語をからめながら進み、クライマックスでボーンコレクターとの対決へ・・・という流れ。微妙なクリフハンガーで終わったけど、ちゃんとオチがついてるので、まずまず満足。

 

Week3

 

21 Sun

アカプルコ&ドバイ

今週のテニスはアカプルコのダブルスを中心に、ドバイの錦織選手の試合を堪能。QFでハリスに負けた錦織選手は良い内容の試合が続いてるので、体力が戻ってくれば・・・。ドバイの大会はドロー数を増やしたこともあり、シードがつかないと気持ち的にも先が長くて大変かなという印象だった。さて、アカプルコはもちろんエルベール/マウを応援。肉体的にも精神的にも前週の疲れが残ってたのか、エルベールが不調だったことを思えば、SFまで進んだので、まずまずな結果。とにかく、約1か月ぶりの試合だったマウさんが元気だったので一安心。

 

19 Fri

ファルコン&ウィンターソルジャー

今日から配信開始の『ファルコン&ウィンターソルジャー』。夕食たべて、落ち着いたところで見ようとしたら、なんとDisney+につながらない~。『ファルコン&ウィンターソルジャー』人気のせい?しばらしくしたらログインできたけど、じらされたわ~。第1話は冒頭のファルコンのアクションシーンがとにかく圧巻!自分的には敵のモモンガ部隊がツボだった。どう見ても強そうには見えないんだもん。バッキーのほうは償いの旅の途中という印象。『ワンダヴィジョン』とは、また違った面白さで、毎週金曜が楽しみ!こうしてDisney+のとりこになってゆくのね~。

 

18 Thu

シカゴジャスティス

ついについに、『シカゴ・ジャスティス』が放送される~。ありがたいことに、シカゴシリーズを放送するAXNにて。シーズン1で打ち切られた作品だとしても、ほかのシカゴシリーズとの関わりもあると思うので、楽しみ~。主人公の検事補ストーンは、シカゴを去った後の性犯罪特捜班のほうで先に見てるけど、NYに移る経緯を見られるのはありがたい。せっかくのシリーズ作品なので、やはりすべてを見たいもの。

 

15 Mon

ブラックリスト

スパドラさんのサイトでシーズン8の放送開始日が発表されてる。5月25日~で火曜の夜10時枠。主要キャラだったドムとグレンを演じてた俳優さんがお亡くなりになったこともあり、すぐ感情移入してしまう自分は感傷的な気持ちで迎えるシーズンになりそう。とはいえ、早く見たくてウズウズ状態です。シーズン9も決まってるので、レッドの正体は引き続き謎のままなんだろうね~。正体を明かしたうえでのストーリーは作れないのかな?それほどショッキングな設定なの?

 

Week2

 

14 Sun

マルセイユ

1回戦で錦織選手に勝ったエルベールが好調さをキープし、決勝進出したマルセイユ。わたしはエルベファンなので、全力応援しましたが、残念ながら優勝はあとちょっとのところで逃してしまいました。エルベールはこれで4度目の準優勝。ホント、あとちょーっとなのよ。第2セットのタイブレークなんて、すばらしい粘りと研ぎ澄まされた集中力でプレッシャーなど感じさせないプレーだった。第3セットの最後のゲームだけ、少し緊張が勝ってしまったかな~。勝ったメドベデフも内心やばいと思ってたと思う。それくらいエルベは冷静だった。地元フランスの大会ということもあり、昨年生まれた赤ちゃんも同伴してて、パパエルベを見ることができました。ここで決勝に残ったので、次週のアカプルコはダブルスのみになってしまったけど、ぜひ優勝を!

 

12 Fri

アブセンシア

シーズン3の最終話を見終わって、ほーっと脱力中。いっき見したい気持ちを抑え、シーズン3も1話ずつかみしめる様に堪能したので、かなり力が入ってしまった。ここで終わってもいいような、続けてもいいような、そんなラストだったのだけど、終わりの可能性大なのかな?という印象。ここまで見てきた自分としては、なんだかすっきりしない気もするので、アイデアがあるのなら、次シーズンでこれまで落とした疑問を回収してほしいな~。それにしても主演のスタナ・カティックの気迫はすごかった。

 

8 Mon

ウォーキングデッド

今夜放送されたシーズン10の第18話。なんと登場人物3人だった!(ウォーカーさん除く)仲間のもとを離れ、消えたリックの捜索を続けてた頃のダリルを掘り下げた内容だったのだけど、〇年前と言われてもいつ頃のことかパッと浮かばないよ~。停滞期もあれば、タイムジャンプもしているし、わたしの脳内はかなり混乱しております。今回の内容は、ダリル&キャロルのスピンオフにつながるのかな?珍しくダリルが女性とからむ内容だったのだけど、ダリルの運命の人はコニーねと思ってたのでちょっとフクザツ。

 

Week1

 

6 Sat

ハンドメイズテイル

少し前にシーズン4のトレーラーとアメリカでの配信開始日が発表されたのだけど、気になるのは日本での配信日だよね~。もうすでにかなり待たされてる作品なので、あまり時期を置かず配信してくれるといいのだけど。トレーラーにチラリと映ってたジューンの娘のハンナなんて、ずいぶんしっかりとした雰囲気になってた。それともあれは別の子なんだろうか?意味深なシーンをつなぎ合わせてるトレーラーを見ると、あれこれ想像してしまう。そろそろジューンに国境を越えてもらいたいけど、そうなるとギレアド内の様子を描き辛くなるのかな。

 

5 Fri

ワンダヴィジョン

ついに最終話。泣いたわ。お気楽なシットコムのまま終わらないだろうと予想はできてたけど、やっぱりだった。町の人を巻き込んだのはいかんけど、愛する人たちとただ暮らしたかったワンダの気持ちを思うと、切なくて悲しい気持ちにさせられるわ。ラストの雰囲気は、映画に続くって意味なのかな。できることなら『ワンダヴィジョン』の続きを描いてほしいな~。なにはともあれ、このドラマのおかげでMCU作品を見はじめたようなものなので、出会えてよかった。

 

4 Thu

エージェント・オブ・シールド

最終話まで見終わってしまった。そんなわけで、しみじみした思いに浸ってるところ。『エージェント・オブ・シールド』は、わたしの“好き”が詰まった作品だった。キャラが立った登場人物たちと、ウィットに富んだ会話は秀逸だったと思う。難敵との戦いも面白かったけど、人間味あふれる各キャラの物語が最高だった。特にシーズン1の頃は可愛いという表現がピッタリだったフィッツシモンズの物語や、過酷な宿命を背負ったスカイことデイジーの物語など。ちょっと残念な件は、実現しなかったスピンオフ出演のため降板したハンター&ボビーのその後が見れなかったこと。挙げるとキリがないけれど、ファイナルシーズンでは『エージェント・カーター』のスーザが頑張ってくれてるのも嬉しかった。ああ、しばらくは寂しい気持ちになるんだよね~。

 

2 Tue

ゴールデングローブ賞

いつの間にやら終わってた今年のゴールデングローブ賞。エミー賞を総なめにした『シッツクリーク』は作品賞と主演女優賞を獲得してた。納得の受賞は、リミテッドシリーズ主演男優賞のマーク・ラファロ(『ある家族の肖像~アイ・ノウ・ディス・マッチ・イズ・トゥルー~』)。内容は重く辛いものだったけど、心に突き刺さる演技は素晴らしかった。意外だったのは、最多ノミネートの『マンク』が受賞なしという結果。脚本もとれなかったのね…。

 

1 Mon

ロッテルダム

錦織選手のシーズン初勝利に興奮し、目が覚めてしまった。もう深夜だというのに~。序盤こそ硬さが見られたけど、徐々に錦織選手らしいリズムあるテニスが見られ、正直、ホッとした~。第2セットはオジェ君が足を痛めてしまったというのもあるけど、以前のような鋭いショットが決まってた。ATPカップ→全豪→ロッテルダム、と、調子が戻ってきてるので、集中を高めて次戦も頑張ってほしい。このところ、精神的な理由で戦線離脱したシモンのニュースなどがあり、マルセイユ、ロッテルダムとWDしたマウさんが心配。全豪での隔離生活は、ベテラン選手たちにとって、いろいろ考えるきっかけになったのかも。

 

テキストのコピーはできません。