お探しのドラマは検索窓からどうぞ

11月のつれづれ 2022

こんにちは、おちゃのまのねこ管理人のaboです

 

このページは、ドラマに限らず、趣味であるテニス観戦や日々のことなどわたしのひとりごとを綴っています。気を付けておりますが、ネタバレを含むこともありますのでご了承の上お読みください(*- -)

 

 

 

Week5

 

30 Wed

1年

もうすぐ猫さんが旅立って1年。恋しさは募るばかりだけど、心のアップダウンもあるけれど、人生を豊かにしてくれた猫さんへの感謝の気持ちでその日を迎えられそうです。あのとき、コメントくださったnagiさま、何度もここにアクセスしてくださったみなさま、もういちどお礼を言わせてください。本当にありがとうございました。とても励まされました。当時はいっぱいいっぱいだったなと、1年経って実感してます。

 

28 Mon

デビスカップ

サッカーのワールドカップで連日盛り上がってる裏で、先週末は男子テニスの国別対抗戦デビスカップファイナルズが開催されてた。カナダが初優勝を飾ったというのに、BBCやCNNのスポーツコーナーでさえ、ちょっと触れる程度の扱いで、テニス界の実情を見た感じ。と、ガッカリしつつも、来シーズンのマウの相棒をあれこれ予想。わたしはロジェバセラン派だけど、マウさんはエルベールがいいんだろうなぁ。エルベのケガはどんななんだろう?

 

Week4

 

27 Sun

デッド・トゥ・ミー

夫をひき逃げされたジェンと、秘密を抱えるジュディが唯一無二の親友になってゆくところが好きだった『デッド・トゥ・ミー〜さようならの裏に〜』。ファイナルシーズンを毎晩1話ずつ見ていたのだけど、昨夜はラスト3話をイッキ見。見終わった後、なんともいえない感情を持て余して、今日は寝不足の日曜日。視聴者に委ねるラストで、ぐるぐる想像を巡らせてしまったよ。ジェンとジュディの物語は美しくまとめられていたけれど、コメディらしいカラッとした明るさが見たかったな・・・と、見終わったばかりなので感傷的になっております。

 

26 Sat

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

配信が始まったホリデースペシャルをさっそく視聴。内容はごくごくシンプルで、失意のピーター・クイルに最高のクリスマスをプレゼントしよう!というもので、コメディ要素満載の楽しいクリスマススペシャルだった。クリスマスシーズンに観たら、もっともっと気持ちが盛り上がったと思うので、も少し待って視聴すればよかったかも。サプライズゲストのケヴィン・ベーコンもノリノリで、奥様のキーラ・セジウィックも声の出演してたけど、わたしの注目はグルート。『アイ・アム グルート』の可愛らしい姿が脳裏に焼き付いてるので、いやもうデッカ・・・と成長ぶりにビックリ。(@_@;)

 

25 Fri

トロム

WOWOW北欧サスペンス『トロム~フェロー諸島殺人事件~』。全6話。環境活動家のソニアが失踪し、そのソニアからビデオメッセージを受け取ったジャーナリストのハンニスが事件を追う・・・というストーリーで、登場人物の関係図も興味深く、内容も飽きる部分がなく面白かった。フェロー諸島がどこにあるかも、デンマーク領だということも知らなかったアホなわたしですが、雄大な自然に見惚れてしまった〜。内容も重要だけど、絶景は北欧ドラマの醍醐味!(^ν^)

 

23 Wed

TWD

TWDのラスト4話を視聴し終わったところで、ほおぉぉぉぉ〜・・・と脱力中。これから再視聴しながら記事を書くのだけど、すぐにはムリ。気持ちの切り替えができないわ〜。早くにスピンオフが発表されてたので、感傷的にもならず、盛り上がる気持ちも抑え気味だったというのに、やっぱり寂しい。大黒柱のリックが去った後、自分らしくTWDを牽引したダリルは本当に素晴らしかった。立ち位置が変わっても、キャラにブレがなかったもの。ダリルはスピンオフがあるので、新たな場での活躍も楽しみだわ。前を向いて進んでいるTWDの世界だけど、終末の世界を懸命に生きたキャラのみなさんに「お疲れさま、そして、ありがとう」と言いたいです。

 

21 Mon

1899

ネトフリ新作『1899』。『Dark』制作陣の新作とあって、期待以上にミステリアスな内容だった。1899年、ニューヨークへ向かう蒸気船ケルベロスに乗り合わせた乗客や船員が不可解な出来事に巻き込まれてゆく展開で、最終話まで見終わっても理解できたか自信がない。ヨーロッパから新天地NYへ向かうという設定もあり、登場人物も多様性にこだわってた。言語もそれぞれ母国語を使うという凝りようで、共通言語は英語。wikiによると、ヨーロッパ人が協力して創造するという点を重要視したそう。壮大なクリフハンガーで終わったので、はやくもシーズン2が楽しみ。・・・って、更新されるよね?(~_~;)

 

Week3

 

20 Sun

わが愛しのブロックバスター

ネトフリの新作ドラマ『わが愛しのブロックバスター』を観た。唯一生き残ったビデオレンタル店ブロックバスターを舞台にした職場コメディ。サブスク時代を皮肉るような(ネトフリ作品とゆうのに)ドラマだけど、“ビデオレンタル店”が何やら新鮮に思えてしまうから不思議。良かったところは、やる気があるのかないのか分からないクセの強い従業員のみなさんが、それぞれドラマや映画に“愛”を持って働いてるところ。『ブルックリン99』のエイミー役メリッサ・ファメロや、『オハイオの悪魔』で強烈な個性を放ってたマデリン・アーサーなど、注目したい俳優さんも出演してて面白かったんだけど、シーズン2へ続くかどうか微妙かも。

 

19 Sat

堕ちた裁判官

少し前にWOWOWで放送されたフランスドラマ『Your Honor~堕ちた裁判官~』。これ、面白かったです!各国でリメイクされてるイスラエルドラマのフランス版ということで、内容は『ひき逃げした息子をかばった判事が泥沼にハマってゆく』というもの。展開も面白いのだけど、ラストも良かった。アメリカ版で主人公を演じてるのは『ブレイキング・バッド』のホワイト先生ブライアン・クランストンだと知り、観たいわーと思ったのだけど、日本での配信はわたしにとって敷居が高いU-NEXTだった(涙)

 

18 Fri

NHK杯

今年は静かめに見てるフィギュアだけど、NHK杯は気合が入ってしまう〜。なんだか本能を呼び覚まされたような?今夜はどっぷりフィギュア漬け。オリンピック後のシーズンということもあり、世代交代が進んでる今年の大会。そんな中、やっぱり大注目はアイスダンスのかなだい。シングルのキャリアを終えて、新たにアイスダンスに挑戦し、この場所にいる髙橋 大輔選手は本当にすごいと思う。高い目標に向かって邁進するかなだいの姿に感動するやら、興奮するやらで、心拍上昇。あしたはライブで観戦するよ〜(テレビの前で)

 

16 Wed

ビリー・ジーン・カップ

先週末はテニスの女子国別対抗戦ビリー・ジーン・カップだった。日本はホームでウクライナとプレーオフ。結果は0-3でウクライナが勝ち、日本は負けが決まった後のダブルスで1つ勝った。世代交代が進む日本チームは負けても今後に繋がる結果だったと思うけれど、勝ったウクライナの選手のコメントに胸が痛んだ。すでにキャリアをスタートしている自分たちはいいけれど、次の世代を育てることができないし、そもそも命の危険があるって。さらに、ウクライナのナショナルセンターは、ロシアの残忍さに世界が震撼したブチャにあるそうで、クラブハウスは破壊され、コートには不発弾が残ってるって。そんな記事を読んですっかり悲しく沈んでたのだけど、日本を満喫してる選手の姿に心が温かくなった。

 

Week2

 

10 Thu

テイルズ オブ ジェダイ

Disney+で配信されてるスターウォーズ・フランチャイズのアニメ『テイルズ オブ ジェダイ』を視聴。全編3部作時代の描かれていない隙間を埋める短編アニメで、2つの物語からなる全6話。スターウォーズファンとは言えないわたしでも、なんとなく「ああ、そうゆうことか〜」と納得できるわかりやすさ(アニメだし)で、見る価値ありかも。現在、毎週1話ずつ配信中の『キャシアン・アンドー』は、いまひとつ登場人物の背景や関係図が分かってなくて物語に浸れないのだけど、『テイルズ〜』は難しく考えずにサクっと楽しめた。

 

9 Wed

グリム女子会

『グリム』のジュリエット役エリザベス・トゥロック、アダリンド役クレア・コフィー、ロザリー役ブリー・ターナーの3人が『グリム』を再視聴しながら、裏話や撮影場所の紹介、時にはゲストを迎えたりのポッドキャストを開始するって記事を読んで、グリム熱が上昇中。番組開始時から早くも10年が経ち、ひと昔前の作品になった『グリム』を懐かしく&楽しく振り返る番組みたい。『グリム』はダークな面もある作品だったけど、画面から伝わってきた通りの仲良しさんだったんだな〜と、改めて嬉しくなった。そういえば、女性グリムを主人公にしたスピンオフの話はどうなったんだろう。

 

8 Tue

ウォッチャー

自分的にはいまひとつだったNetflixの『ザ・ウォッチャー』がシーズン2へ更新されたそうな。同じライアン・マーフィー制作の『モンスター(ダーマー)』も更新されて、そちらは別のモンスターの物語になるらしいけど、『ウォッチャー』は?実話だから仕方ないことだったけど、いまひとつに感じた理由は結末がなかったから。同じ物語の続きだとしたら、シーズン2は完全なフィクションってことだと思うので、そこは期待してしまう〜。もっとミステリアスな心霊的な謎を加えてくれると、ゾクゾク楽しめそう。

 

7 Mon

マニフェスト

ネトフリで配信が始まった『マニフェスト』のファイナルシーズン。前半10話まとめて配信されたので、2話ずつの記事にすることにしました。ということで、2話まで視聴。828便の謎が解明される気配はまったくないけれど、期待以上の展開。結末に向かってることもあり、余談に思える部分が少なくなってるみたい。しばらくワクワクしながらマニフェスト漬けになる予定。(⌒▽⌒)

 

Week1

 

6 Sun

不具合

昨日に続き、今日も不具合発生。昨日はプロフィール画像が消え、今日は予約投稿した記事がモバイルで反映されなかった。(←キャッシュの削除でOKだった)この原因はワードプレスのアップデートしか思いつかないのだけど、どうすりゃいいの?アップデートのたびに使い勝手が悪くなり、ようやく慣れたところでまたアップデート・・・の繰り返し。で、チト気持ち萎え萎え〜。プロフィール画像などはどうでもいいと思うけど、モバイルに投稿が反映されないのは大問題だわ〜(-_-;)

 

5 Sat

サイトマップ

しばらく思い悩んでいたサイトマップを、プラグインなしで表示できるシンプルなものに変更しました。カテゴリーのみの表示にしたので、見やすさという点では改善されたかな?もはや必要ないページにも思えるけれど、無料ブログサービスからこちらに移転した理由はサイトマップが作りたいという思いも一因だったので、なんだか捨てがたい。ついでに書くと(お知らせするほどのことではないのだけど)プロフィール画像もちょっと変わってしまった。なぜだか消えてしまったので、設定し直したらよくわからんことになってしまったのよ(涙)

 

4 Fri

シモン

現在開催中のパリマスターズを最後に、シモンが引退した。今シーズン限りでの引退を早くに発表してたこともあり、心の準備はバッチリなはずだったけど、やはり寂しさは否めません。全仏オープンのときもそうだったけれど、すべてを出し切るプレーに胸が熱くなり、感動の嵐だった。気持ちの入ったプレーで3回戦まで勝ち進み、引退セレモニーに参加した選手仲間はプイユと自分の試合そっちのけで駆けつけたマウの2人だけということになってしまった。1回戦はツォンガやモンフィスや、多くのフランス選手が観戦してたんだけど。シモンらしい満足感と爽快感が伝わる笑顔のセレモニーで、涙もろいマウさんのほうが感無量な雰囲気だった。たくさんの感動をありがとう、シモン。テニス界がまた少し寂しくなるよ。(ちなみにセレモニー後の写真撮影をパスして自分の試合に臨んだマウは、今シーズンを象徴するかのようなすっきりしない内容でした・・・涙)

 

2 Wed

刑事ソフィア・カルピ

ネトフリでシーズン3の配信が始まったフィンランド発のダークな捜査ドラマ『刑事ソフィア・カルピ』をはやくも視聴。北欧沼にはまりつつ、フィンランドドラマはこの作品しか観たことない気がするのだけど、デンマークやスウェーデンのドラマよりもなぜか馴染むのです。主人公は鋭い洞察力と大胆な行動力でぐいぐいと捜査するカルピと、ちょい控えめな相棒ヌルミ。このふたりが、なんやかやありながらも心の奥底で互いを信頼しあってるとこが良いわ〜(*´ェ`*)

 

1 Tue

TWD

完結となるシーズン11の後半、17話〜20話まで視聴。これから再視聴しながらあらすじを書いてゆくので、記事にできるのは今週末か来週あたりかな。ラストまであと4話というのに、終わる気配なし。なので、感傷的にもならず、寂しさよりも、主要人物が多すぎて全員の物語を完結できないんじゃないの?という心配が広がっております。スピンオフ組はそっちにつながる物語を紡いで、そうでない組は死という結末ではなく(←ここ重要)、何か希望のような兆しを見つけてほしいと切に願うわ〜。

 

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。