『モダン・ラブ』あらすじ感想はこちら

BOENS シーズン12 第1話「懐かしい狂気」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

 

Episode1  The Hope in the Horror

【ざっくりあらすじ】
ザックとブレナンが建物から出た痕跡はなく、まだジェファソニアン内に居る可能性があるとわかった。ホッジンズは、ブレナンのハンドローションの痕跡をたどり、ザックとブレナンが乗ったエレベーターを突き止めた。

 

 

 

 

 

ザックの証明

ブースは「ザックなら地下室へ連れて行く」と断言し、ブレナンの痕跡のあるエレベーターで地下へ向かった。

 

ブースの読み通り、ザックはブレナンを地下へ運んでいた。注射器を持ったザックを見たブースは銃を構えるが、ブレナンはザックをかばいブースの前に立ちはだかった。ザックは犯人でないことを証明するため、自白剤を自分に打とうとしていたのだ。

 

 

逮捕されたザックは、報道されてない事件について知っていたのはブレナンのメールを見たからだと打ち明けた。ラボの仲間たちのことを知りたかったザックは、病院を抜け出し、図書館のPCから仲間たちのメールを読んでいたのだった。事件を知ったザックは、自分が容疑者にされるのは時間の問題だと判断し、疑いを晴らすためブレナンを拉致したのだ。

 

 

ザックの脱走に気づかなかった病院の院長であるロシャン博士は、ザックの高い知能を言い訳にし、毎週のように面会に来ていたスイーツが殺されたことにザックは対処できず人が変わったと話した。そして、オーブリーがロボトミー手術を疑ったザックの額にある傷は、ザック自身がつけたものだと説明した。

 

 

 

新たな遺体

これまでの被害者とは別人の歯を見つけたブレナンは、ウェンデルとレイノルズの地下室を調べた。ウェンデルが部屋の奥にあった扉らしきものに気づき、開けるとそこには下半身のない遺体が置かれていた。

 

 

下半身のない遺体は、これまでの被害者とは異なり10代の男性で、10~20年前のものだった。切断に外科用ノコギリが使われていたことから、被害者は手術中に亡くなったとわかった。

 

 

 

信じる心

タイミングよくカンザスシティーから戻ったカレンに犯人のプロファイルを依頼し、カレンは「解離性同一性障害(DID)」いわゆる多重人格と分析した。カレンはザック自身に事件を調べさせることを提案し、ブースはカレンの意見に従いザックに事件の資料を見せた。

 

 

ザックと話すことを希望するブレナンにカレンも賛成し、自分も一緒にザックの取調室へ入った。カレンは大学の卒論を書く際ザックにインタビューをした過去があり、ザックがDIDか探ろうとしていた。去年薬を変えたザックには記憶の欠落があり、カレンはザックはDIDで、犯人で間違いないと判断した。

 

 

ブレナンと事件を見直したザックは、犯人は自分だという結論を出した。ザックに犯行の記憶はなかったが、証拠から自分が犯人だと導き出したのだ。しかし、ブースはザックは無実だと感じており、ラボへ戻ったブレナンも事件を終わりにしようとしなかった。

 

 

ウェンデルが下半身のない遺体の第4腰椎についた腰椎のかけらに気づき、ブレナンは「犯人は結合双生児の分離手術を受けている」と判断した。アンジェラに遺体の頭蓋骨をスキャンしてもらったブレナンは、犯人はロシャンだと特定した。

 

 

ブレナンから「ロシャンが犯人」と連絡を受けたブースが病院へ向かうと、ロシャンがザックを殺そうとしていた。ブースは迷わずロシャンを撃ち、ザックを助けた。

 

 

ロシャンを殺せたのに実行できなかったザックは、自分には人は殺せないと確信した。ザックは過去の事件の再調査を求め、ブースは自分たちがチカラになると約束した。

 

 

 

ホッジンズ

ザックが利用していたPCを調べたアンジェラは、ホッジンズの理学療法士にアドバイスをしていたバンクロフト博士の正体はザックだと知った。バンクロフトの指示した治療法でホッジンズは脚の感覚を取り戻していたのだ。

 

 

ホッジンズと会ったザックは「礼は言わないで」と言い、治療してもよくならないことを教えた。ホッジンズのチカラになりたかったザックだが、激痛という苦しみを与えてしまったことを後悔していたのだった。

 

 

ホッジンズの脚の感覚はなくなり、激痛も消え去った。悲しむアンジェラの手を握ったホッジンズは「僕は大丈夫」とほほ笑んでいた。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

ファイナルシーズン始まりましたね!

ラストまで、1話ずつドキドキしながら感想を書いてゆきたいと思っています(*- -)

 

さて。
ザック~~~!!
よかった~~~!!
疑ってゴメンね・・・という気持ちを伝えたくなりました。
ホントよかったです。

 

犯人だったロシャンがなぜにこんな不気味な事件を起こしたのかはわからないまま終わった気もしますが、前シーズンから続いた事件が早めに解決してよかったです。

 

 

わたし、もともとザックは殺人を犯してないと思っていたんですが、それってスイーツがそう判断してたってことだったんですかね~。その辺、忘れております・・・(泣)

 

ザックを信じると言い切ったブースの心の中にはスイーツがいるんだろうと思うと、涙がじんわりしてしまいました。

ザックの無実をブースは証明することができるんでしょうか。

期待したいです( ◠‿◠ ) 

コメント

タイトルとURLをコピーしました