サイトマップをリニューアルしました

ブラックリスト 8 第22話「カニェーツ」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。
The Blacklist
スポンサーリンク

Episode22 Konets

【ざっくりあらすじ】シーズン最終話
レッドが放った炎でタウンゼントは死に、撃たれたリズはレッドの医療チームに救われた。タウンゼントを倒しても、リズを狙う者は後を絶たないと確信しているレッドは次の戦いに備え行動を開始する。

 

 

最後のブラックリスト

タウンゼントの死とレスラーが順調に回復していることで、安堵感が広がる作戦本部を訪れたレッドは、クーパーに最後のブラックリストを渡す。リストの犯罪者たちは、明確な後継者のいないタウンゼントの帝国を狙う者たちだ。

クーパーは“人生最後”と話したレッドの病状を心配するが、レッドにとって重要なのはリズ親子の今後のことだ。自分がいなくなった後もリズの相談相手でいてほしいと頼まれたクーパーは「何でもする」と約束し、レッドは変わらぬ友情を示してくれるクーパーに感謝した。

リズの決断

回復したリズと向き合ったレッドは、カタリーナが“しかるべき時”にリズに真実を知らせるため書いた手紙を取り出し、手紙を読む条件として「私にとどめを刺せ」と告げる。すでに死を受け入れているレッドは、自分を殺すことでリズの力を闇社会に知らしめようと考えているのだ。

レッドの帝国を継ぐつもりのないリズは逃亡先をヨーロッパに決め、愛する人たちに別れを告げる。ブラックリストを引き継げばレッドのように免責を得られるかもしれないと考えるクーパーは後継者になることを勧めるが、リズの決心は変わらない。一方、後継者に反対するレスラーは犯罪者のフリをしても安全にはならないと言い、リズは自分を理解してくれるレスラーに別れのキスをした。

リズの決心を変えたのは、偶然、再会したベス・ライカーだった。ブラックリストで初めて助けたベスに声をかけられたことで、リズはブラックリストが世界をより良くしている事実を思い出す。

自分にできること、やるべきことを悟ったリズはレッドと会う。レッドの計画は闇社会にリズを犯罪者として受け入れさせることだが、リズは自分が犯罪者になった理由が分からない。そのことを考えても答えを出せなかったレッドに分かることは、リズが生き延びる道はこの計画の他にはないということだ。

計画の段取りを聞いたリズの不安を打ち消すように、レッドは「今は楽しもう」と提案する。リズはかつてのようにレッドの手を取り、アグネスらと共に穏やかな時間を過ごす。レッドの計画を実行すると決めたリズは、なぜ正体を明かすのは死んだ後なの?と質問する。レッドの返事は「知れば私を殺せなくなるから」だった。

計画の結末

デンベと何度も段取りを確認したレッドは、カタリーナが答を記したリズへの手紙を託す。リズとアグネスを守り、救えると信じるしかないと自分に言い聞かせたレッドは、計画通り、新装開店を祝う友人のレストランを訪れる。一方、リズがアラムにかけた許しを求める電話からリズがレッドを殺すと気づいたチームは、ふたりを止めるためレストランへ向かう。

仲間たちと楽しいひとときを過ごしたレッドは、ひとり店を出る。近くで待機していたリズは、防犯カメラに映る場所でレッドに銃を向ける。レッドは「店の前の歩道に出たらすぐに撃て」と指示していたが、リズは引き金を引けない。ふたりが最後の時間を心に刻む中、銃声と共にリズの胸に血がにじむ。

リズを撃ったのは、レッドの目の前でリズを殺すことを望んでいたタウンゼントの手下バンダイクだった。レッドはバンダイクに銃弾を撃ち込み、倒れたリズの脳裏には愛する人たちの顔が浮かぶ。リズの幸せな記憶は、人生の始まりともいえる火事の日に遡る。目の前にいるレッドの瞳は、あの日、燃えるビーチハウスからリズを助け出した母カタリーナのものだった。レッドが注いでくれた愛情と母の愛が重なる中、リズの意識は薄れてゆく。

デンベに促され、帽子をリズのもとに残したレッドが立ち去ると、入れ替わるようにレスラーたちが駆けつけた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

 

早くからリズ降板のニュースが伝わっていたので、最終話の結末は予想できるものでしたが、それでも胸が痛くなるエピソードでした。

 

レッドの背景とリズとの関係、ふたりの結末は、最初からある程度のことは決まっていたのではないかと思うのですが、この展開はプラン通りなのか、リズ降板を受けて変更したのか気になります。

 

非情な宿命を背負い、否応なしに闇社会に引きずり込まれ、望むことは愛する娘を守ること。母カタリーナが歩いた道を辿るようなリズの人生でした。・・・と、過去形にしてしまいましたが、実のところ、まだリズの死は確定されてないと思ってます。あの状況で助かるとは思えないけれど、もし助かっていたとしたら、クーパーはリズの生存を隠すと思うんですよね。政府はリズを消すつもりだったし、リズは別の人生を手に入れるだけの資金もあるし・・・。アグネスが問題になるけど、安全な場所で保護するという理由で説明できそうな気がします。

 

ドラマの核心に迫り、重要な登場人物が亡くなり、怒涛の展開だったといえるシーズンでした。少し残念なのは、リズという人間を深く描けなかったように感じたことです。それはそれとして、リズを演じたメーガン・ブーンさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

この先の展開は想像もできませんが、希望としては、レッドとカタリーナの物語を意味あるものとして終わらせて欲しいです。シーズン9はファイナルシーズンになるでしょうかね?
スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。