『Major Crimes~重大犯罪課』あらすじ感想はこちら

Major Crimes~重大犯罪課 6 第9話「陰謀のセオリー パート4」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Major Crimes

 

スポンサーリンク

Episode9
 Conspiracy Theory: Part 4

 

【ざっくりあらすじ】
救急搬送されたシャロンは、検査と経過観察のため5日間の入院となった。トーレス医師がシャロンに話した今後の選択肢は、新たな装置を埋め込むか、さらに検査して移植の優先度を上げるかだ。

 

 

 

シャロンの選択

今回シャロンの命を救ったのは埋め込み型除細動器だった。子供たちやフリンの負担の大きさを気に病むシャロンは、救急車の中で死ぬべきだったかもしれないと思わずにはいられない。そんなシャロンを支えるフリンは「何があろうと君と一緒に闘い抜きたい」と励まし、不安におびえるシャロンを抱きしめた。

 

 

突然人生最大の訴訟を母から引き継いだボニーの息子スタンの「突然消えるなんて」という悲痛な母への言葉を、シャロンは自分のこととして受け止めた。『最悪の事態への備え』を始めたシャロンは、まずスタン神父を訪ね、臨終の秘跡を求めた。教会での儀式を終えたシャロンはメイソンに病状の報告をし、休暇の申請とプロベンザに代理を任せたいと話した。

 

 

 

クレイグの証言

ランドンを撃った銃はボニー殺害に使われた銃と一致し、手口も全く同じだった。プロベンザの指揮で捜査を続ける重犯課は、被害者全員と繋がるクレイグを容疑者と考えた。本人同意のうえ、全国にあるクレイグの店と自宅を捜索するが、凶器の銃や証拠は見つからず、押収した携帯の位置情報でクレイグは3件の殺人事件の犯人ではないと判明した。重犯課はクレイグを『性的暴行のほう助と教唆、共同謀議』で逮捕し、クレイグは弁護士同伴でホッブスとの取引に臨んだ。

 

 

ランドンにレイプされたと名乗り出た女性たちは、全員クレイグからランドンのセミナーのチケットをもらったと証言しており、ホッブスは『懲役20年の実刑でカリフォルニア州で収監。ほかの罪には問わない。』と取引を提示した。クレイグの弁護士は取引には応じないとつっぱねるが、応じなければ12州で刑を施行すると告げられたクレイグは動揺した。結局、クレイグは「ランドンが女性を口説くと思っていた」という苦しい言い訳とともに、ランドンのもとへ女性を送り込んだと認め、レイプの件を知っていた人物を教えた。

 

 

ランドンがレイプ犯だと知っていたのは、殺されたボニーから事実を知らされたランドンの妻ビッキーと、息子のセスだった。

 

 

 

最後の逮捕

ランドンの家から『銃弾、ボニーのバッグ、ランドンがバネッサへ贈ったサイン本』が見つかった。クレイグの証言でバネッサ殺害に使われた最新式のスタンガンを持っていることもわかっている。さらに、ランドンの財産の8割がセスの海外口座へ移されていた。厳しく追及されたセスは「総資産も投資先も知らない」と、戸惑いの表情を浮かべた。

 

 

シャロンのオフィスで待っているビッキーから話を聞くことにしたプロベンザは別室で聴取するつもりだったが、シャロンがそれを止めた。息子が自白したと聞かされたビッキーは、夫のビルがレイプを隠すためボニーたちを殺したと話始めた。夫殺害を認めたビッキーは凶器の銃の隠し場所を吐き、夫のレイプをやめさせるためにはそうするしかなかったと弁解するが、公表されてないボニー殺害と全く同じ手口と凶器で夫を殺せた理由を説明することはできない。

 

 

激昂したビッキーを刑事として追い詰めるシャロンは、心臓の異変を知らせるトーレス医師からの着信を無視し、ついに倒れた。再び救急搬送されたシャロンは帰らぬ人となった。

 

スポンサーリンク

 

思い出の部屋

ビッキー逮捕の少し前。
明日からの休暇に備えるシャロンはバズにビデオを借り、撮影したSDカードを入れた封筒をバズに預けた。

 

 

まだオフィスにいるシャロンに声をかけたラスティは、初めてこの部屋で出会った日のことを話題にした。ふたりの出会いは、互いの人生の分岐点だった。あの日、母を捜していたラスティは、この部屋で“母”を見つけ、シャロンはラスティとともにより充実した人生の幸せを手に入れたのだ。

 

 

 

迫る危機

シャロンが倒れた知らせは、勤務中のガスにも届いた。ガスは担当の客たちに謝罪と説明をし、シャロンが運ばれた病院へ急いだ。元恋人の母親が倒れたというガスに「LAを発つ前にきっと会いに来る」と声をかけた客はストローだった。

 

 

 

おちゃのま感想

4

悲しくて、悔しくて
心が痛くなるエピソードでした。

 

どうやってあらすじを書けばいいのかわからず、しかも何度も見直す気持にもならず、楽しみに待っていてくれた方には申し訳ない記事になってしまいました。ごめんなさい。いつか時が経って、涙を流すことなく見直せるようになったら、書き直すかもしれません。(いつになるのか

 

事件のほうは予想できたビッキーが犯人ということでしたが、この人の自白と引き換えにシャロンの命が失われたような描き方は悲しすぎました。それがシャロンらしいのかな。わたしにはわかりません(涙)

 

『Major Crimes』は完結という形でファイナルシーズンが決まったドラマですが、制作陣にとっては“打ち切り”だったんですよね。他局での生き残りも叶わず、無念の気持ちの表れがシャロンの死だとしたら、ファンとして虚しい気持ちになってしまいます。そうではないとしても、このシャロンの選択と結末を納得するのは難しいです。

 

いろいろと心が乱れておりますが、いよいよストロー登場です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました