ほぼ全記事ネタバレを含みます

ブラックリスト 7 第16話「ナイル・ハッチャー」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
The Blacklist
スポンサーリンク

Episode16
 Nyle Hatcher (No. 149)

【ざっくりあらすじ】
1週間前の洪水で土が崩れた墓から見つかった“あるはずのない遺体”が、プロファイラー時代のリズが担当した迷宮入り事件に繋がった。事件を調べたいとリズに相談されたレッドは「君の望みは私の望みだ」と返事した。

 

 

 

 

墓場の殺人鬼

墓地に遺体を捨てることから『墓場の殺人鬼』と呼ばれる連続殺人犯の事件が発覚したのは、デラウェア州の墓地で偶然発見された遺体がきっかけだった。その後、近隣の2州でも3人の遺体が見つかり、当時プロファイラーだったリズも捜査に加わったのだ。

 

 

被害者の特徴は性産業の経験がある若い女性だが性的暴行の痕跡はなく、全員、麻酔で眠らされた後に生き埋めにされていた。過去の記録と今回見つかったマーラの遺体を比べた検視官は、同一犯の犯行と断定した。

 

 

マーラは帝王切開で出産した後、1ヶ月以内に殺されていた。特定したマーラの赤ちゃんのDNAを遺伝子検査会社のデータベースで照合すると、ほぼ100%の確率で赤ちゃんの父親はジョナサン・マクレアだと判明する。そのマクレアはマーラが殺される11か月前に自動車事故で死んでおり、マクレアの妻は金と引き換えにマーラと秘密保持契約を結んでいた。

 

 

 

犯行の理由

8年前の被害者たちも“出産した痕跡”が記録されており、リズは法に縛られないレッドに調査を頼む。レッドが仕入れた情報から、被害者たちは悲惨な事故で亡くなった裕福な既婚男性の子供を出産し、遺族の妻に要求した子供の認知を金で決着させた数週間後に殺されたと判明する。

 

 

子供の父親たちの事故に不審な点はなく、唯一の不審点は死亡証明書にサインがあるメリーランド州の遺体処理業者ナイル・ハッチャーだった。デラウェアを始めとする他の州でも遺体を処理しているハッチャーが経営する葬儀社のオフィスを調べると、新たな被害者候補と思われるケンドラのファイルと、精液が保存された魔法瓶が見つかった。すでにハッチャーに接触されたケンドラの話から、被害者たちは認知訴訟で金を得る目的で出産し、殺されること以外は説明されていたとわかる。

 

 

押収したハッチャーのPCから父親の名前と金額のリストが見つかり、次の標的は10か月前に亡くなったエイブラハム・ゲラーだと特定される。ゲラーの弁護士に「少し前に送金した」と教えられたチームは、ゲラーの子供を出産したアンジェラを捜す。30分前にアンジェラが消防署の前にいたとわかり、その先にある墓地へ急行したチームは、アンジェラの赤ちゃんを連れたハッチャーを逮捕し、埋められたばかりのアンジェラを救出した。

 

 

8年前、否定されたリズの『犯人には殺し以外の楽しみがあるはず』というプロファイリング通り、聴取されるハッチャーは女性たちに産ませた子供を育てる喜びを語り、「子供たちには言わないでくれ」と訴えた。

 

 

 

拉致された導師

デンベが信頼する導師の信者がFBIテロ対策部の捜査対象になり、導師から相談されたレッドはクーパーに調査を頼む。クーパーがテロ対策部に探りを入れる中、導師が何者かに拉致された。

 

 

「ファイルによると信者がシリアからコンテナを密輸している」と、クーパーに教えられたレッドは密輸業者のコルバを脅し、テロ対策部が目を付けたジャラル・アッバスの隠れ家を聞き出す。クーパーに知らせることなく、武装したレッドはジャラルの隠れ家に乗り込むが、ジャラルは導師の拉致にかかわっていないうえ、シリアからの密輸は過激派から逃れた難民たちだった。テロ対策部が隠れ家へ急行中と知らせたクーパーに、「彼らは人道主義者だ」と報告したレッドは、保護した難民たちをヴァーモントの隠れ家へ逃がした。

 

 

導師が拉致された現場を調べ直したレッドの掃除人サキヤは、導師の机の角から15年前から服役しているアルトゥーロ・ルアルという男の指紋を見つける。その報告をデンベが受けている間に、レッドが倒れた。「導師を拉致した者の狙いは私だ」というレッドの直感通り、行方のわからない導師はカタリーナに捕らえられていた。

 

 

 

探偵の報告

リズが雇った“ゴーストハンター”の探偵はレッドの指示に従い、もぬけの殻になったイリヤの部屋をリズに見せる。いったんは監視がバレたせいでイリヤは逃げたと思ったリズだが、レッドの関与に気づく。裏切った理由を聞かれた探偵は「あんたは強敵に囲まれてる」と指摘し、リズはレッドも敵の1人という事実に愕然とする。イリヤの部屋に盗聴器を仕込んでいた探偵は、イリヤが何度も口にした“サコースキー・アーカイブ”に母親を救える情報があるはずと教えた。

 

スポンサーリンク

 

 

おちゃのま感想

3.5
今回の捜査はリズの未解決事件ということでしたが、ハッチャーはブラックリスト入りしますよね!しかし、ハッチャーに育てられていた子供たちのことを思うと、すっきりとした気持ちにはなれない事件です。

 

さて、今シーズンも残り少なくなりましたが、出てきましたね~。カタリーナ!デンベの導師を捕らえて、何を聞き出すつもりなのでしょう。導師はデンベのすべてを知っていて、デンベはレッドのすべてを知っているという図式?イリヤにした拷問を思うと、心配になる流れです。

 

ところで、オリーブ和牛なるものを初めて知りました。レッドは日本ツウですよね。そのレッドが倒れ、そちらの展開も非常に気になります。
0

コメント

テキストのコピーはできません。