お探しのドラマは検索窓からどうぞ

スイート・トゥース3~ 鹿の角を持つ少年~ 1~3【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
Sweet Tooth
スポンサーリンク

Episode1〜3

この記事は下記のエピソードを簡単にまとめたものです。詳細ははぶいておりますので、ご了承下さい。

第1話 始まりは終わり(The Beginning Is Also the End)
第2話 カントリーボーイの誇り(Thank God I’m a Country Boy)
第3話 群れ(The Pack)





【ざっくりあらすじ】ガス、ジェップ(ビッグマン)、ウェンディ、ベッキー(ベア)は、バーディのいるアラスカを目指し出発する。世界の広さを知らないガスが意気揚々とする一方で、長く厳しい旅になると知っているジェップの不安は募るばかり。

あらすじ

旅のはじまり

出発早々、不運が続いたことで、ジェップは無謀な旅をやめようとする。しかし、洞窟から自分を呼ぶバーディの夢を見ただけでなく、いつ感染するか分からないジェップやベッキーの身を案じるガスの意志は固く、一行はカナダ行きの船が出るという砂州を目指す。

砂州までの途中、アイダホのホテルに立ち寄った一行の前に現れたのは、自由の身になったシン医師だった。ラストマンの指示とはいえ、治療薬のために仲間のロイを殺したシンを許せないウェンディはもちろんのこと、ベッキーもジェップも反対するが、ガスは「アラスカの洞窟へ君を導くことが自分の使命」と言うシン医師を受け入れる。

シン医師の仮説では、バーディたち研究者は、万能薬を求めアラスカへ渡り消息を絶ったジェームズ・サッカーを捜す調査隊を送り、その調査隊が疾病とハイブリッドを持ち帰ったのだ。ガスが夢で見たアラスカの洞窟は、疫病やハイブリッドのはじまりだった。

新たな敵

全滅したラストマンに代わりガスを追うジャン(ヤン)は、アボットが小物に思えるほど冷酷な人間だった。動物園に残されたシンのビデオを入手したジャンは、解決の鍵はガスだと知ったのだ。ガスを使えば妊娠中の娘ジンジャーに人間の子が生まれると確信したジャンには、一刻も早くガスが必要だった。

ジャンがガスにかけた懸賞金のせいで、一行の旅はさらに厳しく困難になる。さらに、母ジャンに負い目のあるロージー(ジャンの長女)は、自身のハイブリッドの子どもたちにガスを追跡させている。

執拗に追われながら、ガスたちがたどり着いた海岸にはカナダへ向かう船(鯨の歌号)の姿はなく、一行は修理したボートで船を追いかけることにするが、無線を使ったことでロージーに居場所を知られてしまう。ボートの近くにいたガス、ジェップ、シンの3人は海へ逃れたが、ベッキーとウェンディは浜辺に取り残された。

バーディ

アラスカの地で治療法を探すバーディは手がかりとなる“ジェームズ・サッカーの日誌”を見つけるが、問題解決には至らない。行き詰まった状態のバーディにかかってきた電話はベッキーからのものだった。ガスが自分を捜していると知ったバーディはガスのもとへ行くと決め、アラスカで親しくなった友人シアナに別れを告げる。

「バーディの身に何かが起きたようだ」と知らされたシアナは、ハイブリッドの娘ヌカとバーディの痕跡をたどり、男の死体と、二足歩行するトナカイのひづめの跡を見つける。コロラドの自宅と電話で繋がったことで居場所がバレたバーディは男に襲われ、トナカイのひづめを持つ者に連れ去られていた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

さあ、いよいよファイナルですよー!気合をいれて見るぞ〜っと思いながらも、お別れを先延ばしにしたい。・・・そんなフクザツな心境です。そういう微妙な気持ちもあり(&優柔不断な性格もあり)、寄り道ストーリーや説明が多くなる前半部分は3話ずつサラっとまとめて、ラスト2話を噛みしめるように記事にしようかなと考えてます。

 

というわけで、まずは第3話まで視聴しました。予想通りではあるんですが、ガスたちのアラスカへの旅は困難だらけ。さらに、生き残ってる人たちの事情も倫理もそれぞれ。あのアンダーソン一家のように善意を失ってない人は、少数派なんでしょうね。世知辛いけど、生きるという切実な現実を感じます。

 

さて、ガスたちの旅に加わったシン医師ですが、自分としては違和感アリアリです。目的地が同じだとしても、仲間になるかな?シンはガスを洞窟へ連れて行くことを使命のように感じてるけど、シンが現れる前からガスたちが目指してたのは洞窟なわけだし。シンって必要かな?って、ちょっと思った件でした。今のシンなら、人類を救うためならガスを犠牲にすると思うんですよね。しかも、シンと一緒に旅することは、友人ロイをシンに殺されたウェンディにとって残酷すぎる仕打ちです(涙)

 

これで、ガス&ジェップ+シンはカナダへ向かうことになるんですよね。わたしは、冒頭からどこか憂いがあるジェップが心配です。ガスと共にラストまで完走してくれますように(祈)

 

ところで、これは明るい側面と言ってよいのか分からないけど、ガスやリチャード(パッバ)を捜さずにひとりアラスカに渡ったバーディに親友と呼べるシアナがいてくれてよかったです。孤独な日々でなかったことにホッとしました。
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。