ほぼ全記事ネタバレを含みます

レジデント 3 第11話「しがらみからの解放」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
The Resident
スポンサーリンク

Episode11 Free Fall

【ざっくりあらすじ】
チャスティンをクビになったコンラッドの落胆は大きく、訴訟を考える父マーシャルの電話にも出れない状態だった。一方、レッドロックは外科医の給与を処置の数に応じて支払う歩合制に変更し、オースティンは「過剰な治療を招く」と反発する。

 

 

 

 

デヴォンのインターン

コンラッドの代わりにチーフレジデントになったギャリソンは、“安い労働力のインターンを働かせろ”というレッドロックの方針に従い、「後輩たちをみっちり働かせて」と指示し、レジデント初日のデヴォンは2人のインターン、エズラとエリーンを指導することになる。

 

 

カンボジアへ行く前に、せきを診てほしいとERを訪れたオデルを診察したデヴォンは肺と胸に異常はないと確認したうえで、エリーンにオデルを任せる。デヴォンが衝突事故で搬送された患者を治療している間、診断を求められたエリーンは専門医のラングフォードに相談し、給与が歩合制になった影響で処置数を増やしたいラングフォードが強行した不必要な検査でオデルは入院する事態になった。

 

 

その後、連鎖反応のように悪化したオデルは心筋梗塞を起こし、手術を受ける。フォローに入ったケインは「当院に来たからこそ助かった」と術後のオデルに説明し、ラッキーだったと喜んでいるオデルを見たエリーンは自分を責める。「いい医師になれる」とエリーンを励ましたデヴォンは、医師には謙虚さと受容が欠かせないが、医療はビジネスと割り切ることも必要だと教えた。

 

 

 

オースティンとケイン

陽子線治療施設の爆発で大ケガを負ったアニーは(シーズン3第1話)、胸にたまった膿の感染が深刻になる一方で、ケガの手術で偶然見つかったがんは消えた。免疫療法が効いたと知らされたアニーは「がんが消えたなら人生を取り戻せるかも」と喜び、オースティンが提案したハイリスクな手術に同意する。

 

 

オースティンに目を光らせるケインは、オースティンの手術後の死亡率が標準より高いことを問題視する。重病患者を多く引き受けるオースティンは気にしないが、「俺の足を引っ張ってる」と言うケインは、絶対にアニーを死なせるなと命じた。

 

 

機械につないでも患者を生かす主義のケインは「アニー本人の意向も聞くな」と念押ししたが、オースティンは万一の際の措置についてアニーの意思を確認する。きっぱりと蘇生拒否の意思を示したアニーだが、同意書へのサイン前にコンラッドの意見を求める。大切なときに見守れないことを謝ったコンラッドは「君ならやれるよ」と励まし、コンラッドに勇気をもらったアニーは手術を乗り切った。

 

 

アニーの手術中、ミーナに、ケインが“救った”患者を長期リハビリセンター送りにしていると教えられたオースティンは、ケインの高い成功率と利益のからくりを知った。外科医としての信念を持つオースティンに「いったい何があんたを変えた?」と聞かれたケインは、「二度と逆らうなと」と威嚇する。ケインの脅しにひるまないオースティンは、いずれチャスティンは内部崩壊し、あんたも終わりだと指摘した。

 

 

 

コンラッドの決意

コンラッドの患者フィンは、クビになったコンラッドの代わりにニックから悪い検査結果を知らされた。「ついに最終章か」と現実をしっかり受け止め、残された時間でぶっ飛ぶ体験がしたいと言うフィンとニックは、コンラッドを励ます計画を思いつく。

 

 

フィンと無重力飛行を体験したコンラッドは想像以上にストレスを発散した。抜け殻状態だと本音を漏らしたコンラッドを心配するフィンは「あなたを必要としている患者のために、絶対に仕事を取り戻すんだ」と背中を押し、コンラッドはマーシャルに電話する。

 

 

電話に出ないコンラッドを心配し、チャスティンを訪れたマーシャルは、すでにキムと会っていた。「権力と金で私を抑え込めると思うな」と恫喝したキムの本性を悟ったマーシャルは、「やるなら覚悟して臨め」と助言する。勤務を終えたニックを出迎えたコンラッドは「レッドロックを潰す」と、すっきりした表情で宣言した。

 

 

 

ベルの副業

ついにアンドレアのサプリ“3Bライフ”が発売日を迎え、ベルはアンドレアと共に通販番組に出演する。秘書のグレイソンからベルの副業の件を聞いたケインは、発売記念のパーティーに顔を出す。チャスティンの理事会を出し抜いたベルを脅したケインは「パートナーたちも名医が加われば喜ぶ」と言い、当然のように分け前を要求した。

 

スポンサーリンク

 

 

おちゃのま感想

3.5
シーズン3、第2章のはじまり…という印象のエピソードでした。

 

マーシャルも駆けつけ、コンラッドも立ち上がり、いよいよ反撃開始ですね。ワクワクする展開になってきましたが、巨大なレッドロック相手にいったいどうやって戦うのか、まったくわかりません。ケインやキム個人は、叩けばほこりが出ると思うけど、レッドロックの攻めどころって何だろう?

 

ジェシカの件もあり、チャスティンのスタッフたちの不満もたまっていると思うので、一致団結して権力に立ち向かう姿を見たいです。

 

ところで、ケインとアンドレアが・・・なんて展開はないですよね~。( 一一)
0

コメント

テキストのコピーはできません。