ほぼ全記事ネタバレを含みます

ブラックリスト 7 第13話「ニュートン・パーセル」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
The Blacklist
スポンサーリンク

Episode13
 Newton Purcell (No. 144)

【ざっくりあらすじ】
FBIが外国の攻撃だと考える、大企業だけでなく国防総省やCIA、NSAを顧客に抱える『オプティマス・データ』の爆破事件を調べたレッドは“国内の案件”と判断する。「犯人の狙いがなんにせよ、目的達成まで犯行は続く」と警告されたチームは捜査を始める。

 

 

 

 

見えない脅威

オプティマス社の爆破された施設の防犯カメラに映っていた盗難車が見つかり、その車にはオプティマスの施設があるウェストレイクの市議会議員、ヒーリーの遺体が乗せられていた。

 

 

ヒーリーの死因は音波だと特定される中、オプティマスの盗難されたデータのバックアップを調べたチームは、犯人の次の標的はヒーリーと同じく、オプティマスから裏金を受け取っていた議員のビショップだと特定する。

 

 

ビショップの保護は間に合わず、荒らされたビショップの部屋で見つかった補聴器から犯人はウェストレイクの住人、ニュートン・パーセルだと特定される。パーセルの自宅へ踏み込んだリズとパクはブレーカーを落とし、音波装置で殺されようとしていたビショップを救出する。パーセルに襲われたパクは暴走し、リズはパーセルを殺そうとしているパクを止め、パーセルを逮捕した。

 

 

音をブロックするようパーセルの補聴器を調整した医師が「サーバーの冷却システムが出すノイズは命にかかわる病気につながり得る」と説明したように、パーセルは始終聞こえる騒音に苦しみ、仕事も愛する人も失っていた。騒音の元であるデータセンターだけでなく、ヒーリーとビショップが狙われた理由は、オプティマス社から裏金を受け取ったふたりが騒音被害の調査を中止し、データセンターの建設を後押ししたからだった。

 

 

リズに逮捕時の暴走を注意されたパクは「司法長官を撃ったでしょ」と反発する。「だから分かる」と理解を示すリズは、対処しなければダメと助言した。

 

 

 

レッドとグレン

闇価格1200万ドルのトリチウムを運べるか否かのテストケースの輸送を運輸局のグレンに任せたレッドは、窮地に立たされる。輸送の書類をタイプミスしたグレンのせいで、大切なテストケースの車は別のディーラーへ届けられたのだ。

 

 

グレンに2日の猶予を与えたレッドに、さらに悪い知らせが届く。レッドの車は販促キャンペーンの“手をボディにぺったんこ”という耐久レースの優勝商品にされ、グレンは優勝することで取り戻すつもりなのだ。

 

 

約束の時間が迫り、「私を疑うのはいいが、決してグレンを疑うな」と苛立つ取引相手にうそぶいていたレッドの前に、勝利の車を手に入れたグレンが現れる。“手をボディにぺったんこ”レース3度目の優勝を狙うライバル牧師にレッドが接触したとも知らず、グレンは「大事なのは1人でやれると証明したこと」と得意げに語る。名残惜しそうに解体される勝利の車を見つめるグレンに、レッドは新車をプレゼントした。

 

 

 

エロディーのウソ

いつか自分の子供を持ちたいと思っているアラムは、「子供は欲しいけど諦めた」というエロディーとの付き合いを思い悩む。リズに「考えすぎよ」と指摘されたアラムが自分の感情に従うと決める中、病院へ搬送されたエロディーの夫チャールズが亡くなった。

 

 

チャールズのお別れの会に顔を出したアラムは仕事の電話に出るため、友人たちが集まる部屋を出る。探るつもりもなく入った部屋で、アラムはエロディー夫婦の婚前契約書を目にしてしまう。契約書には『離婚をしたらエロディーはいっさいの財産分与や扶助料を受けず、チャールズがエロディーより先立った場合は1000万ドルの財産分与を受ける』と記されている。エロディーから「婚前契約もしてないけど、夫を見捨てることはできない」と聞かされていたアラムは愕然とした。

 

 

 

ゴーストハンター

リズは個人的に“イリヤ・コズロフ”を捜し始める。イリヤの消息はつかめず、リズが調査を頼んだFBIの知人はイリヤのような“ゴースト”を捜す“ゴーストハンター”を紹介する。“高いし、現金払い”というゴーストハンターへの支払いに、リズは、トムの「雨に備えろ」という教えに従い木箱に隠していた現金を使う。用心深いゴーストハンターと接触したリズは、報酬とイリヤの情報を渡した。

 

スポンサーリンク

 

 

おちゃのま感想

3.0

 

今回も繋ぎのように感じるエピソードでしたが、アラムとパクの個人的な問題を描くための布石ですかね?それとも、レッドとグレンの仲直りがメインだったのかな?(;^_^A

 

エロディーにもてあそばれてるんじゃないかと心配なアラムですが、婚前契約についてのウソで目を覚ますでしょうか。それとも、婚前契約はエロディーの個人的な問題と考えるかな?アラムには、イリヤの名づけ子の結婚パーティに侵入した件についてエロディーを追及してほしいのですが、骨抜き状態ですよね~(涙)

 

リズはイリヤを捜してたんですね。個人的に調べてるってことは、レッドに知られたくないからですよね。レッドの正体を追及した結果、レッドを死刑寸前まで追い込み、母を捜した結果、あのカタリーナを危険にさらしたリズなので、イリヤを捜した結果が心配です。リズがイリヤを捜していると知れば、レッドはイリヤを守ると思うんですよね~。レッドとリズの互いへの感情は複雑すぎです。
0

コメント

テキストのコピーはできません。