掲示板作りました

インスティンクト~異常犯罪捜査~1 第2話「正常は退屈」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

 

スポンサーリンク

Episode2 Wild Game

【ざっくりあらすじ】
儀式殺人を思わせる遺体が見つかった。2週間前撃たれたばかりのリジーは休養中にもかかわらず事件を担当するつもりでいる。リジーを心配する上司で親友のジャスは、ディランに協力を求めることを条件に捜査を許した。

 

 

 

 

4人の容疑者

現在の生活を壊したくないディランは、リジーの相棒の件を断っていた。しかし、またしても編集者のジョアンに「アドレナリン全開の作風が人々に愛される」と市警への捜査協力を強く勧められ、リジーの捜査に協力することにした。

 

 

古い矢のようなもので殺された被害者は、43歳のベンチャー投資家セバスチャン・トレヴァーだった。聖職者ふうに剃髪され、口にはパンが押し込められ、拷問のようなポーズをとらされた遺体を見たディランは興味を持った様子で「制裁であるのは確か」と断言した。

 

 

トレヴァー殺害の動機がある人物は、殺害時ボゴタへ里帰りしていた妻のセレーナ。セレーナの友人で、農場直送がウリのレストランと先祖から受け継いだ農場を担保にトレヴァーに多額の借金をしていたノラとローマンのチェッキーノ夫妻。そして、先週トレヴァーに接近禁止令を申請されたチェッキーノ夫妻のレストランのシェフ、ヘイリーの4人だ。

 

 

 

第2の殺人

チェッキーノの店で人が騒いでいると苦情の通報が入り、駆け付けたリジーとディランはトレヴァーと同じように制裁の儀式が施されたヘイリーの遺体を発見した。これで犯人の目的が“制裁”だとはっきりしたが、その“動機”はディランにも見当がつかない。

 

 

ディランは今回もCIA時代の友人ジュリアンを頼り、セレーナとトレヴァーの婚前契約の内容を入手した。ふたりは「結婚後5年以内に子供が生まれない場合は、妻への財産分与を制限する」という婚前契約をしており、5回目の結婚記念日前にトレヴァーが死んだことでセレーナは財産を得たことになる。しかし、夫を愛していたと涙を流すセレーナは「夫とふたりで、コロンビアから赤ん坊を養子に迎えようとしていた」と説明した。

 

 

 

白馬の騎士

「夫は白馬の騎士だった」というセレーナの言葉を聞いたディランは、被害者のトレヴァーとヘイリーは“犯人の敵”ではなく、“犯人にとって大切な人の敵”だと気が付いた。この犯人像に合う人物は、ローマンとノラの幼馴染で、農場で働くグウェンだけだった。ローマンを守るためにグウェンが犯行を行ったと確信したディランは、グウェンのもとへ向かおうとする。しかし、リジーはまずグウェンをよく知るローマンから話を聞くことにした。

 

 

ローマンとノラとグウェンは幼馴染だった。ローマンの話では、ノラはグウェンを嫌っていたが、ローマンは家族同然のグウェンを支え続けていた。「いつも優しい君に愛情を募らせ、君を守らなければと思っている」と、グウェンの考えを教えられたローマンは、突然ノラの心配を始めた。現在ローマンとノラは別居しており、グウェンはノラが娘のビーを奪うことを心配していたのだ。

 

 

「ノラが来たら保護して」と農場の入り口で待機させられたディランは、争った痕跡があるノラの車を発見した。ディランがサイロの中で意識を失っているノラを見つけると、グウェンが小屋に現れた。平然とした様子で会話をしながら小屋に施錠するグウェンに気づかれないように、ディランはリジーにメッセージを送った。「サイロだ」というメッセージを受け取ったリジーは外壁にかけられた梯子からサイロに入った。

 

 

グウェンと対峙したディランは「ノラは敵じゃない」と説得してみるが、迷うことなくグウェンはサイロのスイッチを押した。飼料に埋もれながらリジーはノラを助け、鎌を持つグウェンはディランが取り押さえた。リジーから受け取った手錠をグウェンにかけたディランは「君の人生には心から同情する」と言葉をかけた。

 

スポンサーリンク

 

その後のこと

グウェンの犯行を裏付ける証拠も押収され、ディランには警察から感謝状が贈られた。

 

 

ディランの講義に顔を出したリジーは「これまで相棒の命を守れなかったと、どこかで自分を責めていた」と打ち明けた。「白馬の騎士症候群の気がある」と揶揄したディランに、リジーは「相棒に」と二度目のオファーをした。その言葉を待っていたかのように、ディランは「喜んで」と返事した。

 

 

ディランの自宅では『捜査用の書斎』をアンディが準備した。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

前回の事件後、ディランはリジーの相棒を断ってたんですね~。

 

編集者のジョアンが言うように、捜査中のディランは生き生きして見えます。アンディは別にディランが捜査協力することに反対ではないようです。むしろ賛成してるように感じたんだけど?

 

リジーに辛い過去があるように、ディランにもCIA時代の辛い過去があるのかもしれませんね~。ディランが捜査協力に迷っていたのは、アンディのためというより、何か別の理由があるのかな。

 

リジーとディランがメインのドラマですが、わきを固める俳優さんたちを見るのも楽しみです。チョイっと顔を出すジョアン役のウーピーは今回も存在感ありました~。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました