『Major Crimes~重大犯罪課』あらすじ感想はこちら

レジデント 1 第8話「家族の形」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Resident

 

Episode8 Family Affair

【ざっくりあらすじ】
チャステイン病院の資金集めのパーティにホームレスふうの女性が乱入した。混乱した様子の女性は卒倒し、ERへ運ばれた。女性を着替えさせていたニックは、背中に心電図の電極パッチを見つけた。それはアトランタ総合病院が使っているものだった。

 

 

 

 

 

ベルの使い道

支援者たちに院内を見せていたベルは、先ほどの女性が病室にいることに気が付いた。コンラッドは「検査中」と説明するが、慈善事業じゃないと怒るベルは「治療して帰らせろ」と指示した。しかし、アトランタ総合病院が追い出した患者かもしれないとニックが指摘すると、ベルは自らアトランタ総合病院へ連絡を入れると意気込んだ。

 

 

所持品から、女性はジョージアの富豪レーヴェンスクロフト家の娘サラだとわかる。ニックはサラが個展を開いた際の動画を見つけた。「幼い頃から絵を描くのが好きでした」と嬉しそうに挨拶しているサラは、ホームレスふうの身なりの女性と同じ人だった。

 

 

連絡を受けたサラの母親は治療費を払うと言い、統合失調症のサラに抗精神病薬を与えてくれと頼んだ。ニックは「当院の診断では精神疾患ではない」と説明しようとするが、その道の権威に診てもらったという母は「その診断は間違いです」と断言した。

 

 

このままではサラは元の病院へ戻されることになる。検査の時間を稼ぐため、コンラッドはベルを利用した。追い出そうとしたホームレスの女性が富豪の令嬢と知ったベルは、コンラッドの思惑通りサラを引き取りに来たアトランタ総合病院のスタッフを追い返した。

 

 

 

人生を変える診断

「もし本当の原因が分かれば、金銭的な見返りが得られるかも」とコンラッドに囁かれたベルが医師同伴で現れたサラの両親の相手をしている間、コンラッドとニックは診断を急いだ。症状を突き合せたふたりはサラの皮膚を調べ、頭部に痕を発見した。至急ラボで検査した結果、サラは臓器の血管が侵されるヴエゲナー肉芽腫症だと判明した。娘の統合失調症を受け入れているレーヴェンスクロフト夫妻は容易に信じようとしないが、同行していた医師がコンラッドの診断を支持し、統合失調症ではないと断言した。

 

 

意識の戻ったサラは病院にいると気づくと、逃げようとする。珍しい自己免疫疾患で治療で治ると教えられたサラは、「我々が間違っていた」と謝る両親と抱き合った。そっと病室を出て行くニックとコンラッドに感謝したサラは、ニックに絵を描くと約束した。

 

 

さっそくサラの病室へ来たベルを、コンラッドは「カネの無心は改めて」と止めた。カネが全てじゃないとその場は引き下がったベルだが、命を救った富豪を見逃すはずがない。

 

 

 

デヴォンの家族

婚約者のプリヤを交えた両親とのディナーの最中、デヴォンに「人手不足」とコンラッドから呼び出しが入った。

 

 

病院へ戻ったデヴォンは、“ジゴロ”を生業にしているチャニングを診察した。国際学を学んだというチャニングは、デヴォンの両親に対する苛立ちを理解し、「お父さんは婚約者のカーストを気にしているんだろう」と指摘した。チャニングが察した通り、婚約者のプリヤの両親はロンドンで弁護士をしており、一方デヴォンの父はインドからの移民でタクシー運転手で家計を支えている。

 

 

結婚を控えるデヴォンの両親への気持ちを見抜いたチャニングは「両親を恥じる気持ちはわかる」と言い、デヴォン自身に父がどんなに素晴らしい人間なのかを思い出させた。チャニングの話術に感謝したデヴォンはカウンセラーになることを勧め、息子と話すためわざわざ病院を訪ねてきた両親のもとへ向かった。

 

 

「待合エリアで待っていて」とデヴォンに言われていた両親はパーティを楽しんでいた。インドの資産家だと勘違いしたハンターの接待を受けている両親を見つけたデヴォンは、恥じることなく両親をハンターに紹介した。態度が悪かったことを謝ったデヴォンはプリヤの家族との顔合わせを提案し、ふたりを喜ばせた。

 

 

 

恋する患者

以前心臓移植を受けたマイカが定期検診にやってきた。資金集めパーティに駆り出されたミーナのドレスアップした姿に目を奪われたマイカは「移植を受けた人間はドナーの性格も移るかもしれない」という不安を理由に、ミーナをデートに誘った。ミーナは「テイクアウトのコーヒーだけ」とマイカに付き合い、患者とは付き合わない主義だときっぱり断った。

 

 

「一瞬心臓が止まった」と呼び止めたマイカに、ミーナは思わず笑顔になった。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★

ハンター先生の件はお休みでした。残念。

 

サラのご両親は、病棟のひとつかふたつ、ポーンと寄付してくれたでしょうか。ベルがサラを追い出そうとしたことなど、なかったことになってしまいましたが、コンラッドとニックもベルの手腕が必要だったので仕方ないですね。互いに嫌いつつも、病院という組織の中で共存してる関係なんですよね。

 

デヴォンのパパ役は『ビッグバンセオリー』のラージのパパを演じてるブライアン・ジョージ(Brian George)さんでした。とぼけたクースラポリ氏とはまた一味違う、息子を思う良い父役でした。

 

素直に表せない両親への思いに悩むデヴォンに大切なことを思い出させたジゴロさん。彼が成功してるのは、顔ではなく、その人柄なんでしょうね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました