お探しのドラマは検索窓からどうぞ

10月のつれづれ 2023

こんにちは、おちゃのまのねこ管理人のaboです

 

このページは、ドラマに限らず、趣味であるテニス観戦や日々のことなどわたしのひとりごとを綴っています。気を付けておりますが、ネタバレを含むこともありますのでご了承の上お読みください(*- -)

 

 

 

Week4

 

29 Sun

オットーという男

今週末の映画は、トム・ハンクス主演の『オットーという男』。愛妻に先立たれた頑固で偏屈、そして孤独な老人オットーが、向かいに引っ越してきた陽気な一家との交流から再び前へ進み始める物語。亡くなった妻との思い出にしがみついてるオットーの哀しさや、そんなオットーを見守る地域の人や、新たな隣人マリソルの優しさや、何やかや言いながらも野良猫さんに癒やされるオットーや・・・心の琴線に触れまくりの映画だった。まるでモノクロの世界にいるような感覚だったオットーがマリソル一家と出会い、凍りついていた心を少しずつ溶かしながら本来の自分を取り戻し立ち直ってゆく姿に、感動しながら泣いてしまった。

 

24 Tue

グレイズ・アナトミー

シーズン19をようやく視聴し始めたのだけど、ちょっと意外だったのが、新加入のレジデント5人組がかなり目立ってるってこと。メレディスの同期5人組を彷彿とさせる新人たちにノスタルジックな気持ちになったりするけど、やっぱり見たいのはメレディス世代(ベイリーやリチャード含む)の物語。新人たちの物語はサイドストーリーでよくない?彼らがワヤワヤしてるので、メインキャラたちがこれまで紡いできた物語が薄く感じてしまうよ。もめてるテディとオーウェンなんて、もはやドタバタコメディみたい。

 

23 Mon

グランプリシリーズ

ジャパンオープンテニスを堪能したばかりだとゆうのに、フィギュアスケートのグランプリシリーズが開幕して、贅沢三昧な気分。配信(もちろん有料)もあるけど、地上波(無料だし)でいいやって思ってたら、なんと女子フリーは放送しないのね。ややシラケモードで録画したのを見たら、町田樹さんの解説に惚れてしまった。素晴らしい!のひとこと。技だけでなく、プログラムのテーマや表現しようとしてる情感やマイムの意味など、とてもわかりやすく解説してるのよ。解説者のみなさん、まっちーをお手本にしてください。

 

Week3

 

20 Fri

望月慎太郎

すごいっ、すごいっ、すごい!!木下グループジャパンオープンテニスにWCで出場してる望月慎太郎選手がベスト4進出!ツアー初勝利に涙したあと、2回戦のフリッツ、QFのポピリンと強豪相手に、走って粘って踏ん張って・・・と、渾身のテニスを見せてくれました。ウィンブルドンジュニアで優勝したこともあり、注目度も期待度も高く、プレッシャーの日々だったんだろうな。大会前215位だったランキングもぐぐぐぐ〜〜んとアップして、トップ100が見えてくる。さらに嬉しいのが、応援したくなるプレーをしてること。あしたも応援するよー!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

16 Mon

ホイール・オブ・タイム

シーズン1の出来事が忘却の彼方だった『ホイール・オブ・タイム』、シーズン2の視聴終了。全く関係ないファンタジー系ドラマとごっちゃになり、なんのことやら状態のストーリーがもっと分からなくなると思って、シーズン2は最終話まで配信されるの待ってイッキ見。シーズン1から約2年の時を経てることもあり、リキャストされたマットも違和感(ほぼ)なし。序盤は記憶の糸をたどるような気持ちで見てたけど、世界観に引き込まれるとがぜん面白くなって、はやくもシーズン3への期待が膨らんでおります。シーズン2は、これまで影が薄い印象だったエグウェーンが凄まじかった!あのダマネ(主に絶対服従させられる奴隷)の迫真の演技は圧巻!

 

Week2

 

15 Sun

ジャパンオープン

木下グループが冠スポンサーになったジャパンオープン🎾。昨日、今日と予選があって、明日から本戦スタート。今年からATPのスケジュールが変更になったこともあり、いまひとつワクワク感が乏しかったのだけど、テニスファンにとって年に一度のお祭り週間のようなものなので、やっぱり自然と心が沸き立ってきてるみたい。わたしの注目選手はノルウェーのルード。ファイナルレースも現在10位と微妙なポジションなので、東京優勝ではずみをつけてほしいな。それにしても、今年はフランス勢がゼロという寂しさ(ー_ー)

 

10 Tue

ヤング・シェルドン

まさかネトフリで配信されるとは思ってなかった『ヤング・シェルドン』を視聴中。寝る前枠のドラマで毎晩1話ずつ。シーズン2中盤に差し掛かったところなんだけど、『ビッグバン・セオリー』を見て、勝手に想像してたクーパー家とかなり違う。ここまでのクーパー家は問題はあるけれど、楽しい家族という印象。大人シェルドンがあまり語らなかったパパにしても、パパなりに子育て頑張ってると思うのよ。シェルドンを筆頭に、家族全員クセが強いんだけど、最強キャラはばあば。孫に甘々というより、甘辛。人生を謳歌してるばあばは、かっこいい!ちなみに、子供シェルドンは可愛いんだけど、中身は大人シェルドンと同じ・・・(~_~;)

 

Week1

 

5 Thu

アソーカ

この数週間、水曜日のお楽しみになってた『アソーカ』。昨日、配信された最終話は思い切ったクリフハンガーで終わり、この先どうなるの?と意味もなくヤキモキしてしまう〜。シーズン2が確定してるのかもしれないし、もしくは、『マンダロリアン』などの別のSWシリーズへ続くのかも。『アソーカ』の内容は完全に『反乱者たち』の続編だったので、『マンダロリアン』との繋がりがほぼなかったものね。どこかでマンドーのおじさんとグローグーが登場するのではないかと思っていたのにな。兎にも角にも、『アソーカ』のおかげでアニメ版のSWシリーズの面白さを知ったのは大きな収穫。

 

3 Tue

アクションチャンネル

10月からAXNがアクションチャンネルになったのだけど・・・馴染めないわ〜。AXNミステリー→ミステリーチャンネルは、違和感なしに(むしろ、気づかないくらい自然に)馴染めるけれど、AXN→アクションチャンネルって。今後はアクションドラマに力を入れてってことになるみたいだけど、ジャンル限定って好みが分かれそうな予感。局名変更の影響ではないはずだけど、アクションチャンネルさんになってから、録画に手こずってるのはなぜだろう?番組名での予約や、月〜金の連続予約とかができないのよ。何を録画してるかとゆうと、凝りもせず『重大犯罪課』だったりして。(ー_ー;)

 

2 Mon

10月

はやいもので、今年ものこり3か月。ギラギラの夏は心もトゲトゲしてたけど、少しだけひんやりするようになった風に秋の気配を感じて、なぜだか穏やかな気持ちになったりしております。心地よい季節の秋はひとりのんびりと過ごしたいな、なんて思うけど、予定がびっちり。自分のスケジュールとは思えないほど盛りだくさんの予定に、全部こなせるのかと戦々恐々(自分でスケジュール組んだくせに〜)そんなわけで、ドラマでまったりな日々は遠い。・・・と、これは日々のつれづれが週イチのつれづれになりつつある言い訳です(~_~;)

 

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。