ほぼ全記事ネタバレを含みます

10月のつれづれ 2020

こんにちは、おちゃのまのねこ管理人のaboです

 

このページは、ドラマに限らず、趣味であるテニス観戦や日々のことなどわたしのひとりごとを綴っています。気を付けておりますが、ネタバレを含むこともありますのでご了承の上お読みください(*- -)

 

 

 

Week4

 

20 Tue

テニスいろいろ

先週はケルン1のダブルスでエルベール/マウ組が優勝した。中断期間があり、大会数も少ないというのにマウさんは今シーズン3勝目で、エルベは2勝目。残念なのはダブルスはテニスTVでも配信されないってこと。1000の大会はあるけど、それ以外はほぼなし。実況なしでカメラも固定でいいので、配信してほしいよ。今週アントワープ参戦だった錦織選手はWDになってしまった。1つでもランキングをあげたいだろうから、来週のウィーンには間に合いますように(祈)ところで、再来週のパリの大会は開催できるんだろうか?その先のファイナルのロンドンも判断が難しそう。

 

Week3

 

18 Sun

シカゴ7裁判

今週末はコレを見ようと決めてたNetflix映画『シカゴ7裁判』を見た。1968年のシカゴが舞台で、ベトナム戦争に反対するデモ隊を扇動したとして逮捕された活動家たちの裁判を描く物語。監督&脚本がアーロン・ソーキンという事で、これは見ねば!と思ったのだけど、期待通りの内容だった。臨場感あふれるセリフに引き込まれ、有罪ありきの裁判の流れに感情を揺さぶられ、その結末に希望が見える・・・そんな映画。見てよかった。

 

16 Fri

シッツ・クリーク

シーズン1を見終わり、シーズン2に入ったところ。このドラマ、じわじわくる。心をがっつりつかまれたという感じではなく、じわじわ~っと愛着がわいてきた感じ。古びたモーテルの狭い部屋で暮らす元大金持ちローズ一家や、個性的な町の住人たちの、どこかとぼけた雰囲気がわたしの波長と合う感じ。シッツ・クリークの町って、時間の流れがゆるやかなところがいいわ~。その町になぜかしっくりと馴染んでるローズ家の人々の場違いな金持ち感がツボ。お金ないのに…(¬_¬”)

 

15 Thu

Love Life

スパドラで始まった『Love Life』。1時間枠だったのに、30分ほどで終わってビックリ。油断してしまったわ。期待値が高かった分、ちょっと物足りないかな~という感想の第1話だったのだけど、主人公ダービーの率直な可愛さは伝わってきた。テーマはNYで仲間たちと暮らすダービーの恋愛模様で、出会いと別れを繰り返す内容なのかな。『SATC』もそうだったけど、運命の相手と出会ってたとしても、紆余曲折がないと物語にならないものね。次はどんな出会いがあるんだろう?という視点で楽しもうと思う。

 

14 Wed

アボンリーのクリスマス

『アボンリーへの道』終了から数年後のクリスマスシーズンを描いた特別編をAmazonプライムで見つけ、さっそく視聴した。これ、単なるクリスマスの物語というのではなく、ヘティを中心としたキング家のみんなに焦点をあてた、素晴らしい内容だった。90分の中に詰め込まれたそれぞれの物語がどれも感動的で、何度も涙腺が緩んでしまったよ。1998年に作られたものだけど、色あせてなくて、ホント素敵な作品だと思う。心を温めてもらいました。

 

13 Tue

アレックスライダー

AXNで放送が始まったスパイドラマ『アレックス・ライダー』の第1話を見てみた。交通事故で亡くなった育ての親である叔父さんの死に疑問を抱いた主人公アレックスが組織に(強引に)スカウトされ、スパイの道へはいってゆくという内容。ちなみに銀行員だと思ってた叔父さんもスパイだった。アレックスは高校生なんだけど、子供向けのスパイドラマではなく、重厚な空気が漂ってる。第1話はアレックスの背景を描くとともに、秀でた能力を見せる内容で、高校生の顔とスパイの顔のギャップがよかった。展開も早くてスリルもあり、これは面白そう。

 

12 Mon

レッドライン

スパドラで放送されてた『レッドライン』を見終わった。強盗に襲われたコンビニ店員を助けようとしていたアフリカ系医師を駆け付けた警官が射殺した…という始まりで、現在アメリカが抱える社会問題とオーバラップする内容。重いテーマを真摯に描いており、夫を射殺されたダニエルを演じるノア・ワイリーはもちろん素晴らしいのだけど、射殺した警官エヴァンス役のノエル・フィッシャーの怪演ぶりが際立ってた。シーズン1で打ち切りになったものの、ラストはまとまっているのでモヤモヤ感はなく、むしろここで終わってよかったと思えるものだった。

 

Week2

 

11 Sun

全仏テニス

独断で秋開催に日程を変更したこともあり、半端ないプレッシャーがあったはずの全仏オープンも今日が最終日。感染拡大が懸念される状況下にもかかわらず、ゆる~い感染対策に驚いたけど、なんとか無事に終了しそう。女子シングルス優勝のシフォンテクの無心の強さ、連覇した男女ダブルスのチーム力。日本勢対決となった車いすテニスの女子シングルス決勝。いろんなシーンで感動させてもらえました。あとは男子シングルス決勝を残すのみ。わたしはラファのファンなので、毎ポイント全力で戦うラファを全力で応援して、良いエネルギーを発散させるつもりです╭( ・ㅂ・)و̑

 

9 Fri

更新からのキャンセル

シーズン2へ更新されてた『ビカミング・ア・ゴッド』がキャンセルになってしまった。今年は撮影ができない状況が続いたこともあり、いったん更新が発表されたドラマがキャンセルになるケースが出てきてる。諸事情あると思うけど、スケジュール的な問題が大きいのかな。今の状況だと、キャンセルされるドラマが増えるかも。内容的にクライマックスと言えそうな『ブラックリスト』とか『ハンドメイズテイル』あたりは、次シーズンがファイナルってことになったりしないかと気になる~。

 

5 Mon

TWD

今夜放送されたシーズン10第16話を見終わったところ。密だった~。CGを使ったとしても、超密な撮影だったと思う。絶体絶命の危機の中、命がけの戦いを描くには譲れない部分だったんだろうね~。実はこれまでのお話をかなり忘れてて、バージルなんて「この人誰だっけ?」と思い出すのに一苦労したのだけど、これ、かなり良いエピソードだったと思う。戻ってくるとアナウンスされてたマギーについては救世主的な登場しかないだろうと想像してたので、サプライズな印象はなかったのだけど、難しい立場でありながら頑張るリディアと、素直でないニーガンに涙が出てしまった。気持ち的にはこれがシーズン10のフィナーレのような感じだけど、来年続きの6話が放送されることになってるんだよね~。待ち遠しすぎるよ…( ノД`)

 

Week1

 

4 Sun

クリマイ

WOWOWで放送中のファイナルシーズンも残り5話。過去の事件をモチーフにしたエピソードや、リード周辺の変化など、お別れを盛り上げる内容をかみしめながら視聴しております。そんなファイナルシーズンの第1話にホッチの声を吹替されていた森田順平さんがゲスト俳優さんの吹替で参加されていて、感動してしまった。きっと、最後にもう一度みんなで仕事しよう!ってことだよね。それは無理だとわかってるけど、やはりできることならどこかで元気に暮らしてるホッチの姿とともに、森田さんの声を聞きたかったな。そんなことをしみじみ思うと、なんだか切ない気持ちになっちゃう(>_<)

 

3 Sat

全仏ダブルス

日本勢は女子ダブルスの青山/柴原組が残るのみとなった全仏。昨日あった2回戦の大逆転勝利は素晴らしくて、このまま波に乗って勝ち進んでほしい。そして、今夜は男子ダブルスに熱狂。長らく応援しているエルベール/マウ組が粘りのプレーで逆転勝利。しかも対戦相手は久々に組んだソック/ポスピショルというダブルス好き興奮の好カード。流れは完璧ソックポスだったので、ハラハラした分、勝利の興奮はデカイのです。パパになったエルベのコート上での存在感が頼もしかった。ところで、パリは封鎖を検討してるというニュースを見たんだけど、大丈夫かな。

 

2 Fri

ミルドレッドの魔女学校

ネトフリで配信が始まったシーズン4を見始める。ここから主人公ミルドレッドの俳優さんがチェンジするので、どんな理由をこじつけるのかと興味津々で第1話目を見た。「ミルドレッドならそうするよね」って理由での変身なんだけど、思ってたよりずっと自然な印象。見た目は似ても似つかない全くの別人なのに、仕方ないよね~って思える。ところで、ハートブルーム先生って、『ダウントン・アビー』に出演されてたのね。最近ダウントンの映画を見て、ちょっとした衝撃を受けてしまった。

 

 
0
テキストのコピーはできません。