お探しのドラマは検索窓からどうぞ

11月のつれづれ 2023

こんにちは、おちゃのまのねこ管理人のaboです

 

このページは、ドラマに限らず、趣味であるテニス観戦や日々のことなどわたしのひとりごとを綴っています。気を付けておりますが、ネタバレを含むこともありますのでご了承の上お読みください(*- -)

 

 

 

Week4

 

22 Wed

アップロード

アマプラドラマのデジタルなあの世をテーマにした『アップロード』シーズン3、視聴終了。シーズン3は“あの世”から“この世”へ舞台の中心が移動して、内容の方もお気楽モード(デジタルなあの世の様子がコミカルだった)からシリアスモード(どす黒い陰謀など)へシフトチェンジした印象。そんなアップロードの世界で、いまひとつ共感できないのが、デジタルなあの世を切望する気持ち。大切な人たちとずっと一緒にいたい気持ちはわかるけど、文字通り頭を吹き飛ばすアップロードは非常に非常に抵抗を感じるのよ。しかも、デジタルなあの世も金次第…(ー_ー;)

 

Week3

 

19 Sun

ボッシュ:受け継がれるもの

シーズン2、視聴終了。シーズン1がハラハラなクリフハンガーだったこともあり、待ちわびてたシーズン2。危機的状況に陥ったマディの迫真の演技に引き込まれ、ふとした表情にマディの苦悩を感じ、色んな意味でマディの成長を実感した。作品のカラーもあるけど、これまでのマディはさっぱりあっさりな雰囲気だったので。そして、何より今年の3月にお亡くなりになったランス・レディックさん演じるアーヴィング登場シーンに、胸がいっぱいになった。切ない気持ちなってしまってるけど、新たな章に入りそうなシーズン3も楽しみ。

 

15 Wed

ヤング・シェルドン

シーズン7での終了が発表された。ヤングシェルドンの物語なので、子供時代のうちに終了するのは仕方ない。ネトフリで配信中のシーズン4まで見て、良い意味で意外だったのは、シェルドンと双子の妹ミッシーの絆が強いこと。互いに我が道を行く兄妹だけど、根っこの部分では理解しあってるって感じ。ママいわく“すべての人を見下してる”シェルドンだけど、ミッシーの言葉には耳を傾けるのよね。さすが、ふたご。シーズン4は、パパとママに決定的に思える亀裂が入ったところで終了して、なんだか暗い気持ちになってしまった。そんなわけで、ネトフリさん、シーズン5のはやめの配信おねがいします(._.)

 

13 Mon

Paramount+

12月からWOWOWオンデマンドで配信が始まるParamount+。期待しすぎてたみたいです、わたし。新作や未視聴のドラマが山盛りかと思いきや、旧作中心。目玉作品は順次配信ってことみたい。心躍るラインナップを期待してたのでガッカリ感は否めないけど、12月はジェレミー・レナー主演の『メイヤー・オブ・キングスタウン』をチェック!日本初上陸ドラマだし、評価も高いし、これは見なければ。(実生活で)瀕死の重症を負ったジェレミー・レナーさんも回復中で、このドラマのシーズン3で俳優復帰されるとのことで、本当によかった。

 

Week2

 

12 Sun

ビリー・ジーン・キング・カップ

週末は女子テニスの国別対抗戦BJKカップで燃えました!コロンビアチームとの対戦で、第5試合のダブルスまでもつれる大接戦。日本のダブルスはアオシバ。メキシコでのWTAファイナルズに出場してたこともあり、ハードな日程だったと思うけど、キレキレのパフォーマンスで勝利をもたらしてくれました。勝った日本チームは来年のファイナル予選へ。楽しみが膨らむ〜〜。日本勝利で大興奮だったけど、いいなって思ったのは選手全員が楽しそうだったコロンビアチームの明るさ。

 

6 Mon

すべての見えない光

ネトフリ新作ドラマを続々と視聴中。マーク・ラファロやヒュー・ローリーが出演する『すべての見えない光』は、第二次世界大戦のフランスを舞台にした全4話のリミテッドシリーズで、配信されるのを心待ちにしてたドラマ。ドイツ軍に占拠されたパリを逃れ大叔父の住むサン・マロに移り住んだ盲目のフランス人少女マリーと、才能ゆえ強制的にナチスの兵士にされたドイツ人の若者ヴェルナーを軸に描く壮絶な物語。ヴェルナー役はドイツドラマ『ダーク』で主人公ヨナスを演じたルイス・ホフマン。非道な世界に翻弄されながらも自分を見失わないヴェルナーの芯の強さに心揺さぶられたよ。見終わったあと余韻に浸り、マリーとヴェルナーのその後に思いを馳せたりしておりますが、原作ではシリアスに戦争の無情さを語ってるらしい。わたしはドラマの結末に納得してるのだけど、戦争の悲惨さを伝える意味ではどうだろう?

 

Week1

 

3 Fri

ボディーズ

『アッシャー家の崩壊』に続き、ネトフリ新作ドラマ『ボディーズ』を視聴してみた。こちらもSFジャンルのリミテッドシリーズもの。元ネタがあるらしいのだけど、わたしの印象はドイツドラマ『ダーク』を彷彿とさせる物語。タイムジャンプや、4つの時代が舞台になるところや、ループする設定などなど・・・。親殺しのパラドックス的な展開を想像してたのだけど、良い意味で予想を裏切ってくれました。しかし、タイムループあるあるで、頭の中で???がぐるぐる中…(?_?)

 

1 Wed

アッシャー家の崩壊

ハロウィンを意識してホラー系ドラマ、ネトフリ新作『アッシャー家の崩壊』をチョイスしてみた。重犯課のシャロン・レイダー役メアリー・マクドネルが出演してることもあり、興味津々で視聴。エドガー・アラン・ポーのいくつかの作品を土台にした物語ということなんだけど、テーマは『悪魔と取引した者の末路』・・・だったような。富や権力を手にした人間が必ずしも幸せとは限らなかったりすることを思うと、ドラマと現実の世界が重なり、想像とゆうより妄想が広がるドラマだった。内容は、タイトル通り、アッシャー家が崩壊してゆく様を描くもので、ドン引きするほど手を抜かないグロい描写もあったり。特に第4話の『黒猫』・・・((+_+))

 

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。