ほぼ全記事 ネタバレ含みます

4月のつれづれ 2021

こんにちは、おちゃのまのねこ管理人のaboです

 

このページは、ドラマに限らず、趣味であるテニス観戦や日々のことなどわたしのひとりごとを綴っています。気を付けておりますが、ネタバレを含むこともありますのでご了承の上お読みください(*- -)

 

 

 

Week5

 

30 Fri

Dr.M

少し前にAXNミステリーで放送された『Dr.M/救命救急医の殺人ライフ』のシーズン3を見始めた。シーズン2での出来事をすっかり忘れてて、なんだか唐突な展開に思えるんだけど、シーズン3も安楽死ビジネスを続けてるメアリーが窮地に陥る内容みたい。シーズン3がファイナルなんだよね~。殺人犯として裁かれるのか、人助けという解釈で終わるのか、ラストのオチは、ちょっと想像つかない。全6話と短いので、GW中に見終わる予定。

 

29 Thu

FOX

FOXさんのサプライズ!『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』がシーズン21に続きシーズン22も放送されるって。シーズン22は現在アメリカで放送中なので、日本での放送はまだまだ先なんだろうと思ってた。このところFOXのラインナップがやや寂しく感じてたこともあり、これは嬉しいニュースなのです。FOXの目玉番組のTWDも次シーズンで終わるので、新作開拓も頑張って~。FOXでなきゃ見れない新作をぜひ!ところで『Empire』のファイナルシーズンはそのうち放送してくれるのかな?もうすっかり内容も忘れてるし、興味も薄れてるけど、放送されれば見ると思うんですよ。

 

27 Tue

週いち

どうやら来月も週1つの記事更新ペースになりそう。そろそろかな?と思ってたWOWOWさんの『グッドドクター』は来月の予定にもなかったし、『FBI』が終わった後だとしたらずいぶん先になっちゃうよねぇ。このドラマのあらすじ書いてみたい!という湧き上がるものを感じる新たな作品にも出会えず、なんだか寂しい。ワクワクした気持ちで取り組めるようなドラマ、見つからないかな?

 

26 Mon

アカデミー賞

どんな授賞式になるんだろうと、期待と不安で迎えた今年のアカデミー賞。派手さはなかったけれど、思いのほか素晴らしい式だったように思う。密を避けた会場つくりや、シンプルな演出は無駄がなく、ノミネートされた人への敬意が伝わってきた。海外ドラマファンとしては、何といっても主演男優賞にノミネートされたスティーヴン・ユアンの晴れ晴れとした姿が嬉しかった。なぜか気になった作品は、ドキュメンタリー賞を受賞した『オクトパスの神秘:海の賢者は語る』。考えたこともなかったけど、タコにも感情があるんだ!

 

Week4

 

25 Sun

密航者

ネトフリの新作映画『密航者』を観た。火星に向け出発した宇宙船が舞台で、登場人物は4名のみ。宇宙船に予定外に乗ってしまった男性が見つかり、1人増えたことで足りなくなった酸素をどうするのか..という問題に焦点をあてためちゃシンプルな内容。シンプル故に、つきつけられた命との向きあい方について考えさせられ、軽く楽しめる映画ではなかった。アナ・ケンドリックが演じるゾーイがストーリーをけん引してて、船長役のトニ・コレットの見せ場が少なかったのが残念。

 

23 Fri

フランス勢

ペールに東京オリンピックの出場を認めないという決定が下されてしまった。問題になったブエノスアイレスでの不適切な行動などについて、ペールは謝罪の手紙を書いたらしいのだけど(フランステニス協会に?)、モンテカルロでの発言が決定打になったらしい。このところ調子が上がらないペールなので、これでまたまたモチベーション下がるんじゃなかろうか。そして、オリンピックに意欲を見せてるマウは、モンテカルロに続きバルセロナでも元気なかった。寒さのせいだと思いたいよ。相方のエルベールもストレスフルで、応援するほうもつらいっ。

 

21 Wed

海ドラニュース

詳細ははぶくとして、このところお気に入りキャラ降板のニュースを立て続けに見てしまい、正直、へこんでおります。俳優さんの事情や、希望や、契約や…諸事情があるということは重々わかる。わかるんだけどっ、ショック~。良いニュースに目を向ければ、『ダウントンアビー』の映画版、第2作目が発表されました。こうゆうワクワクする話題が必要だよ~。クリスマスシーズンに全米公開を予定してるので、にぎやかで心温まる内容を想像して、ほんわか癒され中。

 

Week3

 

18 Sun

サンダーフォース

Netflixで配信が始まった『サンダーフォース~正義のスーパーヒロインズ~』を観た。スーパーパワーを得た主人公をメリッサ・マッカーシーとオクタヴィア・スペンサーが演じ、悪と戦う内容。ナンセンスなお笑いありの娯楽作品で、気楽に楽しめた。ツボは真面目にカニ人間を演じるジェイソン・ベイトマン…。カニだと知ったうえで引き受けたのかな?ここはすごいと思った点は、メリッサ・マッカーシーが演じてるリディア役の子役さんたちの演技。メリッサ・マッカーシーの雰囲気や歩き方の特徴をとらえてるの。

 

17 Sat

モンテカルロ

シングルスの決勝戦はチチパスとルブレフに決まった。マイアミに続き若手選手の優勝ということになるんだよね~。じわじわだった世代交代の波がいっきに・・・ってことになるのかしら?いずれにしても、面白い試合になると思うので、楽しみだ~。かなり熱く応援したエルベール/マウ組はQFで敗退。なんとな~く元気がないような印象だった。寒かったのかもしれないケド。次週のバルセロナもエントリーしてるので、元気なとこを見せてください。

 

15 Thu

国別対抗戦

今日からフィギュアの国別対抗戦が始まり、大興奮。今年は大会も少ないから、チームの仲間たちと楽しめる国別対抗戦が開催できて、ホントよかった。今季ラストの大会だけど、ここがシーズン初戦って選手もいるもんね。あとは、無事に終わることを祈るのみだわ。松岡修造さんのフィギュア愛は変わらず熱いけど、このご時世なのでテレ朝の煽りがややおとなしめで嬉しい。テニスのほうも見なくちゃだし、なかなか忙しい週末になりそう。

 

12 Mon

サブリナ

ネトフリで配信中の『サブリナ』を見始めた。ファイナルシーズンが配信されてから見ようと思ってマイリストに入れてたのだけど、ようやく手をつけた感じ。魔族と人間の間に生まれたサブリナが主人公で、育ての親の叔母たちと同じ魔女として生きるのか、親友や恋人と同じ人間として生きるのか・・・というところから始まる物語。周囲に愛され、良い子キャラのサブリナなのだけど、時折見せる独善的な部分に闇を感じるわ~。タイトルになってる“ダーク・アドベンチャー”に納得。ツボはサブリナの叔母ゼルダとヒルダの甘辛コンビ。ふたりとも良い味だしてる~(*´ω`)

 

Week2

 

11 Sun

マルベーリャ

新設されたATP250のマルベーリャの決勝はカレーニョブスタ対ムナールの地元スペイン対決。というか、ベスト4全員がスペイン選手だった。お客さんも関係者のみなさんも大いに盛り上がったんじゃなかろうか。優勝はカレーニョブスタだったけど、ムナールの粘りが素晴らしかった。第1セット1-6で落として、一方的な試合になるのかと思ったら、粘って、粘って、ファイナルセットへ。試合の流れはずっとカレーニョブスタのほうにあったように思うんだけど、感動と興奮を与えてくれたのはムナールだった。追い詰められても、うまくいかなくても、荒れることなく集中してる姿に好感が持てた。

 

8 Thu

ブラインドスポット

ついに最終話。100話目という記念すべきエピソードということもあり、豪華な内容だった。これまでの出演者たちが続々登場するのだけど、ちゃんと筋が通ったストーリーになってるとこがすごかった。しかも、過去の映像を使うんじゃなくて、今回のエピソードのために集結してるの。『ブラインドスポット』という作品のラストをみんなで盛り上げようという気持ちが伝わり、感動してしまった。パターソンとザパタとリッチがしみじみと語るシーンは演技とは思えないものがあったし、ホント、チームワークの良さを感じるドラマだったなと思う。これが最後かと思うと、寂し~( ノД`)

 

7 Wed

シモン

メンタル的な苦悩を公表して、しばらくツアーから離れてたシモンが復帰!初戦の相手はトラバグリアで、フルセットの末、シモンが勝利。第1セットのシモンは硬さが目立ってしまってたのだけど、徐々にらしさを取り戻し、粘りのテニスで逆転。心の状態はわからないけど、とにかく元気な姿でコートに戻ってくれてよかった。勝ったことで次への励みになってるといいな。この時期での復帰は、もしかして全仏オープン出場へ向けてってことなのかな?その全仏は予定の日程での開催が危うい状況。昨年のように独断での変更はできない・・・と思うよ(-_-)

 

5 Mon

ニーガン

今夜、放送されたTWDシーズン10の最終話はニーガンを掘り下げた内容だった。世界が変わり始めた頃のニーガンと亡き妻ルシールの物語に焦点をあてたもので、ルシール役をニーガン演じるジェフリー・ディーン・モーガンの実際の妻ヒラリー・バートンが演じており、心に響く熱演だった。追加エピソードとして描かれたことがもったいないと思えるほど良いエピソードだったので、アンソロジーシリーズのほうでスペシャルな感じで描いてほしかったかも。でもって、最終話はも少しファイナルになる次シーズンに繋がる期待感をもたせる内容にしてほしかったかな~?マギーのにらみだけでは・・・(-_-;)

 

Week1

 

4 Sun

マンハント

スパドラで始まった『マンハント』を少し前にネトフリで見たのだけど、実際の事件を扱っただけあって、見ごたえあるドラマだった。連続爆弾魔のユナボナーを追い詰めたFBI捜査官のフィッツジェラルドさんが制作に加わっているということもあり、FBI内部の様子は実際のものに近いのかな?と思うのだけど、スパドラさんのサイトによると80%程度が事実なのだそう。ユナボマー対策本部のお偉いさんたちの的外れな視点や、思い込みや、他者を見下す態度に驚くわ。実際はもっとひどかったのかしら?見どころはユナボマーことカジンスキーを演じたポール・ベタニーの迫真の演技。『ワンダビジョン』のビジョンさんですよ。とても同じ俳優さんが演じてるとは思えません。

 

2 Fri

ゾーイの超イケてるプレイリスト

気楽な気持ちで見てみたら、これ、面白~い!単なるミュージカルコメディではなく、じーんと心に響くものがある。まさにハートウォーミングなドラマ!ある日、突然、他人の心の声が聞こえるようになってしまったゾーイの物語なんだけど、心の声の聞こえ方が斬新。ゾーイには歌って踊る姿が見えてるの。ゾーイの秘密を知っている隣人モー役は『glee』でユニークを演じてたアレックス・ニューウェル。『glee』のオーディション番組から見てたので感慨深いわ~。良い役つかんだね(^◇^)

 

1 Thu

ベイカー街探偵団

ネトフリで配信が始まった『ベイカー街探偵団』を視聴中。これは好みではないな~と思いつつも、もう中盤。全8話なので、今週末までには終わりそうな勢いだわ。たくましく生きる孤児たちと孤独な王子様が友情をはぐくみ、難事件を解決する物語かと思いきや、まーーーったく違う。これ、ホラーだよね?シャーロックやワトソンといったベイカー街の住人も出てくるのだけど、彼らを含め、登場する大人がみんな嫌なヤツか、ダメなヤツ。1800年代を舞台にしてるとしても、も少しマトモな大人はいなかったものかと思ってしまう。ちなみにドラマを牽引する子供たちは、めいっぱい頑張ってて、それぞれ良い味だしてると思う。

 

テキストのコピーはできません。