ほぼ全記事 ネタバレ含みます

もうひとつのシールド物語 冒険とバディ愛にあふれた『エージェント・カーター』【3月のピックアップドラマ2021】

この記事は約4分で読めます。

今月はDisney+でファイナルシーズンの配信が始まったばかりの『エージェント・オブ・シールド』と併せて見てほしいドラマ、『エージェント・カーター』をピックアップします。わたし自身、なんとなく手が出なかったドラマなんですが、観てみたら面白い!

 

 

スポンサーリンク

エージェント・カーター

 

Agent Carter

 

 

 

舞台とざっくりなあらすじ

シーズン1が1946年のニューヨーク、シーズン2が1947年のロサンゼルスを舞台にしています。恋人だったキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースが消息を絶った後のペギー・カーターの活躍を描く物語です。

 

 

Peggy Carter

 

 

シーズン1は、武器密売の濡れ衣を着せられた友人ハワード・スターク(アイアンマンことトニー・スタークの父)の無実を証明するため、ハワードの執事ジャーヴィスの協力を得て、所属する戦略科学予備軍(SSR)を欺きながら秘密裏に活躍するスパイ要素の強いスリリングな内容。

 

 

シーズン2は、ロス支局長に栄転した信頼する同僚スーザ、映画ビジネスに手を出しロスに拠点を移したハワード、そして執事のジャーヴィスと共に、異次元物質『ゼロマター』の謎に迫るSFを盛り込んだミステリ色の強い内容になってます。

 

 

 

見どころ

秘密の捜査機関である戦略科学予備軍(SSR)に所属しながらも、上司も同僚もペギーを“捜査官”とは見ておらず、与えられる仕事はランチの注文をとることくらい。そんな女性蔑視が当然の社会の中で、反発するのではなく、誰も気に留めない立場を逆に利用し、信念を持ち続けるペギーの潔さに心が躍ります。

 

 

Peggy & Jarvis

 

 

派手なアクションや、陰謀を暴くストーリーも楽しいドラマですが、『エージェント・カーター』の最大の魅力は、ペギーと相棒ジャーヴィスの絆です。最初は執事のジャーヴィスを危険な捜査に巻き込むことに抵抗を感じるペギーですが、いつしかジャーヴィスはペギーにとって最高の相棒で親友になってゆきます。ペギーとジャーヴィスの1940年代ならではの距離感ある会話も楽しく、ドラマを盛り上げる要素になってます。

 

 

 

おちゃのまの注目ポイント

ハワードの執事ジャーヴィスの名は、MCUの『アイアンマン』の中でトニー・スタークが開発したAI“ジャーヴィス”として登場します。原作では、トニーの家庭教師になった人物とされているとのこと。MCUでは、AI“ジャーヴィス”が『ワンダヴィジョン』でも活躍しているヴィジョンに進化するのですが、『エージェント・カーター』で描かれるジャーヴィスの人間性は、ヴィジョンを彷彿とさせるものになってます。

 

 

Peggy & Sousa

 

 

『エージェント・オブ・シールド』のファイナルシーズンに、コールソンが尊敬してやまない伝説のエージェント“ダニエル・スーザ”として登場する、ペギーが信頼する同僚スーザも見逃せない登場人物です。シーズン1では現場の第一線から外されていたスーザは、地道な捜査と揺るがない信念でロスの支局長になった人物。密かにペギーを想うスーザと、スーザに惹かれるペギーの淡い恋模様も見どころです。

 

 

 

さいごに

これから『エージェント・カーター』を観てみようと思った方にお勧めしたいのは、映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』。ペギーとキャプテン・アメリカになる前のスティーブとの出会いや、ペギーとハワード・スタークの友情を知ることができます。ドラマの中では、ペギーが大切にしている持ち物の中にスティーブの写真がそれとなく映り込み、ペギーが偉大なヒーローになったスティーブではなく、素のスティーブの写真を大切にしているところにしみじみさせられます。

 

 


『エージェント・カーター』の残念な点をあげれば、クリフハンガーで続いたままシーズン2でキャンセルされたことです。解明できないまま残された謎もあり、ペギーのその後の活躍と人生を観れないことは残念ですが、その部分を差し引いても、十分素晴らしい内容の作品です。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま便り

 

さて、いよいよ『ウォーキング・デッド10』の追加エピソードが始まりますが、こちのほうは、1話ごとの記事にするか、数話ごとにするか、観てから考えようと思っております。新シーズンでもいいような気がしますが、追加なんですよね(;^ω^)

 

先月、ここでつぶやいたサイトのリニューアルの件は、ぼちぼちと準備を進めてます。タグを少々見直して、無駄に細かくなってしまったカテゴリの分類をタグで管理できないものかと考え中です。いっきに変更してお披露目という形は時間的にできそうもないので、またまたご訪問者のみなさまにはご不便かけてしまうかもしれませんが、ご了承くださいませ。

コメント

テキストのコピーはできません。