ほぼ全記事ネタバレを含みます

『Major Crimes~重大犯罪課』シニカルなナイスガイ フリン警部補【こんなところにあの人が!】

この記事は約2分で読めます。

『クローザー』『Major Crimes』と、シニカルながらも忠誠心や愛情深さで長年に渡りファンを楽しませてくれたフリン。

Tony Denison
スポンサーリンク

クリミナルマインド

シーズン1 第6話「スナイパー」
シーズン15 第5話「狙われた兄弟」


 


シーズン1でゲスト出演した後、約15年の月日を経て、ファイナルシーズンで再びイリノイ州デスプレーンズの警察署長ワイガード役(シーズン1ではSWAT隊長)で出演しています。シーズン1の内容はほぼ忘れておりますが、「スナイパー」のエピソードは事件そのものより頭脳派リードがFBI捜査官として銃と向き合う件が印象深いものでした。

 


『クローザー』『Major Crimes』と、長年フリンというキャラを見てきたわたしにとっては心躍る再登場だったのですが、15年前の事件についてはサラッと触れる程度で、フリンを知らない視聴者にとっては「そういえば・・・」程度の存在感だったかなという印象でした。犯人役でない限り、クリマイメンバー以上に目立つことはないので仕方ないですが、ちょっと物足りなかったです。

 


見どころは、シーズン1で会っているJJとの再会シーンと(これもあっさりしてる)、上司として部下を守る姿勢と正義感を見せるところ…かな?「部下が助かるなら俺は撃たれてもいい」と男気を見せるも、エミリーに「誰も死なせません」とピシャリとされちゃうんですけどね~(-_-;)

 

 

 

 

トニー・デニソン(Tony Denison)

1949年9月 20日 NY生まれ


アウトサイダー的なポジションで『クローザー』の重犯課に加わり、重犯課の名物警部補プロベンザと共に番組の名物オヤジとして活躍したフリンを長い年月にわたり演じてくれました。フリンの魅力は、相棒プロベンザと幾度となく巻き込まれる災難(事件とも言う)で見せるコミカルさと、ハッとするほどの正義感と頑固さ併せ持つ甘辛バランスでした。『Major Crimes』では新たなボスになったシャロンとの素敵なサイドストリーでファンを楽しませてくれました。番組ファンに変わらない安心感を与えてくれたことに感謝したい俳優さんです。

 

1+

コメント

テキストのコピーはできません。