『ニュー・アムステルダム』あらすじ感想始めました

『シカゴP.D.』警官たちを束ねるブラット巡査部長 【こんなところに…】

この記事は約1分で読めます。

 

意地悪な受付係の人かと思ったら、階級も高く、情も厚い。知れば知るほど味わい深い人だとわかる、そんなスルメのようなトゥルーディ・プラット。

 

 

Platt

 

 

『Homeland』シーズン3

第1話「報復」

 

 

政府の聴聞会に呼ばれた主人公キャリーの代理人キンボール役で出演。

 

 

委員会から厳しい質問を受けるキャリーの隣に座り、暴走しそうなキャリーをCIAの代理人として支える役どころ。静かながらも毅然とした発言にベテランの雰囲気を感じさせます。登場は1話のみ。

 

 

 

エイミー・モートン(Amy Morton)

警官の制服を完璧に着こなすプラットは、個性的なキャラばかりのシカゴPDの中で、要的な役割を果たしてると思う人物です。主人公のボイトとは違った存在感で、シカゴシリーズ全体を見ても、なくてはならない・・・そんなキャラ。悪目立ちせず、いつもそこにいる安心感。ドラマの成功は、こういう脇を固める人が鍵なんだな~と納得させられます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました