『ニュー・アムステルダム』あらすじ感想始めました

『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』 侍女ジャニーン【こんなところに…】

この記事は約2分で読めます。

 

主人公のジューン(オブフレッド)が心を砕く、危なっかしい侍女ジャニーン。

 

 

Madeline Brewer

 

 

『GRIMM/グリム』

シーズン5 第6話「ヴェッセンの夜」& 第7話「破壊前夜」

 

 

チームグリムの終盤の敵、“黒き鉤爪”に加担するヴェッセン(魔物)のビリー役で出演してました。『グリム』の岐路的エピソードで、待ち受けるダークな展開を予感させる重要な役。

 

 

Madeline Brewer

 

 

主人公のニックたちを誘き出すため、わざと警察に逮捕されたビリー。信念のため闘うヴェッセンのビリーは、実はお嬢さま。利用するため捕らえたヴェッセンを「おだまり!」と一喝するシーンが印象的です。ちなみに、ビリーはスカレンゲックというトカゲ型ヴェッセンでした。

 

 

 

マデリン・ブルーワー(Madeline Brewer)

『ハンドメイズ・テイル』のジャニーン役は回を追うごとに存在感を増し、その演技に惹きつけられます。ドラマのテーマでもある“権力に屈せず、闘う女性”とはまた違ったタイプの侍女を時にエキセントリックに、時に神々しく演じ、ドラマに深みを与えてます。『グリム』ではクールビューティーな一面で魅せてます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました