お探しのドラマは検索窓からどうぞ

『マニフェスト』828便の謎を追うミカエラ・ストーン【こんなところにあの人が!】

この記事は約2分で読めます。

828便に乗ったばかりに人生が一変し、謎に翻弄されてゆくミカエラ。

Melissa Roxburgh

トラベラーズ

シーズン2 第7話「17分」

大事な任務のため人里離れた湖にいるドラマの主人公であるマクラーレンチーム(←人類滅亡を防ぐ目的で未来から来た“トラベラーズ”)と出会う、快活な女性キャリー役で出演しています。

その後、スカイダイビング中に死亡するキャリーに未来人の意識が転送され、刺客に待ち伏せされているマクラーレンのチームに危険を知らせる任務を遂行するため走る・・・というシーンが見せ場。

補足

ちょっとややこしいのですが、“トラベラー”が過去へやってくる方法は、“ホスト”となる人間が死亡した瞬間に未来人の“意識”を送り込むというもので、すべてを管理しているAI(ディレクター)によって各々の任務が与えられるという設定です。

チーム襲撃まで17分しかないうえ、銃を持つ男に阻まれ、何度やっても任務は失敗。『トラベラーズ』の中では珍しく何度もリセットされて同じホストにトラベラーが転送されるエピソードです。ある意味、このエピソードの主役と言ってもいいくらい重要な役ですが、任務のために走って、走って、走って、とにかく走って〜〜〜のシーンばかりでした。結局、何度も繰り返したダメージでキャリーの体はボロボロになり、任務は別の形で成功する・・・という、報われない役でした。

 

メリッサ・ロスクバーグ(Melissa Roxburgh)

1992年12月10日 カナダ・バンクーバー生まれ


 

『トラベラーズ』のキャリー役は本当に走るシーン(気の毒になるほど)ばかりで、全力投球してる雰囲気が伝わってきます。この出演から約1年後に『マニフェスト』が始まることを思うと、ミカエラ役をゲットできてよかったな〜ってしみじみさせられます。謎の失踪から戻った飛行機の乗客という複雑なミカエラ役は、演じ甲斐ある役ですよね。

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。