ほぼ全記事ネタバレを含みます

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 3 第6話「D.C.」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Handmaid’s Tale

 

 

スポンサーリンク

Episode6 Household

【ざっくりあらすじ】
カナダに圧力をかけるため、DCで1週間の祈祷を企画したフレッドは“ウォーターフォード家全員”を連れてDCへ向かう。フレッドが決めた“ウォーターフォード家”の中にはジューンも含まれている。

 

 

ギレアドの中心へ

巨大な十字架に変えられたワシントン記念塔に衝撃を受けたジューンをさらに驚かせたのは、DCの侍女たちの口元を隠すマスクの異様さだった。

 

 

ニュースに流すための撮影で、ジューンは「いつまでこんな撮影を続けるのか」と隣に立ったセリーナを問いただすが、カナダでニコールに会ったセリーナはニコールを取り戻すと決めていた。苛立つジューンの心を慰めたのはニックとの再会だった。ニックはシカゴの前線にいると思っていたフレッドは撮影現場に現れたニックに驚きながらも、「構図を見たい」と言い、自分の代わりにジューンの隣にニックを立たせた。ジューンとニックはかすかに触れ合った指先で互いの想いを確認しあった。

 

 

 

スイスとの取引

ギレアドの圧力を受けて、カナダはスイスに仲介を依頼した。1歩前進だと喜ぶフレッドは、家族全員を連れてスイスとの面談に臨む。ウォーターフォード夫妻との面談を終えたスイスはジューンとの個別の面談を要求する。フレッドは「我々がいない場で話すのは望ましくない」と断るが、スイスは「オブジョセフ(ジューン)さえ構わなければ」と諦めない。やりとりを聞いていたジューンはこのチャンスを逃さなかった。

 

 

人払いをしてもらったジューンは「娘をカナダにいさせたい」と本心を語った。ウォーターフォード司令官は父親ではなく、両親が望めば子供はカナダにいられるはずというジューンの主張を理解しつつも、スイスは簡単にジューンの願いを聞いてはくれない。スイスは強大な力を持つギレアド政府の情報を望んでいた。謎の多いギレアド政府の政策決定プロセスや権力構造を他国はまだ把握していないのだ。

 

 

ギレアド政府の内情を知る術のないジューンはニックを説得すると提案した。“目”であり、司令官に出世したニックがニコールの父親だという事実はスイスも把握している。ブレイン司令官(ニック)なら有益な情報が聞けそうだと応じたスイスとジューンは取引成立の握手を交わした。

 

 

女中の協力で、深夜ニックと会ったジューンはキスをし、スイスに情報を渡してと頼む。一度政府と関われば泥沼になると断ったニックだが、「これはあの子の父親になれるかけがえのないチャンス」というジューンの言葉に抗えなかった。ニックを説得し、安堵しているジューンにスイス代表団の女性が「協議の継続をカナダに提言する」と知らせた。調査でニックが信用できないと判断したスイスは約束を守らなかったのだ。ジューンは自分がニックと話すと提案するが、すでにニックはシカゴの前線へ送られていた。

 

 

ニックがギレアド建国のために戦ったとセリーナから教えられたジューンは愕然とした。ジューンとセリーナは互いを罵り合い、セリーナの裏切りを許せないジューンは「炎の中に置き去りにすべきだった」と怒りをぶつけた。

 

 

 

DCでの出来事

フレッドがDCでの宿泊先に選んだのは、ウィンズロウ上級司令官の屋敷だった。ウォーターフォード夫妻を迎えたウィンズロウの家には大勢の子供たちがいる。「ホテルでいいのに」と言っていたセリーナは元気よく走り回る子供たちの姿に目を輝かせ、ジューンとリタはすでに6人の子を持つウィンズロウが今も侍女を抱えていることに驚いた。

 

 

ウィンズロウに手腕を認められたフレッドはDCへの異動が叶った。セリーナもウィンズロウの妻オリビアと親しくなった。オリビアは以前の世界でセリーナが書いた本のファンだと打ち明けた。子だくさんのウィンズロウ家で過ごすセリーナは、ギレアドでも子供に幸せを与えられると感じていた。

 

 

ウィンズロウ家の侍女オブジョージと同室を命じられたジューンは、金具で塞がれているオブジョージの口元にショックを受けた。それはおばであるリディアも同じだった。「私たちに沈黙を求めますか?」というジューンの質問に「求めません」と答えたリディアは、「あなたを救いたい」とジューンを抱きしめた。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

ひど~(-“”-)
セリーナは自分の意思でニコールを取り戻そうとしてました。まったく・・・。セリーナって、やはりギレアド人なんですよね。しかし、流されやすいセリーナが今後どう転ぶかわかりません。揺れるセリーナに期待しましょう。

 

子だくさんって、ギレアド政府的にOKなんでしょうかね?それほどまでにウィンズロウは大物ってことなんでしょうか。ウィンズロウ家をセリーナに見せるフレッドの作戦は大成功でした。

 

今回のスイスの話から、ギレアドは軍事大国で諸外国の脅威だとわかりました。ギレアド政府はボストンを拠点にしたのかと想像してたのですが、どうやらDCのようです。“大物”と噂されるローレンスは案外小物なんでしょうかね。

 

衝撃だったDCの侍女たちですが、金具で塞がれた口で、どうやって食事してるんでしょう?子供を産む侍女は国の資産じゃないの?健康な子を望むギレアドとしては、矛盾してますよね~。

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました