『モダン・ラブ』あらすじ感想はこちら

ハンドメイズ・テイル/侍女の物語 3 第5話「不明な発信者」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

The Handmaid’s Tale

 

 

スポンサーリンク

Episode5 Unknown Caller

【ざっくりあらすじ】
ニコールがカナダで無事に暮らしているニュースは、我が子の自由を願う侍女たちに希望を与えた。一方、フレッドはセリーナの意見を聞き入れるという約束を守り、ニコールの問題を話し合うギレアドの会議にセリーナを参加させた。

 

 

 

セリーナの願い

司令官たちは、ギレアドの子であるニコールを取り戻すため「手を尽くす」と約束するが、セリーナの望みはニコールがカナダで育つことだ。セリーナはニコールに別れを告げることを希望し、セリーナの願いを叶えるため、フレッドはルークとの仲立ちをジューンに頼む。ギレアドに居場所が知られたルークとニコールを心配していたジューンは断るが、これが“最後”と覚悟しているセリーナはジューンを説得した。

 

 

2分で済ませろと命じられ、ジューンはルークに電話をかけた。思いもしないジューンの声に驚きながらも、ルークは「愛してる」と繰り返す。監視されているジューンは感情を抑え、淡々と事情を説明した。ギレアドがジューンに電話をかけさせた理由を理解したルークは「夫人だけ」と条件をつけ、ニコールを会わせることに同意した。2分はあっという間に過ぎ去った。

 

 

 

カナダ

ルークとの約束通り、カナダへはセリーナひとりが向かった。カナダで出迎えた担当者は、前回の訪問時に亡命を勧めたトゥエロだった。守護者を飛行機に待機させたセリーナはトゥエロが準備した洋服に着替え、ルークとニコールが待つロビーへ向かう。ルークに抱かれたニコールをしばし見つめたセリーナは「こんにちは」と手を差し出すが、握手を拒んだルークは「クソったれ」と罵った。

 

 

目的を問われたセリーナはニコールに自分の生い立ちを知ってほしいと説明する。しかし、「旦那の話もしてもいいか?」というルークの質問に返事できない。「あんたは赤の他人だ」と事実を指摘されたセリーナは「あなたの奥さんも私も娘の人生を一番に考えたの」と訴え、ギレアドから持参した父から贈られたアクセサリーを差し出した。そこには『この子を授かるよう祈った』という親の思いが刻まれていた。

 

 

短い再会の時間は終わり、別れの時が来た。ギレアドを憎みながらも、ルークは「抱きたいか?」とセリーナに声をかけた。腕に抱いたニコールに別れを告げたセリーナは、ひとりになるまで冷静さを装った。ギレアドの妻の服に着替えるためひとりになったセリーナは悲しみを爆発させ、ぶちまけたバッグから落ちた小さな包みを見つけた。『ルークへ』の文字があるその包みは、出発前にリタから渡されたものだった。

 

 

今回も亡命を拒否したセリーナは、ギレアドの飛行機に戻った。セリーナのバッグの中には「いつでも連絡を」というメッセージと携帯が入っていた。

 

 

 

ジューンのメッセージ

リタがセリーナに渡した包みは、ジューンがルークに宛てたカセットテープだった。ルークへの電話を強要されたジューンを慰めたローレンスの妻エレノアは、以前の世界での楽しかった思い出を打ち明けた。口下手だったローレンスは好きな音楽でエレノアへ愛を伝え、そのカセットは今も屋敷の地下に保管されている。ジューンはローレンスの古いカセットテープの中にルークへのメッセージを吹き込んだのだ。

 

 

テープに込められたジューンのメッセージはルークに届いた。そこには突然ニコールを育てることになったルークへの思いやりとともに、ニコールは愛した男性との間に生まれた子だというジューンの告白があった。ニコールの本当の名はホリーで、父親はルークも会ったことのあるニックと説明したジューンの声は「ハンナのために、あなたも生き延びるの」とルークを励まし、ハンナのことを諦めないと約束した。

 

 

 

フレッドの思惑

ギレアドに戻ったセリーナを出迎えたフレッドは「これで終わり」と報告したセリーナに、まだ手はあると囁いた。

 

 

体裁よく作られたウォーターフォード家のセットの前で、フレッドはニコールを取り戻すための全面協力をカナダに要求した。何の説明もなく調度品のようにその場に立つよう命じられたジューンは動揺する。ジューンはフレッドの隣に座るセリーナの名を呼ぶが、ジューンに侍女の正しい姿勢を命じたリディアは「妙な気を起こせば報いがある」と脅迫した。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

4.0

ギレアドに引き裂かれたジューンとルークが、離別した後初めて繋がったエビソードでした。ジューンがニコールを授かった経緯はルークにとって重く辛いものだと思うけど、いずれ真実を知るであろうニコールにとっては重要なことですよね。成長したニコールがジューンとニックの愛や、育ての親であるルークや、ギレアドの母セリーナのことをどんなふうに受け止めるのか、未来を見てみたいです。

 

亡命したセリーナが外からギレアドに働きかける姿を見たかったんですが、セリーナはあくまでギレアドの信者なんですよね~。政治的な不満があるとしても、セリーナが亡命するには信仰を捨てる覚悟がいるのかもしれません。

 

ところで、フレッドは降格したはずなのに、ローレンスの侍女であるジューンを好きに利用してますよね?ローレンス公認という事なんでしょうかね?セリーナの望みを叶えたフレッドには黒い思惑を感じます。

 

古いカセットテープの音楽にメッセージを紛れ込ませるという方法は、原作の中でオブフレッドが『侍女の物語』を残した手法として語られてました。小説では、そうするに至ったオブフレッドの事情や状況は不明です。小説の些細なエピソードを膨らませた素晴らしいエピソードでした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました