『タイムレス2』のあらすじ始めます

ウォーキング・デッド7 第7話「規律と罰則」| あらすじ感想

 
TWD7_7

Episode7   Sing Me a Song

【ざっくりあらすじ】
ロジータは銃弾を作ることをユージーンに強要した。スペンサーと一緒に物資調達に出ていたゲイブリエルは、リック批判を止めないスペンサーに辟易した様子で車を降り別行動を取った。

 


すぐさま感想を読むはこちら
↓ネタバレを含みます↓

 

 

カールとニーガン

救世主のトラックに忍び込んでいたカールとジーザスは、ニーガンのいるアジトに近づいていた。

目的地が近いと判断したジーザスは「車から飛び降りろ」とカールに指示した。あとはタイヤ痕を辿れば、アジトを突き止められるはずだ。カールは躊躇した様子で、ジーザスに手本を求めた。疑うことなく先に車から飛び降りたジーザスにカールは小さく手を振り、そのまま救世主のアジトへ向かってしまった。

 

目的のアジトへ到着したカールは、トラックの荷台が開けられると発砲し救世主ふたりを射殺した。カールはすぐに捕らえられたが、ニーガンはカールを殺そうとはしなかった。その様子を見ていたダリルは、カールに近づくことすらできない。

 

ニーガンは自分の力とルールをカールに見せ、カールが包帯で隠している目を見たいと要求した。

穴の開いた目を見たニーガンは、最高にグロテスクだと興奮しそのままでいろと命じた。そして、自分のいない間に妻のひとりと会っていた男の顔をアイロンで焼き、その拷問の一部始終をカールに見せた。

 

拷問を見ても自分を挑発するカールをニーガンはそれでも殺さず、アレクサンドリアまで送っていくと立ち上がった。ニーガンの乗ったトラックの屋根にはジーザスが隠れていた。ニーガンがダリルの監禁を命じ出発すると、屋根にいたはずのジーザスは姿を消していた。

 

カールとニーガンがアレクサンドリアに戻ると、リックは物資調達からまだ戻っていなかった。リックとカールの自宅を見て回っていたニーガンは、ジュディスを見つけた。ご機嫌な様子でジュディスを抱っこするニーガンをカールは止めることができなかった。

 

 

それぞれの行動

森の木の上でウォーカーになった男を見つけたスペンサーは、その男からメモを発見した。

リックに文句を言いつつも、スペンサーは決められたルールに従い救世主に差し出す物資を探していた。男の持っていたメモから物資を手に入れたスペンサーは、得意げにアレクサンドリアへ戻った。ちょうど、ロジータとユージーンも街へ着いたところで、三人はニーガンの車が停まっていることに気が付いた。

 

ミショーンは殺したウォーカーで道を塞ぎ、救世主の車が停まるのを待っていた。単独行動していた女性救世主の車が停まり、ミショーンは女性を襲いニーガンのもとへ連れていけと命令した。

 

カールを連れてニーガンがアジトを出発すると、誰かがダリルの部屋に「今だ、行け」と書いた紙と鍵(バイクの?)を差し入れた。

 

 

おちゃのま感想 ★★★★☆

シーズン前半クライマックスへ向け、リックたちのアレクサンドリア組に動きが見られました。
 
カールだけでなく、ロジータもミショーンも自分を犠牲にしてニーガンを殺そうと思ってるんだろうけど、それぞれ単独・・・。ここはやはりユージーンの計算通り、潰すなら一斉に(は無理としても)計画的に攻撃しないとまた同じことの繰り返しになりそうな・・・。
 
そして、カールが殺されなかった(まだわからんけど)のは良かったけど、コレ、新たな災いをもたらしたんじゃなかろうか・・・(-_-)
 
ニーガンがカールをこのまま許すとも思えず(ふたり部下を殺した対価が歌だけってないよね~)、何を考えてるのか想像するだけでビクビクした気持ちに陥ってしまってます。あの第1話での残虐シーンがすんごく効果的にわたしの心に恐怖の種を植え付けたみたい。あのエピソードのおかげで、ニーガンの一挙手一投足にホントビビってしまう。ジュディスを気に入った様子のニーガンをリックが見たらどうなるんだろう~(((|゚Д゚|))))
 
早いもので次回は前半最終話。
何か大きな事が起きると想像してるんだけど、そろそろ王国のモーガンや自立したキャロルにも絡んで欲しいです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました