現在サイトの手直し作業を行っています

サルベーション2ー地球(せかい)の終焉ー 第6話「ドント・トレッド・オン・ミー」【あらすじ感想】

 

Salvation

 

Episode6 Let the Chips Fall

【ざっくりあらすじ】
レールガンの試運転に失敗したダリウスは副大統領の辞職を決め、レールガンに集中したいというダリウスの辞意をマッケンジー大統領は受け入れた。国民に一致団結している姿を見せたいというマッケンジーの希望で、辞職の発表は『絆の集会』の後に決まった。

 

 

 

 

 

暗号化キー

クレアの遺品から見つけたチップの解析ができなかったアロンゾは、NSAやCIAに顔が利くグレースを頼った。グレースは命を守ってくれたアロンゾにクレアの検視報告書を渡し、アロンゾはグレースを信用していた。

 

 

チップはビットコイン用の暗号化キーとわかったが、アクセスには14文字のパスワードが必要だ。入力を間違えるたび制限がかかり、その待機時間は倍増される。ベネットがチップを捜していたと聞いたグレースは、チップに彫られた模様が格納庫で死んだ男に埋められていた追跡チップと同じだと突き止めた。

 

 

クレア殺害犯を捜しているアロンゾを手伝うことは危険だと反対したハリスも、チップが格納庫の男のものと同じだと知りベネットを尋問した。狡猾なベネットは情報を渡す見返りに免責と家族の保護を求め、ハリスは息子を殺す命令を下したベネットとの取引を断固拒否した。

 

 

 

口座が示す真実

NSAでも解析できなかったチップは、ヒューの調べで『ドント・トレッド・オン・ミー』という独立戦争時代の言葉が隠されているとわかる。しかし、14文字のパスワードには当てはまらず、次に間違えれば6日間の制限がかかる。

 

 

ベネットと取引できないハリスはしぶしぶアロンゾを頼り、パスワードはクレアが子供時代に散歩のバイトをしていたご近所さんの犬の名前だと判明した。暗号化キーで守られていたビットコイン口座は残高が1000万ドルもあり、支払いがされた日付はベネットたちが暗殺を行った日と同じだった。そして、画面を見ているグレースたちの前で、新たな支払いが行われた。

 

 

ハリスは再びベネットのもとへ向かうが、取調室のベネットは頭を撃たれ、死亡していた。取調室に出入りした者はおらず、国防総省の防犯カメラに怪しい人物は見つからない。報告を受けたダリウスは、暗殺者は通気口を使い超小型ドローンでベネットを殺害したと確信した。

 

 

 

暗殺の標的

ダリウスはFBI用に開発した独自のプログラムで尋問を受けるベネットの録画を確認した。プログラムは、ハリスの「クレアを殺してない」という言葉に『ウソ』を検知した。次期副大統領にハリスを推薦していたダリウスは激怒した。ハリスに怒るダリウスを止めたグレースは「私を逮捕して」と訴えた。クレア殺害の真相を知ったダリウスは、地球を守る計画を進めるためにも、隠ぺいした事実を隠し通すしかないと判断した。

 

 

グレースはダリウスに重荷を背負わせてしまった自分を責め、『絆の集会』が終われば自首すると決めた。苦しむグレースの姿は、ヒューにクレア殺害犯になる決意をさせた。

 

 

『絆の集会』は成功に終わり、隣を歩くダリウスに「この国には善人もいる」と話していたマッケンジーが倒れた。マッケンジーを抱えたダリウスは、「大統領」と自分を呼ぶシークレットサービスに保護された。マッケンジーはベネットのように見えない何かに狙撃されたのだ。

 

 

 

レジストのリアム

姿を見せないレジストのリーダー『ネロ』に認められたリアムは『ガリレオ』と自分のコードネームを決め、正式にレジストの仲間になった。リアムの『ソーラーセイル』は注文した台湾の工場が閉鎖状態で、実現不可能だとわかる。リアムが提案したダリウスとの協力を拒絶したアリシアは、レジストの招集に応じないナノマテリアルの専門家アギーレ博士を探し始めた。

 

 

ジリアンに頼み、リアムは秘密裏にダリウスと会った。しかし、尾行していたアリシアのせいで交渉は失敗した。リアムはアリシアを説得し、ネロに『レールガン』と『ソーラーセイル』の共同作業を提案した。リアムの提案を受け入れたネロは、NYへ核を落とすと脅迫し『レールガン』を奪うと決めた。レジストに反発したリアムにクロフトや他の科学者たちも続き、アリシアはリアムたちを狙う兵士に銃を下ろさせた。

 

 

一方、そのころ。ダリウスにリアムは戻らないと教えられたジリアンは、ネイトとともに『惑星地球の子供たち(COPE)』の集会に参加していた。そこでは、創始者のバス・シェパードが地球滅亡に恐怖する人々に受け入れることを説いていた。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★

やっと小惑星問題に取り組めるかと思っていたら、マッケンジー大統領が撃たれてしまいました。優先順位を考えれば、ダリウスはレールガンに集中したいですよね。どうするんだろう~。

 

リアムがどういう認識でレジストの仲間になったのか疑問です。アリシアがなんと言おうと、レジストの目的は権力を握ることだと思うのだけど。感情やアリシアとの雰囲気に流されてレジストの仲間になった印象のリアムですが、実は思惑があった!という展開を期待したいです。

 

父が自分の身代わりになったと知れば、グレースはますます苦しみますよね。それどころではないのはわかっているけれど、ダリウスにはグレースを支えてあげてほしいものです。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました