古い記事の手直し作業を行っています

サルベーション1ー地球(せかい)の終焉ー 第10話「新たな火種」【あらすじ感想】

 

 

スポンサーリンク

Episode10 Coup de Grace

【ざっくりあらすじ】
グレース宅へ殺し屋を送った人物がホワイトハウスにいることがわかり、グレースとダリウスは大統領への面会を求めた。しかし、大統領は病気という理由でクレアは断った。

 

 

 

 

大統領の決断

クレアの説明を信じないダリウスは大統領と会うためアマンダとの約束を利用した。アトラス計画は本当だとキャピトル・アイズのサイトで証言したダリウスは記者会見を開いた。「2013年のロシアに落ちた隕石は、アメリカがタンズ社の技術を使い落としたものだった」と記者たちに話したダリウスは、アトラス計画は実在しないと公表した大統領と話がしたいと発言した。

 

 

ダリウスの強引な呼びかけに応じ、大統領はダリウスとグレースをホワイトハウスへ呼んだ。大統領は「フェイクニュースを真実と言うなんて」とダリウスを責め、アトラス計画のことを知らない様子だ。ふたりは、ロシアで実際に見た兵器化された隕石のことや、政府職員が暗殺されグレースも命を狙われた事実を大統領に知らせた。政府内に恐ろしい陰謀を企む者がいるという話に耳を傾けていた大統領は突然具合が悪そうになり、ふたりとの面会を終わらせた。

 

 

真実を知った大統領は、ロシアへ謝罪し、小惑星の件も国民に話すと決断した。カルフーンは騒動に備え国中に州兵を待機させた。

 

 

 

首謀者

ハリスは「政府が国民を暗殺しているのか」とクレアに質問した。「否定したいけど、正直わからない」と答えたクレアは、首謀者はわからないがカルフーンは絶対に絡んでいると話した。

 

 

ハリスは士官学校時代の友人に協力を求め、グレース暗殺指示のメールが送信された時刻にホワイトハウスにいた人物のリストを手に入れた。リストにカルフーンの名前を見たハリスはクレアとともに大統領へ報告し、大統領は政策を含め人事を一掃すると決断した。手始めに大統領はカルフーンを解雇し、ハリスを国防長官に任命した。

 

 

ハリスは、夫と逃亡の準備をしていたカルフーンを追及した。陰謀の首謀者ではないと否定したカルフーンは「上層部の協力なしにすべての糸が引けると思うか?」と指摘し、ハリスも監視されていると警告した。その日の朝、プールで男たちに襲われたカルフーンは「事は進行中だぞ」とベネット副大統領に脅されていたのだ。

 

 

世界に高潔さを示すという大統領が演説を始めた。しかし、地球に迫る危機を公表する前に倒れ、秘密は守られた。新しく大統領に就任したベネットを見守るクレアの口元には笑みが浮かんでいる。

 

 

 

ニコラスの報復

隕石の準結晶をダリウスたちに盗まれたニコラスは、その報復としてキャサリンが持っていたタンズ社の株を市価の2倍の額で手に入れ、役員になった。ニコラスはダリウスをCEOの座から追い出すため緊急役員会を開き、会議にはラズロの株を相続したテレサも参加した。

 

 

ニコラスは「帳簿から10億ドルが忽然と消えてるぞ」と役員たちを動揺させ、ダリウスが進める“火星計画”や、不法な兵器に関与した点を追及した。ニコラスの発言は役員たちの不信感を煽り、EMドライブの開発成功を明かせないダリウスは窮地に陥った。テレサはダリウスの功績を訴えてみたが、役員たちはダリウスを解任した。

 

 

 

思わぬ形で再び会ったテレサに、ダリウスは「君とのことを悔やまない日はない」と話し、テレサは「タンズ社を築くためだもの」と理解を示した。夫と別居中だというテレサは、指輪を外していた。

 

 

 

新たな問題

打ち上げた重力トラクターがハッキングされていることがわかった。当初の計算より30%速く、軌道修正しようとしても反応しない。テスの予測では、このまま進めば重力トラクターは小惑星にぶつかってしまう。その場合、被害に見舞われるのは東半球のロシアや中国だった。

 

 

ダリウスは重力トラクターを用意した政府の思惑に愕然とした。

 

スポンサーリンク

 

ゾーイの反抗

大統領が小惑星の件を公表すると知ったグレースは、直接伝えるためゾーイのバイト先へ向かった。しかし、ゾーイは連絡もなしにバイトを辞めており、携帯も追跡できない。グレースは「車が盗まれた」とウソをつき、オートサービスでゾーイの車の居場所を突き止めた。

 

 

ディランと車に乗っていたゾーイは、突然現れたグレースの話を聞こうともせず、ママのウソにはもうウンザリと去ってしまった。グレースはゾーイの突然の反抗だけでなく、一緒に車に乗っていた男の子がディランということにも驚いた。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

満を持して登場したベネット役は『グリム』でレナード役を演じていたサッシャ・ロイズ(Sasha Roiz)さんです。またまた悪そうな人だわ~(-_-;)

 

陰謀を企んでいる人たちは、小惑星の件もロシアを攻撃するチャンスと考えてるみたいですね~。一歩間違えば、地球が終わるとしても。いったい誰がそんな計画を実行してるんでしょうか。こうなると、大統領の病気も仕組まれた可能性がありますよね~。

 

気になる謎とは別に、グレースはダリウスに気持ちが傾いてますよね!しかし、ダリウスの前にはテレサが!ダリウスは「一度失った最愛の人を取り戻せるとしたら・・・」な、流れです。そして、ゾーイとディランの関係を知ったグレースは、母としても気をもむことになりそうです。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました