『モダン・ラブ』あらすじ感想はこちら

ニュー・アムステルダム 1 第4話「手放す勇気」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

New Amsterdam

 

 

スポンサーリンク

Episode4 Boundaries

【ざっくりあらすじ】
バプテスト病院の心臓外科医、フェルナンデスが急性胸痛で搬送されてきた。現在サンディエゴで学会中の胸部外科は各病院にひとりしか残っておらず、マックスはバプテスト病院の救急と胸部外科の急患の受け入れを決めた。

 

 

 

ホームレスの兄妹

バプテストの救急と患者が続々と搬送されるERはたちまち大混雑になる。5分で戻るとローレンに断り、病院を抜け出したマックスは、出勤途中で見かけた足が感染症になっているホームレスの女性のもとへ向かう。放っておけば足を失うと言われた女性は、無料だと説明したマックスの治療に応じた。女性は「フェイ」と名乗り、体調の悪い兄を助けてくれる?と不安そうに質問した。

 

 

病院のことが気になりつつも、マックスはフェイに付き合った。フェイと同じく医者嫌いだという兄ヴァンスを触診したマックスは真菌に感染していると診断した。マックスはヴァンスを病院へ連れて行こうとするが、母の主治医に身ぐるみはがされたと言うフェイたちは病院を信用しておらず、マックスの助けを拒んだ。

 

 

 

心臓外科の慣習

ニュー・アムステルダム病院もバプテスト病院と同じく、胸部外科はレイノルズひとりしかいない。7人もの患者が手術を待っていると言われても、レイノルズはレジデントのノッティンガムに任せようとせず、患者全員をひとりで手術するつもりだ。しかし、マックスを頼りERへ来たヴァンスの処置にレイノルズが必要になり、レイノルズはやっとノッティンガムに手術を任せた。

 

 

レイノルズの処置でヴァンスは助かり、ノッティンガムも問題なく手術を終えた。レイノルズがノッティンガムに任せなかった理由は、自身のレジデント時代の経験からだった。「慣習を破るのは難しい」と話すレイノルズに、ローレンは「すべてをコントールするより解放したら?」と指摘した。見つめるローレンに顔を近づけたレイノルズは、「できないことを始めないで」とキスを止められた。以前、レイノルズは人種を理由に付き合っていたローレンをフッたのだ。

 

 

ヴァンスは回復するとフェイたちに伝えたマックスは「君たちも検査しよう」と勧める。支払いを心配をするフェイたちは、マックスの「公立病院は人を助けるのが務めだ」という言葉に安堵した。

 

 

 

めまいの症状

カプールはめまいを訴えるモナハンを診察する。「今日の診察は倍速で」と言われていても、カプールの慎重な診察はいつもと変わらない。正しい診断をするため、カプールはモナハン本人に“どういう感じのめまい”なのか質問し、モナハンは「めまいはめまい」と言い張った。

 

 

ERに駆り出された院長のフルトンにカプールの愚痴を言っていたモナハンは、再び顔を見せたカプールに「帰りたくても、足の感覚がないから無理」と訴える。やっと「めまい」以外の症状を聞くことができたカプールは満足し、診断を下した。

 

 

 

夢の庭園

精神科病棟はERから引き取った患者たちで大混雑。マックスに「病棟の外で気分転換させろ」と指示されたフロムはストレス状態の子供たちを屋上へ連れて行く。病棟でイラついていたジェマは、ブランカの家庭訪問調査が先延ばしされていると不安を漏らす。考えすぎてはいけないとジェマを諭したフロムは、コンクリから顔を出した小さな花に目をとめた。

 

 

フロムは屋上に念願の“庭園”を造ることを思いつく。フロムがヘルスケア委員会に提案した園芸療法のための“庭園”のスポンサーは、小児肥満症を招く炭酸飲料のヴォルトコーラ社だった。ヴォルトの支援を受けたくないフロムは“庭園”を諦めようとしていたのだ。

 

 

今日の大混乱を乗り切った医師たちはフロムの“庭園”造りを手伝いながら疲れを癒し、カプールはカフェのエラにプレゼントするつもりだったインドのお菓子を差し入れた。

 

 

 

ローレンの問題

ADHDであることを隠しているローレンは、“頭痛薬”として治療薬のアデロールを持ち歩いている。ERで失くした“頭痛薬”をケイシーが飲んだと知ったローレンは水を飲ませ、ADHDだと打ち明けた。ケイシーの「なぜ違う容器に入れてるのか」という質問に、ローレンは答えられなかった。

 

 

 

優先すべきこと

マックスの部屋に妻のジョージアが戻ってきた。ベッドは別々だが、マックスにとってそこに妻がいることが大切だ。

 

 

マックスの治療の準備が始まった。治療開始まであと2週間。優先順位をつけてとヘレンに勧められたマックスは、これから生まれる娘のためのベビーベッドを組み立て、妻と過ごすための休みを取った。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

慌ただしい病院での喜怒哀楽を感じたエピソードでした。基本、このドラマは温かいですね~。ニュー・アムステルダム病院の医師たちの誠実に患者と向き合う姿勢とドロドロしない人間関係に、なんだか毎回癒されてます。主要メンバーの医師たちがそれぞれ個性的なところにも魅力を感じます。ほかの医療ドラマとひと味違う医師たちを揃えてますよね。

 

医療ディレクターという仕事がどんなものなのか、まだ理解できておりませんが、今回のようなケースもマックスが判断するんですね。マックスの仕事の内容も気になりますが、やはり病気のことですよね。2週間後に迫った治療を妻のジョージアに打ち明けなくていいのかな?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました