ほぼ全記事ネタバレを含みます

MANIFEST/マニフェスト 2 第11話「3つの影」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
Manifest
スポンサーリンク

Episode11 Unaccompanied Minors

【ざっくりあらすじ】
妹エデンの誕生以来、3つの影の呼びかけを見るようになったカルはおびえ、答えを求めるベンはエイドリアンが教えた“しるしと不思議”について調べ始める。一方、凍傷が悪化するジークを失いたくないミカエラも“呼びかけ”に疑問を抱く。

 

 

 

 

不吉な予感

聖書に『竜と獣と偽預言者の口から3つの霊が出るのを見た』という一節を見つけたベンは不吉なもの感じる。ますます疑心暗鬼になるベンは、向かってくる電車の前に飛び出す呼びかけを見る。一方、『フェニックス』の呼びかけを見たTJは、その呼びかけに悲しみや絶望を感じる。

 

 

電車、フェニックス、3つの影と、見た者を不安にさせる呼びかけが続き、ベンは困惑する。見方を変えたらと提案したグレースの「フェニックスは地下鉄の駅の壁画かも」という助言に従い調べると、TJの見たフェニックスはバワリー駅にある壁画だとわかる。

 

 

バワリー駅に足を運んだベンとTJは、通過する電車に飛び込もうとした男性の自殺を阻止する。病院へ運ばれた男性に付き添ったベンとTJは、身元不明の男性を助けた呼びかけの目的を探るため、男性が大切そうに持っていたマッチ箱を調べる。マッチ箱の中にあるオルゴールの曲は、カルが妹のエデンに歌っていた子守歌だった。

 

 

 

ジークの赦し

ベンは凍傷の治療で入院中のジークを見舞っているカルに「子守歌は呼びかけかも」と知らせ、その子守歌を聞いたジークは唖然とする。その歌詞は、蒸発したジークの父がオルゴールの音色に合わせ作ったものだった。

 

 

自殺しようとした男性はジークの父だと確信したベンは下の階にいると教え、カルも「会いに行こうよ」とジークを誘う。しかし、妹が死んだあと手紙も残さず消えた父をジークは許せない。ボロボロ状態の俺のせいにして逃げたと怒るジークに理解を示しながらも、悔いてる様子の父親の姿を見ているベンは「区切りをつけるべき」とジークを諭す。

 

 

妹の命日に参加した依存症の集会で、同じ言葉を助言されていたジークは父の病室へ向かう。TJに付き添われていた父は、マッチ箱のオルゴールを息子に渡す。思い出のオルゴールを手にしたジークは涙ぐみ、父を許し、自分を許した。

 

 

 

不安な呼びかけ

雑貨店で万引きした少年オスカーを捕まえたミカエラは、『解放して』という呼びかけに従いオスカーを見逃す。店主にオスカーが盗んだチョコバーを返したミカエラは、盗んだ品は風邪薬20箱くらいだと教えられる。風邪薬は麻薬の原料になり、近くの店も数日前に同じ品を盗まれていた。“解放して”という呼びかけの真意がわからないミカエラは、呼びかけの事情を知るジャレッドに相談する。

 

 

オスカーが飛び乗ったバスの防犯カメラから、通う高校が判明する。ミカエラとジャレッドに追及されたオスカーは、運び屋のマッチングサイトで仕事を請け負い、指定されたバスに盗んだ風邪薬を届けたと説明する。オスカーに仕事を依頼した“トライ3”の送金履歴を調べると、市の全域に広がる似た盗難被害と一致した。

 

 

 

ミカエラの決断

“トライ3”の元締めは麻薬所持と密売で服役していたジェイス・ベイラーと特定される。盗難が始まった4か月前に出所したジェイスは行方をくらまし、ジャレッドは麻薬課の知人から情報を得る。

 

 

ジャレッドとふたり、ジェイスが弟と潜伏するアジトを監視するミカエラは「これまで以上に混乱してる」と打ち明け、余命の存在を教える。ミカエラが「呼びかけの望みは売人の逮捕だと信じたい」とつぶやく中、男が現れる。ジェイスを訪ねたのは、オスカーが風邪薬を置いたバスの運転手コリーだった。コリーが運び屋だと納得したふたりは応援を要請し、アジトに踏み込む。

 

 

逃げ出したジェイスの弟をジャレッドが追い、ミカエラは地下のラボにいるジェイスとコリーを追い詰める。解放を指示する呼びかけが大きくなり、ジェイスは「恐ろしい目に遭うぞ」と脅す。刑事としての正しい判断に従ったミカエラは初めて呼びかけに背き、ふたりを逮捕した。

 

 

 

それぞれ

残された時間を大切に生きると決めたジークは凍傷の治療をやめる。ジークは「最後は愛する人と思い出を作ってから旅立つ」と言い、ミカエラにプロポーズした。一方、ジークや乗客を救うため、アル=ズラスの警告を無視し、血清の研究を続けるサンビは唐突に病院を追い出された。

 

 

呼びかけがジーク親子を和解させたことで、ベンの呼びかけへの疑念は消えた。しかし、カルの部屋に再び3つの影が現れ、その影の形はミカエラが逮捕したジェイスたちのそれと重なった。

 

スポンサーリンク

 

おちゃのま感想

3.5

 

ますます呼びかけの謎が深まりましたね~。あの3人の悪党が呼びかけの正体とは思えませんが、呼びかけの3つの影は彼らを指してると思っていいのかな?

 

少将が鳴りを潜めてから、物語の内容が宗教色強めになってきました。暗躍する少将にも触れてくれないと、どこかで静養してるはずの少将に人体実験された乗客たちのようにうやむやになりそう。ベンも少将の件はバンスに任せてるっぽいし…( 一一)

 

ジークが残り少ない時間をミカエラと過ごすと決め、ふたりは結婚へという流れになりました。幸せになってもらいたけど、呼びかけに背いたミカエラが心配です。
スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。