ほぼ全記事ネタバレを含みます

グッド・ドクター~名医の条件~3 第8話「挑戦者たち」【あらすじ感想】

この記事は約4分で読めます。
The Good Doctor
スポンサーリンク

Episode8 Moonshot

【ざっくりあらすじ】
ショーンとパクは白血病の治療法を変えたドクター・ロザリンド・エリオンを担当する。一方、同期の中で最後の執刀医デビューが決まったモーガンは、技術が必要な症例を任される。「オペの神様は私の実力を知ってるのよ!」と喜ぶモーガンには誰にも言えない問題があった。

 

 

最期の時間

アンドリュースの診断では、心臓移植が必要なロザリンドに残された時間はあと1日だ。見つかる可能性の低いドナーが現れるのを待つ間、ベッドの上で仕事を始めたロザリンドに、ショーンとパクは蘇生拒否の確認を始める。

 

 

事務的に確認作業をするショーンに対し、パクは「あなたが快適に過ごせるよう夜もオンコールで待機します」とロザリンドを気遣う。パクは、医療の代理人になっている元夫のレオに連絡したほうがいいと勧めるが、離婚した2年前からレオと連絡をとっていないロザリンドは「今更、虫がよすぎる」と断った。レオに“研究”か“自分”かと迫られたロザリンドは研究を選び、夫婦は離婚したのだ。

 

 

死の間際になってもロザリンドがレオに連絡しない理由は“恐れ”だと気が付いたパクは、レオを訪ねる。パクが独断で来たと知ったレオは「いまだに昔と変わってないらしい」と落胆するが、その後、ロザリンドの病室に現れた。恐怖で呼吸困難に陥っていたロザリンドはレオを見て安心する。レオに見守られたロザリンドの最期は穏やかだった。

 

 

 

恐怖心の問題

宇宙飛行士のレンはNASAのドクターに左肺全摘と診断され、メレンデスの診察を受けた。レンを検査したメレンデスは肺を8割残せる手術を提案するが、レンは「肺の容量が少しでも減ったら宇宙に行けなくなる」と拒否する。リムに「あなたならできる」とロボット手術を勧められたメレンデスは「僕を過大評価してる」と反発した。

 

 

リム自らレンの執刀医を引き受けるが、当のレンはメレンデスを希望する。リサーチしたうえでメレンデスを頼ったレンは諦めない。「君が術中に死ぬ確率は60%」とレンに教えたメレンデスとリムはスタッフたちの前で言い争い、見かねたグラスマンはふたりをオフィスへ呼んだ。事情を聴いたグラスマンはレンのカルテを確認することもなく、外科部長であるリムへの信頼を示した。

 

 

メレンデスはレンのロボット手術に挑むリムの助手を引き受け、全力で支えると約束する。その言葉通り、メレンデスは、肺を摘出するしかないと苦渋の決断をしたリムに肺を残せる方法を示す。

 

 

意見の相違を乗り越え、リムとふたりで難しい手術をやり遂げたことで、メレンデスは恐怖心を乗り越えた。一方、恋人と上司の両立はできないと思い知ったリムは、自分の夢を諦めきれないことを悟っている。

 

 

 

モーガン

モーガンは関節リウマチだった。母親も同じ病気だったモーガンはすでに専門医の診断を受け、治療も始めている。執刀医デビューの手術が2時間後に迫り、切羽詰まったモーガンはグラスマンを頼る。予防接種と嘘をつき診療所に来たモーガンの事情を知ったグラスマンは執刀医デビューの延期を勧めるが、周囲の自分を見る目が変わることを恐れるモーガンは上司のリムやアンドリュースに病気を打ち明けられないと訴える。

 

 

自閉症のショーンを信じたように私のことも信じてくださいと必死なモーガンをグラスマンは突き放せず、モーガンはグラスマンの注射で手術をやりとげた。

 

 

 

ショーンとカーリー

ショーンとカーリーは次のステップへ進み始める。自閉症にも効果があるという不安障害を治す療法を試してみない?と提案されたショーンは「興味がある」と応じるが、その夜、ショーンがカーリーと並んでベッドに横たわれた時間はたったの8秒だった。

 

 

「僕にはできない」と言い張るショーンを、カーリーは許せなかった。ショーンのこだわりに合わせ部屋を整え、ショーンのために18冊も本を読んで準備したカーリーにとって、ショーンがカーリーのために努力した時間はあまりにも短すぎた。

 

 

医療のようにリサーチしろとパクにアドバイスされたショーンは徹底的に調べ、カーリーが見つけた方法がベストだと納得する。再びカーリーの隣に横たわったショーンは怖さを感じる一方で、素晴らしさも実感した。

 

スポンサーリンク

 

 

おちゃのま感想

3.0

 

恋愛と仕事。家族と仕事。どちらかを選ぶ必要があるのか。両立できるのか。そんな難しいテーマのエピソードでした。

 

ショーンの恋愛問題はさておき、今回はメレンデスとリムの関係や、モーガンの問題に注目です。メレンデスとリムは、なんとな~くお別れの流れですよね~。ここでもうひと踏ん張りって雰囲気じゃなかったです。長年のライバルから恋人に変わったのふたりの関係を素敵だなと思っていたのにな。

 

このところクレアをサポートしてたモーガンは、ひとりで大問題と向き合ってたんですね。医師としての道はほかにもあると思うけど、外科医にこだわる理由がモーガンにはあるんでしょうね~。それにしても、グラスマンはモーガンに手術させてよかったのかな?(´・ω・`)
0

コメント

テキストのコピーはできません。