掲示板作りました

グッド・ドクター~名医の条件~1 第16話「治せない痛み」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

 

スポンサーリンク

Episode16 Pain

【ざっくりあらすじ】
10年前バイク事故で首と背中を骨折したハンターが「昨夜から首も動かせず鎮痛剤も効果がない」と診察を受けに来た。ハンターは、メレンデスが指導医になって初めて診た患者だ。事故以来下半身マヒだったハンターの脚に痛みが走った。

 

 

 

 

リスクと希望

検査で腫瘍が脊髄を圧迫しているとわかり、メレンデスは腫瘍を切除すれば歩けるようになる可能性があるとハンターに教えた。しかし、さらに検査をした結果、脊髄髄膜腫だと判明した。腫瘍は大きく、浸潤して脳幹にからみついているが命に危険はない。メレンデスは痛みの対処だけを行い、腫瘍はこのまま放置するのがベストだと診断した。

 

 

一度抱いた希望を捨てきれないハンターは「死ぬ確率は15%」という手術を希望した。しかし、妻のコーラは猛反対した。「ひとりでやるといいわ」と捨て台詞を残し病室から出て行ったコーラを見つけたメレンデスは、恐れているのは手術の失敗だけでなく、成功した場合もだと話しかけた。車イスのハンターしか知らないコーラにとって、歩けるようになることは夫婦のすべてが変わることを意味していた。

 

 

冷静さを取り戻したコーラは手術前のハンターの病室に顔を出した。コーラはメレンデスに指摘された通り「歩けるようになれば、もう私を必要としない」と、不安を打ち明けた。「君を愛している」と言ったハンターは、コーラがしてくれることを並べ、感謝した。「君は不安なときに手を握ってくれる」と言ったハンターの手をコーラはしっかり握りしめた。

 

 

手術室へ入る直前、突然「やっぱりできない」とうろたえたハンターをコーラが励ました。途中危険な場面はあったが、ハンターの手術は成功した。先のことはわからないが専門家チームと訓練していくことになると説明を始めたメレンデスを遮ったハンターは、妻を抱きしめた。

 

 

 

遅すぎた告白

ジャレッドとモーガンは、美容外科で入れた頬のインプラントが感染しているエマを担当した。頬のインプラントはエマの希望通り新品との交換で済んだが、その後、他のインプラントにも感染が広がっていることがわかった。体に埋め込んだ全インプラントとその周囲を除去しなければならないと説明されたエマは「絶対イヤ」と拒否した。妻の希望を尊重する夫は抗生物質を使えないかと提案した。「敗血症で死ぬリスクがある」と説明したが、エマは抗生物質を希望した。

 

 

抗生物質は効かなかった。このままでは死んでしまうと言われてもエマは手術を拒んだ。エマを説得するよう夫に話したのはモーガンだった。エマが美容整形を始めたきっかけは夫の愛を取り戻すためだった。しかし、夫の心が離れた理由は浮気ではなくギャンブルにのめりこんだからだ。そんな自分を見せたくなくて避けていたと告白されたエマは、手術を決断した。しかし、手術をするには遅すぎ、エマを助けることはできなかった。

 

 

 

ジャレッドとアンドリュース

今回ジャレッドと組んだモーガンは、唐突に新しい職場を紹介できると持ち掛けた。病院に残るため闘ったジャレッドはきっぱり断るが、モーガンはジャレッドに手柄を譲り「一度信頼を失えば、何をしても取り戻せない」と証明した。アンドリュースの信頼を取り戻せないとわかったジャレッドは、モーガンに新しい職場の紹介を頼んだ。

 

 

 

自宅に戻ったアンドリュースは妻のイザベルに、エマたち夫婦のことを話した。「君に誠実に生きたい」と言うアンドリュースは、手術をすれば子供を授かるチャンスがあると知らせ、そのリスクも打ち明けた。

 

スポンサーリンク

 

クレアと母親

突然クレアの母が病院へやってきた。パクとショーンに母を嫌う理由を尋ねられたクレアは、高校生のときベビーシッターで貯めた1000ドルを母に盗まれたことを話した。同級生たちがみな持っているPCを買うため貯めた娘の金を持ち消えたクレアの母は、3日後高級な服と見知らぬ男を連れて戻ったのだ。

 

 

これまでの行動は病気が原因だったという母と会ったクレアに、母は週1度の歌う仕事を始めたことを話し、部屋を借りるため2500ドル貸してほしいと頼んだ。何も言わず、クレアは母に小切手を手渡した。

 

 

 

ショーンの友達

賭けに負けたショーンが300ドルも隣人のケニーに支払ったと聞いたパクは、ケニーの経歴を調べた。元警官のパクの調べでケニーには逮捕歴があることがわかった。

 

 

パクに「ケニーは君を利用している」と指摘されたショーンが帰宅すると、部屋には勝手に上がり込んだケニーがいた。ケニーはショーンの引き出しにあったお金で中華を買ったと当然のように報告し、中華は嫌いだとショーンが言っても「君はライスだけ食べろ」と気にする様子もない。ゲームをしようと誘われたショーンは、ケニーと楽しむことを選んだ。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★

ケニーって、つかみどころのない人ですね~。ショーンを利用しているかどうかは別として、誤解を招く行動はしてますよね~。お金がからむと、元警官のパクでなくとも心配にはなります。

 

危うい立場だったジャレッドも病院を去るみたい。このまま寂しい感じでいなくなるんでしょうか。ジャレッドにも見せ場があるといいのに(涙)

 

クレアはママに心を乱されそうですね。辛いな~。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました