古い記事の手直し作業を行ってます

グッド・ドクター~名医の条件~1 第12話「思い出の紡ぎ方」【あらすじ感想】

 

 

スポンサーリンク

Episode12 Islands: Part Two

【ざっくりあらすじ】
分離手術後ジェニーは目覚めたが、ケイティは脳への血流がなく昏睡状態のままだった。分離で改善すると予想していたジェニーの心臓が悪化し、思い悩む医師たちの中でショーンはケイティがドナーになれる事実を指摘した。

 

 

 

 

姉妹を救う方法

メレンデスは「ケイティは生きている」と反対するが、ケイティの脳の血流を戻す方法はなく覚醒する可能性は極めて低かった。このままではジェニーは数日しか持たず、コー医師はふたりの母親に提案すべきだと主張した。

 

 

ケイティの心臓がないとジェニーは確実に死ぬという残酷な事実を受け止めた母親は、ケイティがドナーになることを決断した。しかし、呼吸器を外してもケイティは呼吸を続け、移植は中止になった。

 

 

ジェニーを救う方法はなく、思案する医師たちの輪から離れ熟考していたショーンは、再びふたりを結合させるという妙案を思いついた。ショーンは大腿動静脈を結合させることでジェニーの心臓の負担を減らし、移植を待つ時間稼ぎを考えたのだ。しかし、当のジェニーは手術を拒んだ。死んだと聞かされたケイティが実は自分のドナーになるため呼吸器を外されたと知ったジェニーのショックは想像以上だった。ジェニーを決断させたのはケイティだった。クレアの提案で一晩同じ部屋でケイティと過ごしたジェニーは、ケイティのためにも手術を受けると決心した。

 

 

再結合の手術は思いがけない結果をもたらした。理由はわからないがケイティが覚醒したのだ。しかし、改善すると予想したジェニーの心不全は進行し、すぐに分離しないとケイティも危険な状態に陥った。ケイティは「(分離せずに)このままでいよう」とジェニーに声をかけるが、ジェニーは逝ってしまった。たとえ死んでも分離はしないと言うケイティに、母親はジェニーの姿を確認させた。ジェニーの死を受けれたケイティは分離手術を受けた。

 

 

意識の戻ったケイティは、初めてひとりで寝たジェニーと同じように「寒い」と母親に話した。

 

 

 

ショーンの転職

ショーンは、リアが引っ越すペンシルベニアのハーシーへ自分も引っ越すと決めた。ショーンは転職のための推薦状をメレンデスに頼み、メレンデスはショーンの希望通り推薦状を書いた。あっさり推薦状を書いたメレンデスを、グラスマンは「別の病院でショーンがやっていけると思うか?」と批判したが、メレンデスはどんなにバカげた考えでもショーンの意志を尊重したいと考えていた。

 

 

推薦状にはグラスマンのサインも必要だ。困惑するグラスマンに、クレアは「サインすればショーンを信頼していると示せます」とアドバイスした。グラスマンはサインした推薦状をショーンに渡し、行かないでほしいと率直に伝えた。グラスマンに推薦状のサインを勧めたクレアもまたショーンの突然の決断に戸惑っていた。クレアも正直に「寂しい」と、ショーンに気持ちを伝えた。

 

 

グラスマンのオフィスを訪ねたショーンは「クレアと話した」と言い、推薦状をデスクに置いた。

 

 

 

ジャレッドの復帰

復職を望むジャレッドは弁護士を雇った。不当解雇を主張した弁護士はジャレッドと同じような問題を起こした過去の事例を示し、ジャレッドの解雇は人種問題がからんでいると指摘した。理事のアオキはジェシカに和解を指示し、ジャレッドの弁護士は莫大な和解金を勝ち取った。しかし、ジャレッドの望みは和解金ではない。ジャレッドは弁護士に提示された和解金の3分の1を払うと約束し、復職の交渉を依頼した。

 

 

年収以上の金額を弁護士に支払ったジャレッドは、復職が認められた。さっそく出勤したジャレッドは、意欲満々でアンドリュースに声をかけた。しかし、人種問題を利用したジャレッドに対するアンドリュースは冷やかだった。

 

スポンサーリンク

 

別れのとき

ハーシーに出発するリアは「これを貸すから、今度返しに来て」と、ショーンに宝物の“サインボール”を渡した。リアがいるからハーシーは好きだと話すショーンに、リアは首に手を回してもいいかと確認し、キスをした。リアを見送ったショーンは、リアから預かったサインボールを大切なスティーヴの写真の隣に置いた。

 

 

「子供はいらない」というジェシカの考えに合わせたメレンデスに、ジェシカは別れを切り出した。いつか必ずメレンデスは後悔すると感じるジェシカは、今別れるべきだと辛い決断をしたのだ。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★★

このドラマの楽しみはショーンの奇抜な発想で患者を救う点なんですが、今回ばかりは患者のケイティとジェニーの物語に引き込まれました。ふたりともに助かるという奇跡的な結末を期待したけど、そうならず…(涙)

 

自分のことは自分で決めたいとこだわるショーンですが、もしかして「誰かに必要とされたい」気持ちが強いのかなと、今回感じました。どこか“生きる意味”を探しているように思えます。クレアの「寂しい」の一言は、純粋な気持ちが伝わりましたよね。

 

ジャレッドは弁護士を雇って復職に成功しましたが、これまでゴマすりしてきたアンドリュースの信頼を取り戻すのは難しそうです。

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました