掲示板作りました

エレメンタリー 5 第18話「パイレーツ・オブ・ニューヨーク」【あらすじ感想】

この記事は約5分で読めます。

 

Source:CBS

 

スポンサーリンク

Episode18  Dead Man’s Tale

【ざっくりあらすじ】
競売にかけられた貸倉庫から、鋭い剣のようなもので殺された遺体が見つかった。倉庫を見たシャーロックは「盗品を保管していた」と見抜き、被害者のトラヴィス・アンガーが遺産管理局での立場を利用し引き取り手のない遺品を盗んでいたことが判明した。

 

 

 

海賊の航海日誌

失踪前、アンガーは遺産管理局の相棒の留守電に「リッチになれるお宝を見つけた」と残していた。アンガーが最後に担当したミルトン・バーカーの遺品で目を引いた物は、ミルトンの先祖エマーソン船長の18世紀の所持品箱だった。箱に顔を突っ込んだシャーロックは自慢の嗅覚で、アンガーが盗んだ物は航海日誌だと特定した。

 

 

しかし、エマーソンの航海日誌はすべてニューヨーク公共図書館に保管されていた。その日誌のインクの特徴から、シャーロックはエマーソンが年に3~4回航海日誌をねつ造し、ブラック・ピーターという海賊として活動していたと突き止めた。

 

 

ブラック・ピーターは強奪した金貨をNYに隠したと言われる海賊だった。アンガーが盗んだ物は海賊の日誌だったのだ。

 

 

 

サンタ・レティシア号の財宝

クレジットカードの履歴から、殺される前日アンガーが接触したベスタガードというお宝ハンターが見つかった。

 

 

アンガーはブラック・ピーターの航海日誌で”サンタ・レティシア号”が沈む場所を見つけ、宝を山分けする条件で沈没船の引き揚げをベスタガードに依頼していた。しかし、ベスタガードは1年以上前に海事裁判所からサンタ・レティシア号の引き揚げ許可を得ており、アンガーの誘いを断っていた。2週間前、ベスタガードは投資家から集めた資金で引き揚げをしようとしたが、数日の差で誰かに先を越されていたと説明した。

 

 

ベスタガードが教えた座標の衛星画像から、サンタ・レティシア号から宝を引き揚げたのはサウジの富豪アリ・アスマリだと判明した。アスマリはブラック・ピーターの日誌からサンタ・レティシア号を見つけていたが、日誌を入手したのは闇サイトの”カシュガル”という人物からだった。

 

 

カシュガルは、闇サイトで大学資金を稼いでいたホープという14歳の少女だった。闇サイトで取引の仲介をしているホープは、航海日誌を25000ドルでアスマリに直接売るよう指示されていた。依頼主が25000ドル全額ホープに渡していたことから、シャーロックは「犯人の目的はベスタガードのサンタ・レティシア号引き揚げを妨害することだ」と考えた。

 

 

 

お宝ハンターの誤算

ベスタガードの船が海賊のような旗をつけた集団に何度も襲われていたことが判明した。シャーロックはベスタガードの元投資家が記憶していた旗の特徴から、襲撃犯を見つけ出した。襲撃犯は学生たちで、指示していたのは海洋考古学の教授だった。

 

 

教授の話から、ベスタガードがサンタ・レティシア号に財宝がないと認識したうえで引き揚げ申請をしていたことが判明した。調べると、ベスタガードは秘密裏に通常より多くの出資者を集め、サンタ・レティシア号に財宝が見つからなければ全額自分の懐に入るよう契約を結んでいた。アンガーが見つけたブラック・ピーターの日誌で不安になったベスタガードは、アンガーを殺し、日誌をアスマリに売り、自分より先に財宝を引き揚げさせていたのだった。

 

 

シャーロックはベスタガードの過去の宝探し映像を調べ、ベスタガードがカリブ海で引き揚げたスペインの剣”ナバハ”が凶器だと特定した。剣の提出を求められたベスタガードは「失くした」と話したが、すでに沿岸警備隊がアンガー殺害後ベスタガードの船がいた場所を捜索していた。アンガー殺害を否定していたベスタガードは、ダイバーを潜らせると言われ絶句した。

 

スポンサーリンク

 

シャーロックとシンウエル

シャーロックは、シンウエルを銃で狙った犯人はシンウエルの親友だったジャミールの弟デイモンで、理由はシンウエルがジャミールを殺したからだとジョーンに知らせた。それでもシンウエルを信じていたジョーンは、グズマン刑事とともにデイモンから事情を聴き、自分が間違っていたと思い知った。

 

 

シンウエルの仮釈放違反の証拠を隠滅しているシャーロックは、シンウエルの自首を望んでいた。シャーロックは「取引できる」とシンウエルに説明したが、シンウエルは不愉快そうにシャーロックを追い払った。

 

 

シンウエルは、夜ひとりで歩くシャーロックを襲い、ジャミール殺しの真相を教えた。シンウエルはSBKに騙され、親友を殺していたのだ。SBKを潰す覚悟のシンウエルは、邪魔する相手がシャーロックだとしても容赦しなかった。

 

 

 

おちゃのま感想 ★★★

シンウエル・・・

シャーロックも行き過ぎたところのある人ですが、こんなふうにシャーロックを襲うなんて。

シンウエルを擁護していたジョーンは、どう思うでしょうか。

確かに、どうしてこのタイミングなの?と言いたくなります。シンウエルの過去の殺人を追求すればSBKへの潜入は終わるだろうし、そうするとSBKを潰すことはできないだろうし。

なんだか、面倒なことになってきましたね~(´・ω・`)



コメント

タイトルとURLをコピーしました