お探しのドラマは検索窓からどうぞ

12月のつれづれ 2022

この記事は約10分で読めます。

こんにちは、おちゃのまのねこ管理人のaboです

 

このページは、ドラマに限らず、趣味であるテニス観戦や日々のことなどわたしのひとりごとを綴っています。気を付けておりますが、ネタバレを含むこともありますのでご了承の上お読みください(*- -)

 

 

 

Week5

 

30 Fri

グラス・オニオン

ネトフリ新作映画『ナイブズ・アウト:グラス・オニオン』。前作を見てなくても楽しめる、気忙しい時期の息抜きにぴったりな娯楽作品だった。2時間超の作品だけど、展開の速さと、ちょこっと顔を見せるカメオ出演のセレブなみなさまのおかげで飽きる部分がなくって、あっという間に終わった印象。(テニス界からはセリーナ・ウィリアムズが出てた)作品の肝である探偵ブノワ・ブランはもちろんのこと、主要人物たちが海外ドラマファンを喜ばせるキャスティングで、ストーリーも凝りすぎでない仕掛けで難解でないところが◎。さらなる続編を期待したくなるんだけど・・・あるかな?

 

28 Wed

テニス

フィギュアロスに浸ってるわたしですが、明日からテニスの2023年シーズン開幕!まずは今年から始まる男女混合国別対抗戦のユナイテッドカップから。日本チームは出場してないけれど、例のごとくわたしはフランスチームを応援するよー!なんと、フランスチームはロジェバセランがキャプテンなのです。ツアーも元旦から始まるので、テニス三昧になりそうだけど、お正月気分を楽しみつつ、ほどほどに観戦する予定。珍しく開幕戦(アデレード)にエントリーしてたマウさんは(やっぱり)WDしてたよ〜。ケガとかじゃありませんように(祈)

 

26 Mon

レジデント

ようやくシーズン5の配信(Disney+で来月から)が発表されたのだけど、ワクワクが湧いてこない(泣)アメリカではすでにシーズン6が始まってるし、予備知識なしのまっさらな状態で観るのとは違うんだよね〜。どんなに努力してみても、重大なネタバレは避けられないもの。同じように来月から始まる(こちらはWOWOW)『ニューアムステルダム』の新シーズンもいまひとつ気持ちが盛り上がらず、困ってしまう。

 

Week4

 

24 Sat

かなだい

よかったよ〜。優勝したよ〜(涙)リズムダンスの出来がかなり良かったこともあり、優勝して当然の流れが逆に怖かった・・・。ライバルの小松原組がまずまずまとめて終わったので、緊張マックス。ハラハラ・ドキドキ。今日もスリリングな時間を過ごしました。調子の良さのツケなのか、ラストのリフトで転倒してしまったけれど、『オペラ座の怪人』のファントムの闇と翻弄されるクリスティーナが表現できてて素晴らしかった〜。それにしても、アイスダンス転向3年目の大ちゃんの成長ぶりはすごいっ。スケーターだけでなく、いろんな人の刺激になる存在だよね〜。わたしも元気をもらいました。

 

23 Fri

全日本フィギュア

クリスマスシーズン恒例の全日本フィギュア。まだショートが終わったところだとゆうのに興奮の連続で、すでにぐったり。予想はしてたけど、りくりゅうがWDになったペアを除いて、すべての種目が熾烈な戦いになってるわ〜。特に男子は2位〜6位まで僅差で、女子はジュニア勢の活躍で、結果が予想できない状況。実力者が大勢いるのは素晴らしいことで、面白い大会なのは間違いないのだけど、世界選手権の選出が難しくなりそう〜。

 

20 Tue

ユールストーム

ネトフリのノルウェードラマ『ユールストーム〜クリスマスまでの24時間〜』。これ、オススメです〜。同じノルウェードラマ『ホーム・フォー・クリスマス』もよかったけれど、『ユールストーム』はさらに素敵なドラマだったわ〜。荒天で空港に足止めされた人々がそれぞれの愛を見つける物語で、まるで『モダン・ラブ』のノルウェーバージョン。人生ままならないことばかりだけど、誰しも誰かを笑顔にできるよ!優しい気持ちになろうよ!クリスマスだもん!というメッセージが伝わってきて、ほんわか温かく&ちょっぴり切なくさせられるの。エンドクレジットで流される音楽(A Storm For Christmas )のメロディーも心に残り、あったかなクリスマス気分にしてくれます(* ᴗ ᴗ)

 

Week3

 

18 Sun

わが愛しのブロックバスター

予想はしていたけれど、やはりキャンセルされてしまった。もう1シーズン見たかったな・・・と思ったりもするけれど、正直、ガツンと心に響くものがなかったものね。思うに、コメディは主人公だけでなく周りのキャラが重要な気がする。視聴者ウケするかどうか。というのも、主人公ティミーの親友パーシーがどうにも好きになれず、全体的にマイナスな印象が残ってしまったので。コメディって難しいよね。

 

17 Sat

アンバーアラート

アマプラで配信中のカナダドラマ『アンバーアラート〜失踪者特捜班〜』を視聴。舞台がモントリオールなので言語はフランス語。“失踪者特捜班”というサブタイトルがついてるので、誘拐事件を追う捜査官中心のストーリーを想像してたのだけど、ぜんっぜん違う〜。もちろん警察チームの活躍もあるけれど、主人公は自閉症の弟を連れて失踪したローガンだった。悩み多きティーンエイジャーのローガンの葛藤が見どころの作品。どうやら同じ特捜班の続編があるみたいなのだけど、そのうち配信されるかな?

 

16 Fri

ブレイクポイント

テニス選手に密着したネトフリのドキュメンタリー『ブレイクポイント』が、来年はじめ(1月13日!)にようやく配信開始されるそうな。今年の全豪前あたりで発表され、いつ配信するの?と思ってたやつ。1年密着してってことだったのね。なるほど・・・。興味深いのが、出演する選手の今年の成績がよかったこと。密着されることで、モチベーション高く1年過ごせたのかな?特に、オジェアリアシムとフリッツは一皮むけた印象だった。どんな雰囲気の作品になってるのか想像できないけど、このドキュメンタリーでテニスファンが増えて、選手のモチベーションアップに繋がるといいな。

 

15 Thu

ミカエラ&ジャレッド

『マニフェスト』の撮影が終わり、ミカエラ役メリッサ・ロクスバーグとジャレッド役J・R・ラミレスがついに交際をオープンに!・・・という記事を読んでにんまり。(てゆうか、オープンにしてなかったのね)『マニフェスト』の中では非常に複雑な感情と絆で結ばれるミカエラ&ジャレッドだけど、シリアスなシーンでもふたりの楽しげな雰囲気が伝わってきて、微笑ましく感じてただけに、よかったね〜という祝福の気持ちで嬉しくなってしまった。さらに、別れることなくシリーズを終えてくれたことに感謝だわ。共演をきっかけにお付き合いしてみたものの、あっけなく別れて、その後のストーリーに影響してしまうってことは海外ドラマあるあるだから(~_~;)

 

14 Wed

ねことじいちゃん

何らかのアルゴリズム(ネコ好きアルゴリズム?)で妙にオススメされるので読んでみたら、ハマってしまった『ねことじいちゃん』という漫画。内容は、“じいちゃんとばあちゃんとねこの町”という時間がゆったり流れる島で暮らす、ばあちゃん(妻)に先立たれた大吉じいちゃんとたまさん(ネコ)のほのぼのとした日常のひとこま。たまさんの性格がうちのネコさんに似てて、ときに切ない気持ちにもなるけれど、ほんわかした温かいものに包まれて癒やされてます(=^・^=)

 

12 Mon

ペリフェラル

全話配信されてから観ようと思ってたアマプラのSFスリラー『ペリフェラル〜接続された未来〜』を視聴中。中盤まで観ても、理解が追いつかないよ〜(泣)主人公フリン周辺はまだしも、未来組の人々の関係図が把握できないわ〜。いろいろあってそうなったんだと思うけど、みんな腹に一物を抱えてるみたいで怪しすぎ。同じ制作陣の『ウェストワールド』も途中離脱してしまったので、この意味深な雰囲気に馴染めないのかな?理解できないまま観終わりそうだわ〜。

 

Week2

 

11 Sun

グランプリファイナル

今週末はフィギュアのグランプリファイナルを楽しんだ。日本勢大活躍!特にすごかったのは、ペアのりくりゅうですよ〜。優勝したよ〜〜〜。2位のアメリカペアと僅差だったこともあり、ハラハラ・ドキドキ。プレッシャーも半端なかっただろうに、それを乗り越えての優勝は本当にすごいわすごいわ。今回の大会を見てて思ったのだけど、フィギュアで大切なのは滑りなんだな〜って。大技のジャンプに目がいってしまうけれど、上位の選手のスケートはなめらかでのびやかで、見てて気持ち良い。次は全日本。みんな頑張れ〜(^O^)/(^O^)/

 

9 Fri

グッド・ナース

エディ・レッドメイン&ジェシカ・チャステイン主演のネトフリ映画『グッド・ナース』を観た。犠牲者は400人近くいるのではないかと言われている連続殺人犯のICU看護師チャールズ・カレンの実話をもとにした映画だけど、先にドキュメンタリー『キラーナース』(ネトフリ)を視聴してたのが災いしたみたいで、ハラハラもできず、カレンを演じるレッドメインの闇を秘めた不気味さ漂う演技にも浸れなかった(泣)殺人に取り憑かれたカレンはもちろんのこと、犯行に気づきながらも保身に走る病院経営陣の実態も恐ろしい。ちなみに18件の終身刑になったカレンが保釈可能になるのは2403年ですって。

 

7 Wed

ホーム・フォー・クリスマス

何かクリスマスもののドラマが見たいなと思い立ち、ネトフリのノルウェードラマ『ホーム・フォー・クリスマス』を観てみた。シーズン1(6話)を観終わったところで、なかなか面白かったです。元彼にフラれて以来、恋人なしの主人公ヨハンネがクリスマスまでに恋人を見つけようと奮闘する内容なのだけど、結婚→出産が当然と考える家族のプレッシャーは国が違えど同じなんだなーとしみじみしてしまった。笑顔も性格も素敵なヨハンネの出会いを楽しみつつ、ノルウェーならではのあれこれに大注目。「スキー行こう!」と言えばクロスカントリー。スポーツ観戦はバイアスロン。ケーキのお届けはソリなのよ。

 

5 Mon

LAW & ORDER

12年ぶりの新シーズンが始まるとゆうことで(スパドラさんで)、予習として現在放送されてるシーズン20を視聴中。海外ドラマを観始めた頃には終了してたこともあり、『LAW & ORDER』はほぼ未視聴と言える作品。唯一記憶が残ってたのは、性犯罪特捜班のカリシ役ピーター・スカナヴィーノがゲストで出演しているエピソードくらい。それも「SVUのカリシだ!」ってことで観たのだと思う。そんなわけで、『LAW & ORDER』初心者としては、事件捜査の内容より「こんなところにあの人が!」と盛り上がってしまって、もう大興奮。『FBI』のジュバルとか、『シカゴ・メッド』のシャロンとか・・・。

 

Week1

 

3 Sat

ウェンズデー

ネトフリ新作『ウェンズデー』を観終わった。『アダムス・ファミリー』のウェンズデーを主役にしたドラマで、両親が出会ったネヴァーモア学園に(強制的に)転校させられたウェンズデーが、能力を開花させながら謎の殺人事件に執着してゆく・・・といった内容。評価も人気も高く、独特の世界観に妙にハマってしまった。瞬きしないことが話題になってるウェンズデーの役作りもそうだけど、個性的な学園仲間も、意味深な怪しさがある校長先生も、みーんな存在感バツグン。わたしのお気に入りはウェンズデーのルームメイトのイーニッド。陰のウェンズデーと陽のイーニッドという噛み合わないふたりの友情が絶妙で、暗い雰囲気とは裏腹に胸が熱くなったよ。(*´ω`*)

 

2 Fri

マニフェスト

ファイナルシーズン前半ラスト2話を見終わり、あらすじを書き始めたところ。TWDの記事に時間がかかったので、ちょっと間があいてしまったけど、正解だったかも。強引な超自然的展開やある人物の身勝手さに気持ちが萎えつつあったので。時間を開けたことで気持ちが盛り返し、メインのミカエラやベンの物語に集中して観ることができたような・・・。後半を待ち遠しく思える気持ちになれてよかったよ〜。残り10話。どんな結末を迎えるのかまったく想像できず、楽しみ倍増。評価も高いし、救済してくれたネトフリさんにはホント感謝だわ。

 

1 Thu

ピックアップ

“今月の”とゆうしばりをやめたピックアップの記事だけど、月初めにひとつのドラマを取り上げてるので、結局のところ“今月の”になってるという事実(汗)そんな細かいことはスルーして、今月はあれこれ悩んだ。『1899』もよかったし、まだ視聴途中の『ウェンズデー』もオススメしたいって。で、マイナー路線の『不機嫌な人々』を選んだ理由は、ホットミルク(←好き)のようにぬくぬくな気持ちになれるドラマがいいなってひらめいたから。そのひらめきの源は、わたし自身がちょいお疲れモードだからかなと分析(~_~;)

 

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。