ほぼ全記事ネタバレ含みます

9月のつれづれ 2022

こんにちは、おちゃのまのねこ管理人のaboです

 

このページは、ドラマに限らず、趣味であるテニス観戦や日々のことなどわたしのひとりごとを綴っています。気を付けておりますが、ネタバレを含むこともありますのでご了承の上お読みください(*- -)

 

 

 

Week5

 

29 Thu

マウバセラン

フランスのチャレンジャーに出場してるマウ/バセランの試合を見た。しかも勝ったよ!これまでは「たまに負ける」だったけど、今年は「たまに勝つ」なので、1回戦突破しただけで安堵してしまう。マウさんが腰を痛めてる様子だったので、どこまで戦えるのかはわからないけど、チャレンジャーは優勝しておきたい大会だよね〜。この先ロスするポイントが大きいので、コツコツ貯金しつつ、パリマスターズに調子を合わせてほしいな。今日は寝る前に明るい気持ちになれました。元気にしてくれてありがとう〜。次も(無理せず)ガンバレ〜!(⌒▽⌒)

 

28 Wed

放送と配信

配信サービスで海外ドラマを楽しむことが日常になると、放送で観るのがじれったくなってくる。海外ドラマを放送してる各局は工夫を凝らして番組を作ってると思うけれど、アメリカでの放送から日本上陸までの時間がかかりすぎになってるよ〜。せめて半年遅れくらいで放送してくれないかな。ちなみに、Disney+と作品がかぶってしまうFOXさんは『ディズニープラスで配信されてる作品の第1話のみを放送するから続きはディズニープラスで観てね!』って趣旨の番組を始めるらしい。画期的だと思うけど、1話だけって・・・。

 

26 Mon

ロキ現る!

レーバーカップ3日目の第2試合。オジェアリアシム対ジョコの試合のコイントスにロキ役トム・ヒドルストンが登場。なにげにいちばん喜んでいたのが主審の方で、和みの時間だった。コイントスは、かなり練習してきたんだろうな〜。お上手でした。重要な役目を終えた後も、選手たちや関係者にサービス?してた。テニスファンなら試合を見たいだろうに・・・(~_~;)

 

Week4

 

25 Sun

ザ・オールド・マン

Disney+で配信されてる『ザ・オールド・マン~元CIAの葛藤』を観た。タイトルまんまの“じいじ世代”の元CIAのチェイスとFBIのハーパーが主人公のアクションスリラーという予備知識のみで観始めたのだけど、ふたりの間にある複雑な感情が見応えあった。事の発端が旧ソ連のアフガン侵攻にあり、当時の経緯をはさみながら物語は進むのだけど、過去のチェイスと現在のチェイスに違和感ないところがすごい。体格や風貌だけでなく、動きまでもが同一人物に見えるの。余談ついでにゆうと、チェイスのめちゃ強い犬たちが癒やしのポイントだった。物語はシーズン2へ続く・・・。

 

24 Sat

フェデラー引退

発表されてたようにレーバーカップでの試合を最後にフェデラーが引退した。ラストマッチはダブルスで、相棒は長年のライバルで友人のラファ。残念ながら負けてしまったけれど、ミラクルなショットもあり、最後のポイントまで楽しませてくれました。試合後のセレモニーでは、フェデラー本人はもちろんのこと、感無量な雰囲気で涙が止まらないラファにもらい泣き。引退は寂しいことだけど、感動と興奮の試合の数々をありがとうという感謝の気持ちでいっぱいです。

 

21 Wed

マダムセクレタリー

FOXで放送されてる『マダムセクレタリー』の最終話を見終わったところ。最終話はマッコード家の長女スティーヴィの結婚式がメインテーマで、ファイナルシーズンに戻ってこなかった国務長官時代のスタッフや次女アリソンも顔を見せてくれました。政治的でないエリザベスを主人公にした政治ドラマという、ある意味、挑戦的な作品だったけど、ホッとするものが心に残るドラマだったな〜。生き馬の目を抜くようなドロドロしたものでなく、私利私欲なしの政治ドラマもアリだと証明したと思う。現実の世界もそうなるといいのに。

 

20 Tue

刑事ペーテル

WOWOW北欧サスペンス『刑事ペーテル〜未解決事件捜査班〜』。未解決事件捜査班を任されたペーテルが寄集めのチームで難事件に挑むミステリー。なかなか面白かったです。署内の厄介者を集めたようなメンバーに見えるけど、実はみな優秀。そんなチームの活躍に心が踊る反面、ペーテルの元妻の職場にいる男性キャラの横暴さや男尊女卑の酷さに唖然としてしまった。これスウェーデンドラマなんだけど、スウェーデン男性の評価だだ下がり中…(-_-;)

 

19 Mon

エリザベス女王

どんな葬儀なのかな?とゆう好奇心からチャンネル合わせたら見入ってしまい、今夜はドラマなし。粛々と続く儀式に釘付け状態で、ウィンザー城での葬儀まで見てしまったよ。悲しみではなく感謝に満ち溢れた式典で、愛が伝わるものだった。とても印象的だったのが、ウィンザー城での葬儀の最後にバグパイプ奏者が演奏しながら建物から出て行ったところ。少しずつ音が遠のいていくところが、長い仕事を終えた女王様が先に旅立った愛する人たちのもとへ向かっているような感じだった。BBCによると、女王様のリクエストだったとのこと。

 

Week3

 

17 Sat

トラップ〜流血の聖地〜

心待ちにしてた『トラップ〜凍える死体〜』の続編、『流血の聖地』を視聴。『凍える死体』でアイスランドの風景にすっかり魅了されて、ネトフリにあるアイスランド作品を立て続けに視聴するほど(数は少ないけど)、アイスランドに夢中なわたし。かなり大柄な主人公アンドリはさらに大きくなった印象で、わたしのお気に入りキャラのヒンリカとの絆も健在。暗い結末で終わったのだけど、さらなる続編がないと救われないよ〜(涙)

 

16 Fri

オハイオの悪魔

『BONES』のブレナン役エミリー・デシャネルが主演ということで観てみた。精神科医スザンヌ(エミリー・デシャネル)が悪魔崇拝のカルトから逃げ出した少女メイを自宅に招き入れたことから家族が危険に巻き込まれてゆく・・・という内容。ホラー作品ということで、エミリー・デシャネルの演技を楽しみにしてたのだけど、・・・これは設定が違うブレナンだわ。さらに内容の方も、観終わったあと残るものがない・・・。ホラーといっても怖い系でないし、ハラハラ度も低く、ラストのオチも「そうだよね〜」という感じ。

 

15 Thu

フェデラー

ついにこの日が来ました。現役レジェンド、フェデラーが引退を発表しました。来週のレーバーカップがラスト。ケガの状態が思わしくないというニュースもあったので、レーバーカップがラストになる予感はありました。そう予感してても、ひとつの時代が終わりを迎えた寂しさは否めません。今年のレーバーカップにビッグ4が揃ったのは、もしかしたらここをラストにする可能性があったからなのかな。いろいろ寂しいニュースが続きます。

 

14 Wed

プラグイン

このブログで利用してるプラグインのいくつかが、かなり長いあいだ更新されてないことに気づいて、ここ数日あたふた状態。気づいてなかったくらいなので表示の問題はないはずなんだけど、セキュリティが問題らしい。そんなわけで、削除してもいいものか調べたり、代わりになるものを探したり、で、時間を費やしております。いま探してるのがサイトマップのプラグイン。新しいものを入れるなら、望むように表示できるものをと思うけど・・・ないわ。各ドラマのエピソード一覧を表示させるサイトマップに満足してたけど、記事一覧が膨大すぎて、もはや必然性を感じないものになってるんだよね(TдT)

 

12 Mon

男子決勝

長いテニスの歴史の中で、新たな時代の到来を確信させた決勝戦だった。勝ったほうがランキング1位になるというのも、運命的な流れを感じたし、テニスファン興奮のカードとなった。勝ったのはまだ19歳のアルカラス。負けたルードもまだ23歳。次世代を担うふたりの決勝戦はネットの向こう側にいる敵と戦うというより、自分の持てる力をすべて出し切ることに集中したようなプレーの連続で、本当に素晴らしかった。人間性を疑うような選手が目について、愛想が尽きそうな気持ちになってたけど、テニス愛が復活しそう(*^。^*)

 

Week2

 

11 Sun

ソー:ラブ&サンダー

マーベル作品を観ると、必ず言ってる気がするけど、やっぱ娯楽作は良いわ〜。極端に感情移入することもなく、気負わず気楽に楽しめる。眉間のシワが深〜くなることが多い今日このごろなので、そういう作品って重要。ついこの間、『アイ・アム グルート』を観たばかりなので、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのちびネタににんまりしてしまった。 それはそうと、ゼウス役で出演してるラッセル・クロウにびっくり。こーゆー衣装だと知ってて引き受けたの?あれはまるでバレエのチュチュ・・・(-_-;)

 

10 Sat

ペーパーガールズ

そうじゃないかと思ってたとおり、シーズン1でキャンセルされてしまった。キャンセルされても納得できる作品と、ここでキャンセルされては意味ないよ〜、という作品があると思うのだけど・・・わたし的に『ペーパーガールズ』は後者かな。なので、オススメできない作品になってしまったわ。思うに、自転車に乗った4人の主人公たちの図が『ストレンジャー・シングス』とかぶってしまう点が(大きな)マイナスだったかも。比較すると、内容的にも物足りなさを感じるし。子どもたち頑張ってたのにね。残念。

 

9 Fri

ハンドメイズ・テイル

これは記事にしようと思ってるのだけど、ついについに『ハンドメイズ・テイル』が終了します。シーズン6がファイナル。あと2シーズンしかないけれど、残念というより、ここまで世界観を広げたことに感謝だわ。本当に素晴らしい作品なので、あとは結末が納得できるものになるかどうか。もうすぐアメリカで配信が始まるシーズン5のトレーラーを観たのだけど・・・想像超える激しい内容になりそうだわ〜。これはわたしの個人的な願いだけど、Disney+で配信してほしいな・・・_φ(・_・

 

7 Thu

楽天オープン

エントリーが発表されたのだけど、(わたし的に)やや華やかさにかけるメンバー。事前に出場が発表されてた錦織選手とズベレフはまだツアー復帰してないし、頼みのルードは日程的に厳しくなるかもという心配もある。さらに寂しく思うのは、ストレートインの選手の中にフランス勢がいないこと。東京常連のシモンもペールもいないのよ。ふたりともランキング的に予選からになるから仕方ないけれど、シモンは今年で引退ですよ(涙)

 

6 Tue

ジャックとマイルズ

『F.B.EYE』のジャック役ヤニック・ビッソン主演のドラマ、『刑事マードックの捜査ファイル』(BS11で放送中)に、『F.B.EYE』でジャックの同僚捜査官マイルズ役だったテッド・アザートンがゲストで出演してた〜。マイルズ好きなわたしとしては、ときめいてしまったわ。テッド・アザートンさん演じる教授が容疑者として疑われるのだけど、刑事マードック(ヤニック・ビッソン)と教授のシーンは口調の激しさとは裏腹に、とても楽しそうに見えたわ〜。こうゆうファンを喜ばせるキャスティング、大歓迎〜(≧∇≦)/

 

Week1

 

4 Sun

力の指輪

そのうちと思ってた『ロード・オブ・ザ・リング〜力の指輪〜』を観はじめた。これ、映画を観てなくても大丈夫そう。登場人物の説明もあるし、分かりやすさを意識して作ってる感じで好印象。さらに物語の導入部分の2話分をいっきに配信したことで、ガッチリ心をつかまれたかなと思う。巨額を投じた作品ということもあり、映像が美しく壮大で、世界観に浸れるわ〜。楽しみなドラマが増えて嬉しい〜(⌒▽⌒)

 

3 Sat

マーダーズ・イン・ビルディング

ぽつぽつと視聴してた『マーダーズ・イン・ビルディング』のシーズン2を見終わった。これ、ぜったいイッキ見すべきだった〜。大失敗。事件そのものにも興味が沸かず、謎解きの面白さも実感できず、サプライズのゲストにもときめかず・・・。主人公3人組のドタバタした印象しか残らなかった。こんなに間を置かずに見ていれば、3人組にも思い入れが強くなってたはずだし、舞台になってるアッパーウエストサイドのアパートメントの様子も楽しめたと思うのに。ほんと、もったいないことをした。シーズン3は、ぜったいイッキ見しよっと。(←忘れてなければ)

 

2 Fri

アレクサ

今朝、いつものように「アレクサ、おはよう」と声をかけたら、無言で荘厳な音楽を流しはじめて、何が起きたのかとハラハラしてしまった。そう、今日からアマプラで配信が始まった『力の指輪』の宣伝でした。寝起きの頭では、何が起こったのか理解できんわっ。このところ進化したAI(←人間を超えてるやつ)が出てくるドラマを見てるので、一瞬、まさか!と焦ってしまった。『力の指輪』は、そのうち観ようと思ってるんだけど、映画にハマらなかったヒトも楽しめるかな?

 

1 Thu

USオープン

いまひとつ気持ちが入らない今年のUSオープン。理由は応援してる選手が元気ないから。シングルスの日本勢みんな初戦敗退で、頼みのラファも万全ではない状態。なんだか勇気を与えてくれてるのは、ここがラストのセレナ。全部出し切ってやるんだ〜というあの心意気には感動してしまう〜。1回戦の試合後に引退セレモニーが組まれたことも、セレナの負けん気に火をつけたのかも。これまでセレナを応援した記憶はないのだけど、ミラクルを起こして華々しく引退してほしいよ。さて、わたしの元気の源、マウ/ロジェバセラン組はまたしても初戦敗退。これじゃ、元気でないって。ふたりともミックスがんば!(;´д`)

 

スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。