古い記事の手直し作業を行ってます

シーズン6

シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第11話「最後の戦い パート2」【あらすじ感想】

ストローの母グウェンドリンの社会保障番号が最後に使われたのは1992年で、それ以降の消息はつかめなかった。
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第10話「最後の戦い パート1」【あらすじ感想】

ロスへ戻ったストローは、事件を担当した検事エマ・リオスを殺害した。自宅プールで溺死したエマを発見した警護官は...
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第9話「陰謀のセオリー パート4」【あらすじ感想】

救急搬送されたシャロンは、検査と経過観察のため5日間の入院となった。トーレス医師が...
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第8話「陰謀のセオリー パート3」【あらすじ感想】

シャロンを診察したトーレス医師は『植込み型除細動器』でシャロンの症状を測定すると同時に、『重症』として移植の待機リストに登録した。
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第7話「陰謀のセオリー パート2」【あらすじ感想】

バネッサの死因は窒息死だった。犯人は最新式のスタンガンでバネッサを気絶させ、抵抗できない状態で殺したのだ。
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第6話「陰謀のセオリー パート1」【あらすじ感想】

事件と無縁のパリセーズ地区で、有名弁護士ボニー・パールが射殺された。ボニーは道のど真ん中に止めたベンツの運転席で殺されており...
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第5話「聖域都市 パート5」【あらすじ感想】

過剰摂取で亡くなったルーカスの父マテオは、オフィスのPCに遺書を遺していた。
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第4話「聖域都市 パート4」【あらすじ感想】

シャロン不在の中、重犯課はFBIから移送されてきたライアンとミゲルの聴取を始めた。別々の部屋へ入れられたふたりは...
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第3話「聖域都市 パート3」【あらすじ感想】

ジョナス神父を国外へ異動させた教会とロス市警の関係は悪化した。ジョナスの異動先はメキシコと教えたスタン神父は...
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第2話「聖域都市 パート2」【あらすじ感想】

ディアス夫妻(ミゲルの両親)の自宅で100万ドルの現金が見つかったことで、FBIのベガとフェイ捜査官が...
シーズン6

Major Crimes~重大犯罪課 6 第1話「聖域都市 パート1」【あらすじ感想】

【新】シャロンの子供たちも通った聖ヨゼフ学園の課外学習中、15歳のライアン、ルーカス、ミゲルの3人が失踪した。全員ラテン系であることから...